教科書

 今日、「日本軍によって集団自決に追い込まれた。そうした表現が沖縄戦をめぐる高校日本史の教科書検定で復活した。」というニュースが流れました。それは、教科書会社から出されていた訂正申請が文部科学省に承認されたということです。このようなときに、文科省は訂正申請の是非を検定調査審議会に諮って、審議します。教科書検定審議会の正式名称は、「教科用図書検定調査審議会」といい、出版社が申請した教科書について、学習指導要領に沿った客観的で中立公正な記述かを学術的見地から審査する専門機関です。そして、ここで審議された内容を答申し、文科相がその答申を基に合否を決定します。しかし、江戸時代の教科書は、7000種類もあったようです。子どもたちは、5歳から8歳頃寺子屋に入ります。まず、覚えるのは文字で、いわゆる「いろは」を習うのです。この教科書は、師匠の書く手本です。その手本を見ながら、子どもたちは「手習草子」という半紙を綴じた練習帳で練習します。その後は、以前のブログで紹介した貝原益軒が江戸時代に書いた「和俗童子訓」などが、寺子屋での教育に強い影響を与えたとされていますが、他にも興味深い書が教科書として使われました。そのひとつが、「庭訓往来」という、習字や読本として使用された初級の教科書です。これは、南北朝時代末期から室町時代前期に書かれたとされていますが、本当のことはわかっていません。著者も僧玄恵とされていますが、やはり確証はないようです。この内容は、往来物(往復の手紙)の形式をとり、擬漢文体で書かれ、衣食住から職業や政治、病気、犯罪など多岐にわたる一般常識を内容となっています。それは、時代を超えて普遍的な社会常識も多く扱ったために江戸時代に入っても寺子屋などの教科書として用いられています。庭訓とは、「論語」季子篇の中にある故事です。孔子が庭を走る息子を呼び止め、詩や礼を学ぶよう諭したというものです。ここから、父から子への教訓や家庭教育を、庭での訓戒というところから、「庭訓」というようになりました。また、往来物とは、主に寺子屋で使用された初歩教科書の総称です。その多くは、貴族子弟の学習用に編まれた往復書簡(模範文)で、手紙文の行き来(往来)の意から「○○往来」という呼称が一般化しました。庭訓往来の内容は、1月から12月まで25通の書簡からできています。風林火山で今年のヒーローの一人であった武田信玄も、8歳で長禅寺で手習い、学問を学びましたが、その手本の中に『庭訓往来』が加わっていたそうです。そのほかに、往来物といっても、種類は沢山あったようです。たとえば、「商売往来」というものがありました。この往来には、証文など商売の取引きに必要な文字・数字・日記の類・大判・小判から銭までの貨幣の名称、貫・分・厘・毛などの、天秤・分銅の基準、米・粟・ひえなどの雑穀類の名称の他、商店で扱う様々な商品の名称が記されていました。また、商売の心得として、「浪費をせずに、高利をむさぼらず、店舗をきれいにして、柔和に応答し、家業第一とする者は、富貴繁盛子孫栄華となることは疑いない。」と教えています。これは、何も商売をする人だけでなく、農家でも必要でしたし、生きていく上での知識ともなるために、子どもの手習い教科書として、各地でよく読まれ、使用されていたようです。これに対して、「百姓往来」という農業用語を説いた書もありました。「みだりに山林の竹木を伐採せず、隠田をいたさず、正直第一とすれば、子孫富貴繁盛家門平生となり神仏の冥利に叶う。」という教えは、今での通じるところがありますね。どんなものが、教科書としていいのでしょうね。