四天王

皆さんは、どこに初詣に行かれましたか?私の地域で初詣に行くとすれば、一番に高尾山が挙げられます。私の父親は、生前は、毎年必ず紅白歌合戦が終わると高尾山に出かけました。私も何度か付き合ったのですが、最近は、自分では、めっきり正月には行かなくなりました。その高尾山ですが、今年は少し違うようです。それは、先日、フランスのタイヤメーカーミシュランが選ぶ三つ星観光地に選ばれたからです。高尾山は、四季折々の美しい自然や、変化に富んだ6つのハイキングコースがあり、年間約250万人が訪れる観光名所として有名です。それが、都心から交通の便がよい上、大都市近郊に豊かな自然が溢れているという点が、三ツ星に選ばれた決め手のようです。
また、ここが初詣の場所として人気があるのは、霊山としても長い歴史を持ち、山腹にある「高尾山薬王院有喜寺」は真言宗智山派の大本山で、成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに、関東三山のひとつにもなっているからです。高尾山薬王院は、奈良時代の8世紀半ばに聖武天皇の勅命により高僧行基によって創建されたとされます。行基が、薬師如来を刻んでご本尊として安置したことから、薬王院の名がつけられたということです。その後、弘法大師空海はこの山で祈祷をささげ、不動明王像を刻んで安置しました。やがて、当寺は真言宗智山派の大本山となったのです。
yakuoin.JPG
先日、久しぶりに訪れました。ケーブルカー山頂駅から少し歩くと、巨大な四天王門の前にでます。この四天王門は、桜門形式という八脚門で、門内には、増長天、持国天、多聞天、広目天の四天王の像が安置されています。四天王とは、須弥山(しゅみせん=仏教で世界の中心にそびえ立つ高山)に住む帝釈天の輩下として、山の中腹で四方を守護する神といわれています。それぞれ甲冑をつけ、忿怒の形相をしており、手にいろいろな武器を持っています。この四天王の像の下に、それぞれ、どんなことを目指しているかが書かれてありました。私は、それを読んで、2008年度に取り組まなければならない思いを新たにしました。
jikokuten.JPG
持国天は東を守護し、手に独鈷を執り彩色は青です。「よろいかぶとに身を固め 鋭い独鈷を光らせる 心の悪魔をうちくだき 清らかな社会を守ります」
zotyoten.JPG
増長天は南を守護し、手に剣を持ち彩色は赤です。「剣を手にして勇ましく、無数の鬼を懲らしめる おごれる心をうちのめし 安らかな社会を守ります」
komokuten.JPG
広目天は西を守護し、軸と筆を持ち彩色は白です。「軸と筆とを手に持って 澄んだまなざし さしむける 広く見る目でしっかりと 大きな社会を守ります」
tamonten.JPG
多聞天は北を守護し、右手に槍を持ち、左手に宝塔を載せています。彩色は黒です。「宝塔槍を手に持って 素直に耳を傾ける 福徳たちまち集まって 豊かな社会を守ります」
心の悪魔を打ち砕き、おごれる心を打ちのめし、広く見る目を持ち、素直に耳を傾けたいと思います。そして、清らかで、安らかな、大きな、豊かな社会にしていかなければならないのでしょう。こんな言葉に出会ったのは、何かの啓示かもしれません。

四天王” への6件のコメント

  1. 「四天王」の解釈については、仏教の宗派によって若干の違いがあるようですが、私自身は仏が民衆を幸福に導くために法を広めようとするのを助け守る働きを表現したものと考えています。法華経では、諸天善神といいます。「心の悪魔を打ち砕き、驕れる心を打ちのめし、広く見る目を持ち、素直に」藤森先生のお話に耳を傾け、より多くの先生方にお伝えしていけたらと思います。そこに自分が保育の世界で存在する理由があるような気がします。

  2.  私は家族全員で毎年歩いて近くの神社に初詣に行きます。今年は私が数え年で本厄なので、神社で御祓いをしていただきました。普段あまり信じない私でも少し神様を信じようと思いました。私の友人でお寺の息子がいるのですが、彼は「普段から神様、仏様を信じない人に神様、仏様が願い事を叶えるわけがない」と笑いながら言っていましたが、本当にその通りだと思います。ブログに書いてある四天王の言葉もただの言葉として聞くのではなく、しっかりと理解するのが大事だと思いました。

  3. 四天王の目指す姿はどれも大切なことが書いてありますね。読んでいて一番心に残ったのが、増長天の「おごれる心を打ちのめし」でした。全てが大切なことなのですが、私はまずこれから意識していこうと思います。弱い心、おごれる心から何とかしてやろうと思います。

  4. 今日のブログを読んで、ますます高尾山に登ってみたいと思いました。薬王院を参拝して是非とも「四天王」の神々に拝謁し己の使命を確認したいものです。ところでこの「四天王」の中で日本人に一番なじみが深いと思われる神様は「多聞天」です。「多聞天」と聞いてすぐにピンと来られる方は相当の仏教通ですね。この「多聞天」はサンスクリット語の「バイシュラバナ」(多く聞くこと・者)の意味をそのまま伝えています。そしてこのバイシュラバナを音訳して漢字に翻訳されたのが「毘沙門天」です。昨年のNHK大河ドラマ「風林火山」に登場した越後の上杉謙信はこの毘沙門天の生まれ代わりと信じられています。毘沙門天は北の守護神ですから越後の上杉謙信に地政学的に結び付けられたものと思われます。

  5. 「心の悪魔を打ち砕き、おごれる心を打ちのめし、広く見る目を持ち、素直に耳を傾ける」こと私も大切にしていきたいです。このことをいつも頭にとどめておき、何かあった時に思いだしては、自分の行いを見直したり、次に活かしていくということを繰り返していくしかありませんね。地道に地道に人間的に成長できるように進んでいきたいと思います。元旦というのはそのような忘れかけていたものを思い出させてくれる清らさかのようなものがあるのかもしれませんね。常にそのような気持ちを持っておかなければいけないのかもしれませんが、やはり元旦というのは特別な日なのかもしれませんね。

  6. 高尾山には2度ほど行った事はありますが、四天王の下に掲げられている言葉には目がいきませんでした。素敵なことが書かれてあるのですね。まるで鬼のような形相をしていながら、どれにも、敵は己の中にあるような描写がされていたり、より良い社会を構築するためにどうすれば良いのかを問いかけているようにも感じました。正月という年の初めに、このような言葉と出会ったというのは、本当に啓示ですね。個人的には、「四天王」というものが気に入りました。それは、一人ではないという事だからです。どんなにすごい力があったとしても、その場を収めるだけであり、他の部分を別の3人が補う、そのようなイメージが浮かんできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です