子どもの瞳

 少しの間小学校の教員をしているときのことです。前の先生との引継ぎのため、3月末の数週間だけ5年生を担任しました。数週間の間だけでしたが、担任していた5年生は随分と慕ってくれました。あるとき、子どもたちが「先生のうちに遊びに行きたい!」と言ったのですが、4月からは1年生の担任になることが分かっていたので、5年生とは余り深くならないほうが6年に担任になる先生がやりやすいだろうと思っていたこともあって、住所は教えませんでした。私の家は、その小学校からは4Kmくらい離れていました。あるとき、帰宅をすると、子どもたち数人が私の家にいるではありませんか。どうしてここにいるのか聞いてみると、「どうしてもみんなで先生のうちに来たかったので、他の先生に住所を聞いても町名しかわからないと言われた。だから、クラスみんなで手分けをして、毎日その町内を端から数日かけて探していたのだ。そして、やっと見つけたのだ。」と言うのです。そのときは、とてもうれしかったのですが、怒った振りをして、「ダメじゃないか。勝手に来ちゃ。」と言って、家に連絡をして、一緒にお菓子とかを食べて帰しました。
そのとき、ふと、壺井栄の「二十四の瞳」を思い出しました。何回か映画になっていますが、瀬戸内海に浮かぶ小豆島を舞台に、戦前から戦後にかけての女教師と12人の生徒たちの交流を感動的に描いています。その中の前半で特に感動を呼んだ部分は、
「足を怪我して学校を休んでいる大石先生を見舞うため、子どもたちは歩いて先生の家に向かいます。ところが迷子になってしまい泣きながら歩いている生徒達をたまたまバスで通りかかった大石先生が見つけ、その後、大石先生の家で子どもたちは大いにもてなされ、記念写真を撮り、船で帰っていったのです。」
nijusi.jpg
この場面を本を読んだ当時は感動しましたが、5年生がやっと私の家にたどり着いた姿を見ていて、教師をしていると、本になるような感動することは普段たくさんあるのだ。子どもたちとの毎日は、本や物語の中の話に比べて、感動の連続だと思ったものでした。保育者とか教師はそんないい仕事だと思うのですが、最近はどうもそうとはいえないようで、悲しいですね。
そんな二十四の瞳の舞台である小豆島に行ってみました。ここには、1987年の映画「二十四の瞳」の舞台として使われた分教場がそっくり残されています。
bunnkyoujo.jpg
その建物は、実際に明治7年に開校し、昭和35年8月田浦尋常小学校として建築され、昭和46年3月24日に廃校されるまで「苗羽小学校田浦分校」として使われていました。その建物は、小豆島町田浦地区よりさらに600m南、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方Mの敷地に作られた大正・昭和初期の小さな村の中に建っています。
bunkyoujo2.jpg
「昭和三年四月四日、農山漁村の名が全部あてはまるような、瀬戸内海べりの一寒村へ、若い女先生が赴任してきた。」との書きだしで始まる小説「二十四の瞳」のなかの大石先生と12人の子どもたちの姿が目の前にそのまま現れたような錯覚に襲われます。薄暗い教室にはオルガンが一台、小さな二人掛けの木の机が六つ、教室の壁には様々な掛け図や、子どもの作品などが飾られています。窓からは、遠くに島影を持つ海が広がっています。この小説は、その後それぞれの子ども達が悲惨な戦争に巻き込まれ、その犠牲になっていく姿が描かれていますが、今の時代は、その頃と比べて、どこが平和になったのか、何が変わったのかと考えてしまいます。

子どもの瞳” への6件のコメント

  1.  数週間しか担任をしていない先生を慕ってくれるのは、よほど一瞬で先生の事が好きになったのですね。先生には何か子どもが好きになってしまうような力があるのかもしれません。
     私は「二十四の瞳」は見た事がありません。なので、話しの内容は一つも分かりませんが、子どもが先生を思って知らない自宅を探し当て会いに行くとは本当に感動ですね。それが先生が現実に起きたとは自分だと泣いてしまいます。しかし、今の時代、戦争も無いし確かに一見は平和に見えるかもしれませんが子どもにとっては本当に平和になったのかな?と思います。虐待もそうですが、子どもにとって幸せになる保育というのをしているのか気なります。ただ戦争が無ければ平和、幸せ、という考えは違うと思いました。

