教育目標

 昨日は、NHKテレビで「学力」についての番組が放映されていました。各国では、社会経済や教育の時代背景の変化に伴って、教育目標を掲げて、ここ数年の間に様々な取り組みをしています。日本でも、「総合的学習」や「ゆとり」の授業から、「基礎学力の向上」を目指す方向に転換し始めています。その話し合いの中で、文科省では「諸外国の教育目標の動向」を資料として提示しました。その資料では、各国では目標の方向が定められています。
 アメリカ合衆国では、各年齢によるそれぞれの目標が示されます。「学力の底上げ(初等中等教育)」「教育の質の維持・向上(初等中等教育)」「アカウンタビリティの改善(初等中等教育,高等教育)」「アクセス向上,学費負担軽減(高等教育)」学力の底上げについての課題は、どの国でも同じようですね。しかし、底上げのために、まず「質」の維持・向上があげられています。そのために、「全国教育スタンダード及び学力の測定・評価システムの開発・設定」や「学力テストの実施と結果の公表(2013年度までに各州が定める学力水準にすべての児童・生徒が到達すること)」などが具体的な目標として立てられ、そのために「基礎学力向上政策への集中投資」などを目標としています。
 イギリスでは、すべての年齢に共通する課題が示されています。「経済発展に役立つ人材の養成」「教育水準の向上」「機会の拡大(義務教育後教育及び高等教育)」です。人材は、経済発展に役に立つために育成するとは、面白いですね。まあ、国としては、豊かな心とか、感性豊かな心情などという目標は立てないでしょうね。しかし、いくら経済優先でも、その具体的な目標では、「人々の自己実現のための可能性を引き出す」とか「より個性に応じた教育と選択の拡大」をあげているように、みんな一緒というような。一斉に教え、言われた通りに活動させることは、かえって経済効果に貢献しないと思っているようです。
 フランスでは、「教育の質の維持・向上」「機会の拡大(後期中等教育、高等教育)」「失業問題対策の一環としての教育の質の向上」です。やはり、フランスでも、質の維持・向上が上げられています。そのために「児童生徒の多様性に応じた教育課程の弾力化(個々の児童生徒の学習リズムへの配慮)」などがあげられていますが、ここへの対応が課題のようです。
 中国では、「国民全体の資質向上と優秀で大量の人材の効率的育成」「資質教育(創造性の育成)」です。なんだか、私たちが目にし、耳にする中国での教育とはイメージが違います。その目標内容として「高水準で創造能力を持つ人材育成」というように、認知的なものを強化しようという動きは、表面的には出されていないようです。
 ドイツ、フィンランド、、韓国では、「目標の柱」が立てられています。ドイツでは、「基礎学力の向上」「人材の養成(職業・高等教育)」「国際化・情報化への対応」であり、
フィンランドでは、「基礎教育の機会の保障」「教育機関と職業生活の相互関係を一層強化」「高等教育の国際競争力と地域のニーズへの対応」「高等教育の拡充、成人教育の充実」があげられていますし、
韓国では、「学習社会と人材強国の建設」「“人”と“知”主導型の成長」があげられています。
 どの国でも課題は似たようなものがあげられていますが、それは、当然時代的背景が同じだからでしょう。しかし、それに対する教育目標は、各国では多少違うようです。