生活の質

先週の日曜日、強風の中、渦の道を歩いてきました。ここは、徳島県鳴門市の鳴門海峡に位置する観光地で、大鳴門橋の橋桁に設置された遊歩道から、渦潮を見下ろすことができます。渦潮とは、潮の干満の差の激しい狭い海峡で発生する海水が渦を巻きながら激しく流れる現象です。
uzusio.JPG
直接関係はありませんが、連想として、小説家・林芙美子が発表した小説「うず潮」を思い出しました。この小説や林の人生を題材にした映画作品やNHKの連続テレビ小説「うず潮」がありましたね。このドラマは、初めての無名新人の林美智子を主役にしたことで有名です。1964年に放送されたNHKの連続テレビ小説の第4作で、少女期の貧しい生活にもへこたれず、明るく生きていくヒロインの生涯を描いていました。
この原作者林芙美子のほかの作品に、「放浪記」があります。先日、新聞記事に「日本を代表する女優の森光子(87)が金字塔を打ち立てた。」ということで、東京・日比谷のシアタークリエで上演中の代表作「放浪記」が先日23日に、上演1900回を達成したというものです。1961年の初演以来47年、よくがんばったものです。長い間というだけでなく、現在87歳になっても、あのハードな演技を続けているのですからたいしたものです。今回の東京公演から、あの有名なシーンである「でんぐり返し」は、やらないらしいですが、花粉症に悩まされる中で、3月末までの3カ月公演を続けています。
 「風邪をひかないこと、転ばないことを心掛けています。年齢にケンカできるものではありませんから」と高齢であることを冷静に自覚した言葉も話しています。
高齢でがんばっているといえば、1911年(明治44年)生まれの聖路加国際病院名誉院長・同理事長で医師である日野原 重明がいます。
この日野原さんが主宰している「新老人の会」の会員である松原さんが、新聞に「若々しい老い」について、投稿をしていました。この会の登録者から得た調査票では、老人のQOL(生活の質)の高さには、「気力」が「体力」にもまして影響力が大きいこと、「体力」には睡眠、運動、食事のとり方、病気の有無などが影響していることが明らかになっています。そのほか、趣味、けいこやボランティア活動など日常生活のあり方が「気力」に大きな影響を与えているという結果も出ています。
 森さんと日野原さんの二人を見ていると、まさに、老人のQOL(生活の質)は、気力にあるという気がします。QOLとは、「Quality of Life」のことです。健康に問題ない方は、体のどこにも異常はなく、普通の生活をしている。これをQOLが良いと言います。しかし、体の調子が悪く、病気になると、頭や体が痛んで、仕事や勉強、運動などをする気になれず、寝込んでしまうことが多く、このように日常の生活を送れない状態をQOLが悪いと言います。昔はこういう苦痛があるときには、草を煎じて飲んで楽になろうとしました。これが「薬」です。しかし、最近は、この生活の質は薬でよくなるのではなく、食欲の改善、体重の維持、睡眠、適度な運動、そして、何よりも生きる意欲、気力が大事だということがわかってきたのです。
 日本の子どもの意欲がなくなってきていることが心配です。