  2. 昨日いただいたメールで藤森先生が四国に来られていたことはわかっていましたが、まさか小豆島においでていたとは…藤森先生は神出鬼没です(笑)。春の瀬戸内海の風景はいかがでしたか。、先日、「サンキュー教師」という20年以上前のテレビ朝日のドラマのビデオを見ました。西田敏行主演で、柴俊夫さんもでています。子供のことを何より一番に思って行動する熱血教師の話で、いじめの問題にも真正面から取り組む姿勢に今の教師にないものを感じました。こどもは純粋です。教師が愛情を持って接していけば必ず応えてくれるものですね。

  3. 「今の時代は、その頃と比べて、どこが平和になったのか、何が変わったのか」という最後の言葉をずっと考えていました。以前と今とでは、状況が違っているだけで実はあまり変わっていないような気がしています。ちょっとずつでも良くなっていってもいいと思うのですが。子どもたちのことを話し合う場で、「昔はこんなことはなかった」「昔はよかった」という意見をよく聞きます。その言葉を聞くたびに「少しずつでも前に進んでいくために、自分は今の子どもたちをしっかり見よう」と気持ちをあらたにさせてもらっています。なんだか関係のない話になってしまいました。

  4. 壺井栄さんの『二十四の瞳』を小説で読んだのは、小学生だったか、中学生だったか、判然としません。母が嫁に来た時に持参した文庫本の中にあったのを読みました。今日のブログで紹介されている「おなご先生」と迷子になった子どもたちとの再会シーンは子どもながらに感動したことを思い出します。同時に、「太平洋戦争」の悲惨さを様々な本で読んでいた頃でもあったので出征して犠牲となったり、悲惨なその後を辿らなければならなくなった子どもたちのことを思って胸苦しい思いをしました。そして「戦争」というものを心の底から憎みました。「反戦運動」に関心を持つきっかけとなったのがこの作品です。ところで映画は田中裕子さん主演の『二十四の瞳』を観ました。母は高峰秀子さん主演の『二十四の瞳』を観たようです。20代の皆さんにも読んだり観たりすることをお奨めしたい作品の一つです。

  5. たった数週間の期間でクラスの子たちが藤森先生を慕ったというのは、藤森先生の人柄が子どもたちに伝わったからですね。そして、それには時間は関係ないんだということを教えていただきました。子どもたちは信頼できる人とそうではない人を瞬時に判断しているのですね。町名だけで辿り着いたというのはすごいです。きっとたくさん歩き回ったのでしょうね。ですが、繋がっている子どもと藤森先生だからこそ「なんかあの辺じゃない?」と子どもたちも藤森先生の家の匂いを感じ取っていたのではないかと想像しました。二十四の瞳はまだ観たことがありませんが、いつかは観てみたいです。子どもたちと真剣に関わっているからこそ、人と人とのつながりに感動する出来事に出会うのかもしれませんね。

  6. 子どものような瞳で世の中を見渡してみれば、何気ない日常のなかには、実は沢山の感動することに溢れているのですね。そのような瞳で、当時の藤森先生を見ていたのですね。自宅を隈無く探す健気な子どもたちの姿を想像すると、多くの方々の、未来に託したくなる気持ちが理解できます。現代では、昔のような教師と生徒の形ではないのかもしれませんが、人が人を相手にして、共に生きている仲間であることは変わりません。そのような寄り添おうとする姿勢が、多くの弊害によって教育の中に落とし込まれずにいるのが現代なのでしょうか。自宅を探してまでその教師に会いにいきたい、そのれを実現するためにはどんな手段があるのかといったことを考えられる子どもたちを育てる必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です