学習

 先日園を訪れた方が、台湾に行ったときの話をしていました。
台湾では、年長さんでもうすでに掛け算九九が言えるそうです。しかし、それはどうも無理やりに仕込まれている感じがしたと言っていました。というのは、先生は保育中に一切笑顔を見せず、ずっとしかめっ面をしていたそうです。また、子どもたちの声もどこからも聞こえず、ずっと黙って言われたことをしていたそうです。これは、見てきた人の主観が入っているかもしれませんし、台湾ではどこでもそういう保育をしているとは限りませんが、他の情報からもおなじようなことを聞くことが多いです。
 以前のテレビ番組ではありませんが、確かに中国では子どもたちは一生懸命勉強をしているようです。しかし、中国語では「勉強」(mian qiang)は、無理強いするという意味だそうです。「免」はもともと女性が力をいれて出産している様を表した象形文字なのです。ですから、日本語の「勉強する」という意味では「学習」(xue xi)が使われています。私も、「勉強」「教育」という時は余り好きではありません。「学習」のほうがいいですね。しかし、中国では、「学習」よりも「勉強」のほうがあっているかもしれません。しかし、この勉強でも中国では格差があるようです。
 中国の農村地方では、満足に小学校にも通えない子どもたちが3000万人もいるといわれています。改革開放政策のひずみから富裕層は惜しみなく子どもの教育にお金をかけ、貧困層の子どもは中学を卒業するのが精一杯という二極化が進んでいるのです。そこで政府もいろいろな対策を打ち出しています。小学校の教育費の一部を公費で負担することが、最近やっと決定しましたが、なかなか大変のようですね。
 やはり、先日来園者の話で、絵を描かせるときに一斉に笛を吹いて始める園があると聞きました。それは、日本の園での話しです。私も、以前見学した園で、子どもが立ち上がるときも、歩き出すときも、トイレに移動するときも、ピアノの音にあわせて一斉に列を組んで行動する子どもたちを見ました。整然と、きちんと子どもたちが行動している姿に感動しているようでした。
 なにが子どもたちの学習にとって良いのか難しいですね。以前取り上げた郷中教育のいろはかるたの中にこんなのがあります。
「下手ぞとて 我とゆるすな 稽古だに つもらばちりも 山とことの葉」
下手だからといって、練習を怠けてはいけません。「塵も積もれば山となる」といわれるように、諦めずに続けることで上手くなることが出来るのです。「習」という字は、自ら何度も何度も羽を動かして学ぶ姿を現しています。
「知恵能は 身につきぬれど 荷にならず 人は重んじ 恥づるものなり」
知識や技能はいくら身につけても邪魔にはならず、人から尊敬されます。逆に学ぶことを怠けた人は、自分を恥かしく思うことでしょう。この身につけるべきものは、年齢によって違うでしょう。新しい保育所保育指針には、乳幼児期は、豊かな「心情」「意欲」「態度」を身に付け、新たな「能力」を獲得していく過程であると書かれています。昨年最初に出された原案では、「知識や能力」を獲得していくと書かれていましたが、「知識」は削られました。それは、知識が大切でないというのではなく、この「時期」に獲得すべき大切なものではないということです。