「寒」

 立春を過ぎたというのに、今日はとても冷たい風が吹いています。このような寒さを「寒の戻り」あるいは「余寒」というのでしょう。このころは、一時的に冬型の気圧配置となり、再び寒さが戻ってくることがあります。このように、しばらく暖かい日が続いた後、寒さがぶり返すときがあります。その寒さを、その季節毎に違った言葉で表現します。
 4月になって、桜が咲く季節にお花見に行って妙に肌寒い日もあります。そんな日のことを「花冷え」と表現されています。また、5月に入って新緑のシーズンに、時折、若葉も震えるような冷たい空気に覆われる日がありますが、そのような日のことを「若葉寒む」といいます。6月になると日本列島はどこも早くも初夏を思わせるほど暑い日がありますが、北海道ではまだまだ寒い日が戻ってくることがあります。そんな日のことを、この時期北海道で満開になるライラックの花にちなんで、ライラックの別名のリラから、「リラ冷え」といわれています。7月に入るころになると梅雨になります。そのころも寒い日があることがあります。それは、雨の季節に東風が吹き込み、太平洋側の地方では数日間肌寒さが続いてしまう事があります。それを「梅雨寒む」と表現します。
そんな寒の戻りの今日ですが、もちろん、「寒」とは、暦の上で寒さが最も厳しいとされる期間のことを指します。寒中とも寒の内ともいいます。二十四節気の小寒の日から立春の前日(節分)までの約30日間で、大寒の日がほぼ中間となります。この「寒」に入る「寒の入り」は、「小寒の日」のことをいい、「寒明け」は、立春の日です。
 よく子どものころに歌ったわらべ歌に「おーさむ こさむ やまから こぞうが とんできた なんといって とんできた さむいといって とんできた」というのがありますが、どうも耳から聞いて歌った歌詞は少し違うようです。「おーさむ」は、「お?寒い」と言いながら小僧が飛んできたのかと思っていました。実際は、この「おおさむ」「こさむ」は「大寒」「小寒」のことです。「大寒 小寒 山から小僧が 泣いて来た なんといって 泣いて来た 寒いといって 泣いて来た」という歌詞が本当のようです。
 道を歩いていると居酒屋の看板に「寒ぶり」という字が目立ちます。ぶりは旧暦の師走に最高の味となることから、『魚へん』に『師』と書きます。特に、真冬の最も美味しくなった時期のものを「寒ぶり」と呼んで、古くから真冬の味覚の代表として賞味されています。同じように「寒」の時期にとれる「真ダラ」のことを寒鱈といいます。この寒鱈も、厳寒の日本海の荒波にもまれ脂がのってとてもおいしい魚です。
 この「寒」が着くもので思い出すものに「寒椿」「寒牡丹」「寒桜」があります。
寒椿は早咲きの椿のことで、冬椿とも言います。もともと椿は春の季語ですが、冬に咲く椿のことを俳句では、「寒椿」または「冬椿」といいます。
 緋寒桜は、別名、寒緋桜とも言いますが、まだ寒い早春に、新らしい葉より先に、緋色または濃桃色の小花を、枝一杯に咲かせます。
mogusaen.jpg
 今日の「百草園」で、蝋梅、梅、水仙、福寿草が咲き乱れる中で、少し季節はずれかと思う花を見つけました。その花の形は、5月の節句のころに咲く「アヤメ」に似ています。その花にそばの札に「かんざきあやめ」と書いてあります。
kanzakizakura.JPG
 日本の季節感は、「寒」という字ひとつとってみても、とても繊細ですね。