今年最後の日

 いよいよ今年最後の日「大晦日」を迎えました。この日には、一年の締めくくりとして、宮中や全国の神社では1年の間に受けた罪や穢れを祓うために、大祓いがで執り行われます。また、民衆の間でも、大晦日の行事は古く、平安時代頃から行われていたようです。
本来大晦日は新しい年の穀物に実りをもたらし、私たちに命(年)を与えてくださる歳神様を祀るための準備が行われる日でしたが、仏教の浸透とともに、除夜の鐘をつく習慣も生まれました。
大晦日の夜ふけに、全国のお寺で鳴らされる108つの鐘を「除夜の鐘」といいます。108とは仏教思想に基づく百八煩悩を意味しています。煩悩とは「心を惑わし、身を悩ませる」ものを言い、鐘をつくことでこれらの煩悩を1つ1つ取り除いて、清らかな心で正月を迎えようというわけです。また、108回のうち最後の1回は年が明けてから突きます。これは、今年1年煩悩に惑わされないように、という意味が込められているそうです。
 何年か前に、この除夜の鐘を、蘇州市西郊外にある寒山寺に聞きに行ったことがあります。この寺の除夜の鐘を聞くと10年若返ると言われています。ここの鐘は、真偽の程は分かりませんが、昔日本が盗み日本に持ち帰ったという話があり、日本も当惑していましたが、伊藤博文がこれを聞き非常に心配し探させたのですが、見付からなかったため、代わりに小さな鐘を作り寄付したといわれています。ただ、この寄付された鐘は、ガラスのケースに入れ飾ってあり、除夜につく鐘は違っていました。
 しかし、この鐘を聞きに行ったのは、唐の詩人張継の「楓橋夜泊」に詠まれた鐘をぜひ聞いてみたかったからです。この詩は、江蘇省蘇州の運河にかかる太鼓形の石橋の下に舟やどりをしたときに詠んだものですが、私は、夜中に境内にある宿坊のようなところで、食事をしながら除夜の鐘を聞きました。
「楓橋夜泊」「月落鳥啼霜満天 江楓漁火対愁眠 姑蘇城外寒山寺 夜半鐘声至客船」
この詩は、必ず中、高校生の頃に習うのですが、よくわからないところが多くあります。まず、全体的にここで鐘を聞いている時刻がいつかということです。最初の「月が落ちて」というのが、日が落ちてだとわかるのですが、月が落ちるのは、その月がどんな形だったかによるのです。満月ですと、明け方ですし、この詩のように夜半ですと、上弦の月の半月でしょう。しかし、その直後、なぜ鳥が鳴き出すのでしょうか。一斉に鳥が鳴きだすのは、普通は、日の出前です。ここの部分は、いろいろな説があるようです。
tuki.JPG
月が沈んで、鳥が鳴き騒ぎ、霜のおりる気配が大空いっぱいに満ちあふれています。旅愁のためになかなか寝付かれず、うつらうつらしている浅い眠りの目に、川辺の楓の樹や点々とした漁火が映ります。一体いま何刻であろうかと思っている所へ、姑蘇の町外れの寒山寺から、夜半を告げる鐘の音が、自分の寝ている船にまで響いてきます。すると、姑蘇城の外の寒山寺から、夜半を知らせる鐘の音が、この船にまで聞えてきました。
 実際に聞いた寒山寺の鐘の音は、申し訳ありませんが、お世辞にもいい音ではありませんでした。鐘の音は、鳴らしたときの音というよりも、その音の余韻が寒い冬の大気に長く響いているのがいいですね。我が家でも、遠くから除夜の鐘が聞こえてきます。