main.jpg 身近な自然環境を見つけようということで、森林文化協会と朝日新聞社が、「くらしが育んだ里を未来へ」ということで、人々の暮らしによって育まれてきた、すこやかで美しい里を100カ所選ぶ「にほんの里100選」選定事業を行っています。このイベントは、「里」の大切さを見つめなおし、地域の自信や活力につなげるとともに、生物多様性の確保や地球温暖化防止、自然の持続的利用に寄与する試みでもあるようです。その候補地を募集していますが、どんなところが選ばれるのでしょう。
 この対象となる「里」は集落と、その周辺の田畑や野原や草地、海辺や水辺、里山などの自然からなる地域のことです。選定基準としては、景観、生物多様性、人の営みの3要素です。「景観」とは、「暮らしが生み出した特色ある景観が、まとまりをもって見られる。あるいは、里の景観が全体として調和していて美しい。」ということで、「生物多様性」とは、「かつては里でよく見かけた動植物が今もすこやかに生きている。あるいは、そうした生き物や生育・生息環境を再生する試みなどがある。」ということで、「人の営み」とは、「景観や生き物を支え、里のめぐみを生かす暮らしや営みがある。あるいは、そうした暮らしを築き持続させようとする人々がいる。」ということです。この条件は、選定基準としてだけでなく、私たちが身の回りの環境を守るためにも大切な要因ですね。まさに、「共生」とはどういうことかを表しています。
 選定委員長である映画監督、山田洋次さんは、48作続いた「寅さん」シリーズなどで、旅情や郷愁をかきたて、ぬくもりのあるロケ地を探して各地を回り、里の景観にも詳しいそうですが、この寅さんシリーズの映画は、エコに関しても海外でとても評価が高いと聞いたことがあります。買い物には買い物籠をもって行き、風呂敷に包み、豆腐を買いに行くときになべを持っていき、醤油などはびんにつめてもらうというような庶民の生活が描かれています。この委員長を務めるにあたって、山田さんは、「寅さんの撮影は、地方の美しい景色が消えていく後を追うことに似ていた。絶望は簡単だ。だが、まだ早い。まだ美しい里はある。大事なことは、暮らし方や生き方だ。写真には写らない取り組みを取り上げたい」と話しています。
 ほかの委員では、カナダ生まれで、農山漁村に魅了され、日本の海岸線の8割を踏破しているエッセイストで宮城大准教授(環境歴史学)の、あん・まくどなるどさんは、「南北に長い日本は土地ごとの表情がある。四季を感じさせる100選になればと思う。漁村にも注目したい」と言っています。京大大学院教授(緑地学、景観生態保全論)の森本幸裕さんは、「里は全体としてまとまりのある美しさを示しており、含蓄のある言葉だ。里の中身を問い、深化させていきたい」といい、ヒトこそが、持続可能な生態系の再生に知恵を絞るべきだと訴える東大大学院教授(植物生態学、保全生態学)の鷲谷いづみさんは、「里でふつう見られた生物で、みかけなくなったものも多い。生き物へのまなざしを取り戻すきっかけにしたい」といい、 朝日新聞編集担当の粕谷卓志さんは、「食への視点もあっていい。美しさ、おいしさ、そして健康といった多様なものが人々の心に残る里100選にしたい」と抱負を述べています。
 それぞれの人の言葉の中には、環境を述べる上で参考になる考え方が入っています。