立春大吉

 節分の次の日は、「立春」です。昨日は立春でした。立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。新暦の元旦は、どうしてその日に決められたか分かりませんが、天体の動きとは、特に関係ありませんし、新しい年の始まりのような区切りらしきものがありません。そういう意味では、立春が天文的には新春で、年の始まりとしたほうがふさわしいかもしれません。ちなみに立春以降、初めて吹く南よりの強風を「春一番」と呼びます。ということで、立春の朝は、いかにも「立春大吉」という言葉が表すように、おめでたい気がします。由来はよく分からないようですが、どうも、この文字は、一年間災難にあわないというおまじないのようです。この文字は、道元禅師が入宋したときには貼ってあったそうで、永平寺には道元禅師が書かれた「立春大吉文」という文書が伝わっているようです。
 この文字の面白さは、こんなことがあります。「立春大吉」の文字は、縦書きすると左右対称になり、表から読んでも裏から読んでも同じになるということです。そのために、こんな粋なことを昔の人は考えました。「鬼が立春大吉の札の貼ってある家の門を入って、ふと後ろを振り返ると、その札は、裏から読んでも同じように立春大吉と書いてあるので、鬼は、まだここには入っていなかったなと思ってしまい、門から出て行ってしまう。」と考えたとか。
 たしかに、漢字には左右対称の字があります。正確に対称でなくても、ほぼおなじようになる漢字を含めると随分ありそうです。もちろん、アルファベットにも26文字中11文字ありますが、ひらがなにはありませんね。サザエさんの主題曲やGSの歌など多数の曲を作曲した筒美 京平さんは、鼓(つづみ)が平らに響くという意味から名前を「鼓 響平」にしようと考えていましたが、左右対称文字にするために「筒美 京平」としたということは有名です。私の名前は、4文字中2文字は左右対称です。
この表から読んでも、裏から読んでもおなじように読めるということから思い出すものに、「回文」とよばれる上から読んでも下から読んでも同じ文になるという言葉遊びがあります。これは、一字が一音をもつ日本語ならではの特色をもっとも生かした言葉遊びのひとつです。この「回文」をテーマにした日本語の言葉遊びを楽しむ日本回文協会のサイトが、作家落合正子さんを主宰者として公開されています。その中に、今年の新年の挨拶として、今年の干支であるねずみを読み込んだ文が紹介されています。「けさの外も見ず子の日のネズミも屠蘇の酒」(けさのそともみずねのひのねずみもとそのさけ)というものですが、よく考えるものです。この回文も、英語にもあります。「.NOT NEW YORK. ROY WENT ON.」(ロイが行ったのはニューヨークじゃないよ)という英語は、後ろから読んでも同じです。
駄洒落も、語呂合わせも、日本では言葉遊びのひとつとしていろいろなところに使われています。今では、親父ギャグとか言われて駄洒落も、若い人から引かれてしまうことが多いのですが、本当は、生活に潤いを与える遊びのひとつだったのです。日本語を大切にするためにも、粋なしゃれを言ったり、聞いたりできるようになりたいですね。