少年犯罪

 少年犯罪が起きるたびに、「昔はそんなことは無かった」とか、「最近の子どもは道徳心が無くなった」とか、「最近は昔と比べて物騒になったので心配だ」ということを聞きます。終いには、大くくりにして、「昔はよかった」と言います。しかし、子守唄の歴史を見ても、子どもが売られ、子守りをさせられていた時代など、決してよかったはずは無いのです。西部邁氏は、「国民の道徳」という本の中で、「日本を含め、先進諸国において少年犯罪の激増、凶悪化そして低年齢化が進んでいるというが、何を根拠としているのであろうか。」と問題を提起していますし、長谷川寿一氏・長谷川真理子氏の共同研究「戦後日本の殺人動向」ではマスコミ報道のような、最近の「多発する少年事件」「未成年者の凶悪化傾向」を明確に否定しています。長谷川寿一氏は「草思」で「日本の殺人率は1950年代から90年代前半までほぼ一貫して減少し続け、人口100万人あたりの殺人件数は、50年代のピーク時の約40件から、90年代には約10件前後にまで減少した。この減少にもっとも大きく寄与したのが、若者男性の殺人率の低下である。」としています。1955年当時、20代前半の男性殺人率(100万人あたりの検挙者数)は230人でピークでしたが、その後、高度成長と呼応して20代の殺人率はどんどん下がり、90年代には100万人あたり20人を割っているそうです。長谷川氏は、「16歳から24歳の年齢区分でみても、40年間でほぼ10分の1に減少し、この殺人における年齢の効果の消失は、世界的にみて極めてユニークな現象であり、若者男性がこれほど人を殺さないような社会は、筆者が知るかぎり他に類を見ない。」と的確に述べています。特に、戦前はひどかったようで、「戦前の少年犯罪」の中では、戦前社会が現代の老人が説教するような規律正しい立派な時代だったわけでは決してなく、むしろ現代以上にひどい事件がかなりの数起こっていた時代だったと書かれており、記録もきちんと残されているようです。それなのに、「なぜいつの時代も人は、昔はよかったと言うのか?」それを、12月20日のR25で精神科医の香山リカ先生が解説していました。そのキーワードは「不安」と「優位」だと言います。「年齢を重ねると、今の時代や若者についていけなくなるのではないかと不安になります。価値観や好みに違いがあると、それを否定したい感情と若さを失っていく不安が入り交じると思うんです。そこで自分が若かった時代の文化などを振り返って『あっちの方がよかった』とか『人間味があった』と肯定することで、不安から逃避しようしているんじゃないでしょうか。あとは、年輩者が若い人に対して絶対的に優位に立てるのは、彼らが知らない時代を体験しているということ。だから『昔はよかった』の一言で『オレはお前らが知らないいい時代や大変な時代を知ってるんだ』と優越感を感じる一面もあるかもしれません」すなわち、年輩者は主に「不安」から昔を懐かしむために、若年者は「優越感」を得るために「昔はよかった」と言うことが多いといいます。F・デーヴィス著『ノスタルジアの社会学』によると、これはどちらも「アイデンティティの連続の確保」にも関わることだそうです。人は、今の自分を肯定するために、過去の自分を肯定しようとする心理が働くということです。しかし、香山先生によると「昔を懐かしむのはいいけれど、それが今の自分の否定になると不健康な状態」だということで、今、精一杯生きることが大切であり、今という時をよりよいものにしていく努力をしていかなければならないと思います。