子守唄1

 先週、島原に行ったとき、島原駅前に子守の像が建っているのを見ました。
komori.jpg
私は、子どもの頃、下町の問屋街で育ちました。問屋街ですので、どの家でも両親とも働いている家庭がほとんどです。私の家でもそうでしたから、私は小さかった頃、「お子守さん」におんぶされて育ちました。今のベビーシッターかもしれません。そして、食事は「お手伝いさん」が作り、幼稚園には、住み込みで番頭さんが二人いましたので、その番頭さんが自転車の後ろに私を乗せて送迎してくれました。そういう人たちがいるのは、決して豊かな家庭というわけではありません。最近話題の「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画でも、中心に描かれている自動車修理工場でも、住み込みのお手伝いさんがいます。彼、彼女らは、当時、中学を出てすぐ集団就職で東京に出てきた人たちです。私の思い出としては、あの映画のように、お子守さんも、お手伝いさんも、番頭さんもみんな大家族の様なつながりでした。しかし、日本の昔の子守は、とても悲惨な立場の子が多かったようです。子守唄、子守歌は、そんな子守が、子どもを寝かしつけたり、あやしたりするために歌われる歌でしたので、その歌詞は、寂しさ、哀れさを表しているものが多いようです。というよりも、子守唄とは母親が子どもを寝かせる歌ではなくて子守りの娘が仕事の辛さを歌ったものの要素が強いようです。島原に子守の像があるのは、「島原の子守唄」が有名だからです。その歌こそ、まさにそういう内容になっています。昔、島原半島や天草の農家の人たちは貧しさのあまり、自分の娘を売って生活をしました。その中で、中国や東南アジアなどへ売られていった娘たちのことを「からゆきさん」といいます。「唐行き」という事から来ています。島原の子守唄はからゆきさんの悲しみ、哀れさ、一方で「からゆきさん」をうらやむ貧しい農家の娘の心を描写したものといわれます。「おどみゃ島原の おどみゃ島原の 梨の木育ちよ 何のなしやら 何のなしやら 色気なしばよ しょうかいな はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい 鬼の池ん久助どんの 連れんこらるばい 」やさしく寝かしつけるというよりは、「早く寝ないと怖い久助が来るよ」と脅しています。この鬼の池の久助というのは女衒、娘を売買するブローカーで、実在のモデルがいたようです。2番では、「帰りにゃ寄っちょくれんか 帰りにゃ寄っちょくれんか あばら家じゃけんど 唐芋飯や 粟ん飯 唐芋飯や 粟ん飯 黄金飯ばよ しょうかいな おろろんおろろん おろろんばい おろろんおろろん おろろんばい」あばら家で、芋飯、粟飯、黄金色した飯を馳走すると言っていますが、白いご飯を食べられないという貧しさを表現しています。3番は、からゆきさんが、どのように売られていくかが歌われています。「山ん家はかん火事げなばい 山ん家はかん火事げなばい サンパン船はヨロン人 姉しゃんなにぎん飯で 姉しゃんなにぎん飯で 船ん底ばよ しょうかいな 泣く子はガネかむ おろろんばい アメガタ買うて ひっぱらしゅう」山の家が火事だ、と突然関係ないことをいっているようですが、実は、娘たちの密航を警察に見つからないようにと、火事をわざと起こして、その間に「サンパン船」という小船に乗せて、連れて行ったようです。その船を与論島の人が漕いでいたようです。娘たちは、その船底に放りこまれ、めったの食べられない白いご飯の握り飯をもらいます。それは、滅多に食べることの出来ないものだったでしょう。なんだか哀れですね。(つづく)