お子様

 今発売されている読売ウィークリーの記事の中に「飲み会“ウザい”を上手に誘う法
“お子様社員”のしつけ方 自己愛・ミーフェチ世代」というものがあります。このミーフェチ世代とは、アサツウ ディ・ケイの岩村室長が、思春期にさしかかっても他人の目を気にせずに自分の気分に従って行動し、何よりも「自分が気持ちいいかを大切にする傾向が見られた自己愛の強い世代を指した言葉です。この世代が今、職場に進出してきていると言うのです。彼らの特徴を、「面倒なタテ関係イヤ」「KYを恐れ4、5人でつるむ」「自分本位で協調性を欠き、やたら態度が大きい反面、めっぽう打たれ弱い。」そんな特徴を持った「お子様」な若手社員が増えているといいます。しかし、それらの特徴は、何も若手社員だけでなく、最近、園児の保護者にも見られる傾向のような気がします。
彼らが出現した背景にある「子育て」や教育現場の変化を岩村室長は、こう考えています。「この世代の子どもたちの母親が子育ての手本にしたのは、当時相次いで創刊された育児雑誌だった。それらで強調されていたのが、子どもには、無理や我慢をさせたり、頑張らせてストレスを与えるより、その子なりのペースを大切にして育てるべき、という考え方だった。育児書の教えに従って「自分のペース」で育てられた子どもたちが就学期を迎えるころ、教育現場にも変化が生じていた。個性の重視をうたった新学習指導要領が策定され、小学校では92年度から指導要録が改訂され、相対評価から個人の達成度などを見る絶対評価に変わった。競争排除の機運も高まり、小学校の運動会からと競争などの個人競技が消えたりした。そうやって周囲の人々との関係で自分を相対的にとらえられなくなったのは、当然かもしれない。育った環境のせいか、彼らには「尊大」という特徴もある。「調査した子どもたちは、自分は一人前で大人と対等という意識が強く、子ども扱いを嫌う傾向にありました。社会に出ても、何も出来ないうちから先輩たちと同等に処遇されることを当然と思うかもしれません。」
 「お子様社員」とか、「お子様保護者」とかいう言葉を聞くと、もうひとつ似たような言葉を思い出します。1983年にアメリカの心理学者のダン・カイリー博士の著した「ピーターパン症候群(原題:Peter Pan Syndrome)」で提唱された精神疾患としての概念です。この本の中で、ピーターパン症候群は「成長する事を拒む男性」として定義されていますが、その心理学的な特徴としては、「言動が子供っぽい」だけでなく、「精神的・社会的・性的な問題をはらんでいる」という事が挙げられています。それは、もともとこの概念は、大人に成れない恋人や息子、それに夫のことで悩む婦人への治療指針として書かれたものだからです。ここで定義される大人になりきれない男性の特徴を、「人間的に未熟でナルシズムに走る傾向を持っている」「無責任」「反抗的」「怒りやすく」「依存的」「ずるがしこい」「価値観が世間一般のものや法律を飛び越している」などとカイリー博士はあげ、また、ピーターパンは年齢的には大人の男性である“少年”で、母親に甘えている時や甘えたいと欲している時に、母性の必要を演じる傾向があるとも述べています。
 週刊誌で言う「お子様社員」と共通なものが見られますね。ということは、どうも、その出現の原因である分析は少し違う気がします。もう少し明日も考えてみたいと思います。