江戸文化の中に、「通」と「粋」があります。「粋」も「通」も、主に関東で使用される美意識です。ところが「粋」の美学は関西ではありえないそうです。関西では、「粋」よりも「雅」が大切にされているようです。
 関西でも「粋」という言葉はありますが、関東では、「粋」を「いき」と読みますが、関西では、「すい」と読むようです。しかし、関西で、粋(すい)な人を「粋人(すいじん)」といいますが、江戸の言葉には粋人(いきじん)という言葉はありません。関西の粋人は、江戸では「通人(つうじん)」と言います。どうも、関西の「粋(すい)」は、関東では「通」に近いようです。「通人」とか「粋人(すいじん)」は、人情とか物の道理をきちんとわきまえている人とか、いろんな知識を持っている人とか、あるいは花町や文化・芸術に対して、とても詳しい人のことを指していいます。人情や世態・色事などに通じる事を意味しています。ですから。「通」とか「粋(すい)」とは、ある分野のことがよくわかっているとか、こういう色をしているとか、行動によってそれをあらわすことができることで、行動の原理だといわれています。
 それに比べて、江戸で言う粋(いき)はまったく意味が違うようです。ある行動を表すのではなく、ある生き方とか生き様とかが生む美意識なのです。日本のことを良くわかっている外国人が、「粋(いき)という言葉は、「シック」だとか「スマート」だとか「エレガンス」という言葉では全然かなわない、違った次元の美意識であり、洗練された美である」と言ったそうです。
 この「粋」という江戸深川の町人の間に発生した美意識(美的観念)は、身なりや振る舞いが洗練され、格好よいと感じられていました。そうでないことを関西では、「無粋(ぶすい)」といいますが、関東では、「野暮」といい、「野暮ったさ」は格好悪いとされていました。
 では、「粋」とは、どんな美意識だったのでしょうか。「張り(意気地)」「媚態」「垢抜け」の三つ条件が必要であると定義されています。例えば、どんな姿として現れているかといえば、女性に対して「湯上り姿」「ほっそり柳腰」「流し目」「薄化粧」という言葉で表されるように、取り澄ましたような気取った色気ではなく、極めて洗練された美しさを伴なう色気が必要だったようです。
 男性では、町人ふうの、渋くあっさりさっぱりして、気前が良く嫌味じゃない気質をさしているようです。言い表し方では、「宵越しの銭は持たない」「人情・世情に通じている」「物事の道理をわきまえている」「財力があってもそれを誇示しない」「目立ちたがり屋ではなくどちらかと言うと照れ屋である」「金銭のことをやたらに口に出さず、無頓着で「けち」ではない」「昔のことにいつまでも執着しない」「未練たらしくない」などといわれることが多いようです。
 また、粋な人が好んだ模様は縞、特に縦縞です。縞模様というのは人間の精神を引き締める柄だといわれています。色については、藍とか紺とか江戸紫や灰色や茶が好みだったようです。とくに、代表的な色は紺で、江戸の商人の「のれん」は紺です。
 私が「紺」を好むのは、ドイツの影響ではなく、江戸育ちの「粋」好みからかもしれません。

” への6件のコメント

  1.  今まで「粋」「通」と聞いた事がありましたが、どういう人を言うのか分かりませんでした。今回のブログで詳しく解説していただいたので、ようやく理解できました。
     海外では「粋」という言葉は次元の違った美意識、洗練された美と言っているのですね。日本は、そんな素晴らしい美を持っていた人がいたとは驚きです。しかし男性と女性の美意識を見ても、今の時代では、そう簡単に「粋な人」というのはいないような気がします。よく先生のブログで日本の文化を見直さないといけないと言われていますが、まずは自分自身の内面をもっと見直さないといけないと思いました。

  2. 江戸の「通」や「粋」の文化は、地方の私たちにとって憧れの対象ですね。以前、NHKの「新日本紀行ふたたび」という番組で、神田明神近くに住んでいる鳶職人の日常を興味深く見たことを思い出しました。確か、め組の火消しの伝統を今でも守っている人で、火消しの半纏を粋に着こなして、纏を振っている姿がとても印象的でした。江戸のいい男の代表が「与力、力士に火消しの頭」この三人衆が「粋だねぇ」というのが江戸の通説だったようです。さぞかし、女性にもてたんでしょうね。有名な新門辰五郎も火消しの親分で「義理と人情とやせ我慢」と言ったとか。江戸っ子の心意気が伝わってきますね。

  3. 「粋」な人生、いいですねぇ。私、多いに憧れます。悲しいかな、自分自身はどちらかというと「無粋」「野暮」の範疇に分類されます。東京横浜での暮らしは長いのですが、根がひねくれていたのか、性がネガティブだったためか、まるっきし「スマート」ではありません。今日のブログを読むとわが身を鑑みて毎度おなじみの赤面です。やれやれ。7年間の田舎暮らしを経て再び「大江戸東京」に舞い戻り、今度こそは「垢抜け」たい、と思いつつ、肝心要のところで「お里が知れる」失態の数々。年も年ですからこれから変るのは若い人に比べては時間がかかりますが、意識的に「粋」を目指してイキたいものです。粋で洒落た生き様、いいですぇ。無粋で駄洒落の多い今日この頃ですが・・・。

  4. 「粋」という言葉にあまりにもたくさんの意味や思いが込められていることに驚きました。何となく意味は分かるけど説明することはできなかった「粋」が、少し分かったような気がします。それにしても、これだけ深い美意識をたった漢字一文字に表してしまう程、日本の文化は奥深いものだったんですね。言葉も文化、大事に伝えていきたいです。

  5. 「通だね」「粋だね」となんとなくの雰囲気で使っていたで、ここまでしっかりと言葉に意味があったことに驚きました。そして、その意味を詳しく教えていただき、「粋な人」というイメージが少しはっきりしました。「渋くあっさりさっぱりして、気前が良く嫌味じゃない気質」とありましたが、粋な人は人格が高い人でもあるのかもしれませんね。執着せず、こだわらず、物事の道理を分かっていて、あまり自分を誇示しない、そして人情があるというのはまさに人格者でありますね。私もそんな「粋」な人間になりたいです。また、粋な人が好んだ模様、色というものがあるのもおもしろいですね!

  6. 「通」や「粋(すい)」とは、「行動によってそれをあらわすことができること」「行動の原理」ということで、人々が様々な感情を得てから行動した仕草であり、江戸にあたる「粋(いき)」とは、意味が少々異なっているというのも気になりますね。どちらも、対人への「美」が関係しているのだと思いますが、関西は、物事に対する“精通の美意識”であり、関東は「生き方とか生き様とかが生む美意識」といったイメージがなんとなくあります。そして、男女でもニュアンスが異なるというのも面白いですね。両者も、相手に対してもまた、自分に対しても「極めて洗練された美しさ」とか「気質」など、それらを意識した生活の仕方が常であったことが感じられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です