初詣

 都内の地下鉄の駅に置いてある「メトロガイド」には、初詣特集が掲載されています。地下鉄沿線の神社仏閣が紹介されています。もう、そんな時期になったのですね。キリスト教でのクリスマスを祝ったあとに、今度は、初詣が待っています。みんなは、どこに初詣に行くのでしょうか。毎年、警視庁発表「○○年度 神社・仏閣人出予想」というのが出されます。毎年第1位は、「明治神宮」(東京)です。昨年の人出予想は、310万人でした。この明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祭りしている神社です。ここが毎年1位なのは、この神社が、にぎやかな場所にあるのに、神聖な森に包まれ、とてもロマンチックな雰囲気があるということがあるでしょう。この森は、昔からの森ではなく、「落ち葉を掃いてはならん」というおふれを出して、たったの100年でまるで自然林のような森を回復させた世界1大きなビオトープとして世界的にも有名です。2位は、成田山新勝寺(千葉)で、275万人の人出予想がありました。ここは、平将門の平定のために、寛朝大僧正が、不動明王を奉じ、平定後にお堂を立てたのが始まりです。このようなところをお参りして、みんなは、何を願うのでしょうか。最近は、願いと関係なくお参りに行くのが一般的になっていますが、少なくともその神社が誰を祭っているのか、何にご利益があるのかを知っておいたほうがいいと思うのですが。一応、その名前で祭られている人、何にご利益があるのかが大体わかります。「神宮」という名前が着いているときには、天皇の祖先神が祀られています。ご利益は、「平和、国家安泰、家内安全など万事」であるといわれています。もし、「八幡」と着いている場合は、八幡神を御祭神としていて、ご利益は、「必勝祈願、安産祈願、厄除け、長寿」などです。また、「天満」と着く場合は、学問の神様・菅原道真が祀られています。ご利益は、「合格祈願、学業成就」などです。「稲荷」が着く場合は、「商業、農業」の神様です。「商売繁盛、豊作祈願」などです。そう思って3位以下を見てみると、3位伏見稲荷大社(京都)269万人、4位川崎大師(神奈川)262万人、5位熱田神宮(愛知)232万人、6位住吉大社(大阪)230万人、7位鶴岡八幡宮(神奈川)215万人、8位太宰府天満宮(福岡)200万人、9位浅草寺(東京)185万人、9位大宮氷川神社(埼玉)185万人となっています。どうもご利益というよりも、人出が人出を呼んでいるようですね。初詣は、初参りとも言い、年が明けてから初めて寺社(神社・寺院)や教会などに参拝し、一年の無事と平安を祈る行事ですが、元々は「年蘢り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に蘢る習慣でした。やがて年蘢りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となったのです。現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方があり、これを2年参りといいます。私の父は、毎年、高尾山に2年参りをしていました。初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、従来は氏神またはその年の恵方の方角の社寺に詣でること(恵方詣り)が多かったようですが、最近はそんなことは関係なく、寺社へ参拝をし、社務所でお守り、破魔矢、風車、熊手などを買ったり、絵馬に願い事や目標を書いたり、おみくじを引いたりして、今年一年がよい年であるよう祈るようです。そんな祈り方は、いかにも日本人らしいですね。

初詣” への6件のコメント

  1.  近年、おみくじは中吉、小吉、末吉の繰り返しです。私は占いなど結構信じるタイプなので、ここ数年はおみくじを引くたびに凹んでいます。
     確かに、神社の名前に「神宮」「八幡」「天満」などついているのはそのような理由があったのですね。今まで、何気なく聞き流していましたが、言われて思い出してみると、その通りでした。その神社を誰が祭っていて、何がご利益があるのか、調べてから初詣に行くのは確かに大事ですね。「稲荷」の神社で必勝祈願をお願いしても…ピンと来ないですね。

  2. 「鰯の頭も信心から」という言葉もあるように、日本人の宗教観は、どうもきわめてアバウトなところがあります。初詣は神社に行って手を合わせ、結婚式では教会で神父様のお言葉を聞いて永遠の愛を誓い、お葬式はお念仏を唱えて故人を弔うといった具合ですね。しかし多くの日本人は「何か信じる宗教がありますか?」と聞かれたら、「無宗教です」と答えることがかっこいいと思っている。外国で、もしそんなことを言ったら、たぶん馬鹿にされるだけでしょう。外国の人は「宗教」がその人の生き方の規範であり人生の羅針盤であることを良く知っているからです。その点、日本人も見習わなければならないと思います。

  3. 祭られている人によって神社の名前が違っていることは知りませんでした。こういうことは知っておくべきことなんでしょうね。毎年初詣の様子がテレビに映されますが、有名なところはものすごい人の数でびっくりします。確かに、あの雰囲気を味わいに行っている人は多いんでしょう。私は映像を見ただけで疲れてしまいます。正月といえばあのような風景が浮かんでくるのも何か不思議な感じがします。

  4. 「初詣」はわが家の氏神様へのお参りです。これまでいろいろな土地に住んでいましたが、年末年始はほとんど故郷に帰省し、大晦日及び新年迎えの支度をします。氏神は「稲荷」神です。父及びご一族の方々が造営した3坪ほどの社があります。大晦日の夜、NHK紅白歌合戦が終わった頃出かけ新年を待ちます。そして真夜中を過ぎた頃新年のお参りを行います。近くの寺院では除夜の鐘が鳴っています。ご親戚が三々五々参詣に来ます。新年のお神酒を振る舞い、良い年になるよう語り合います。神前で様々なことをご親族で語り合う年に一度のありがたい行事です。新年の迎えるにはまだ半月以上ありますが、よき年の瀬を過し、穏やかで落ち着いた新年を迎えたいものです。

  5. 明治神宮の森はすごいですね。少し前にテレビで特集されていたのを夢中になって見ました。是非とも訪れたい場所です。「少なくともその神社が誰を祭っているのか、何にご利益があるのかを知っておいたほうがいいと思うのですが」とあり、私はあまりこのことを意識せずに、初詣をしていたなと思いました。まさに人出が人出を呼ぶでお参りしていました。ですので、神宮、八幡、天満などの違いはわかりやすく、とても参考になりました!私の場合だと神宮か八幡という名のついたところにお参りに行きたいなと思いました。もうすぐ年の終わりですが、年末年始のあの雰囲気はいいですね。一週間前のクリスマスムードも好きですが、それがはるか前に感じられるあの雰囲気も好きです。今年ももうすぐそんな季節がやってきますね。

  6. 初詣が「家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に蘢る習慣」から来たということで、2年参りとも言うのですね。子ども心に、大晦日は夜更かしをしても許されていたのは、きっと年をまたいで祈るという習慣が知らないうちに伝承されていたというものかもしれませんね。また、神社仏閣には様々な名前があることを不思議に思っていましたが、「神宮」「八幡」「天満」など、祈る種類によって名前が変わっていたということなのですね。自分が初詣に毎年行っている場所のことを知ろうと調べてみると、弘法大師によって創建された「福徳智能を授け、厄除け、開運の本尊」でした。知っていると、心持ちが違いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です