手締め

忘年会の季節になりました。忘年会といえば宴会の締めくくりに最後のイベントとして定番なのが手締めです。しかし、私は手締めというと、先日のブログで書いた酉の市で熊手の売買が成立したとか、羽子板市とか、だるま市などでもやはり売買が成立したときに、店の人とそこに居合わせた人たちで家内安全や商売繁盛を祈ってやっていたもののイメージがあります。他にも手締めを見るときがあります。それは、証券取引所の大納会のときに最後に手締めをやっている姿をテレビなどで見ます。それらは、みんな最後に締めとしてやりますが、はじめにやる場合もあります。お祭りのときに神輿を担ぐときに、手締めをやってから担ぎ上げました。また、パーティーなどでもはじまるときにやる場合もあります。最後にやる場合でも始まりのときにやる場合でも普通は「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん」とやりますが、それは、「三が三つで九」「それに一つの点」を入れて「九に点」で漢字の“丸”を表し、いろいろの行事などが全部とどこおりなく、トラブルもなく無事丸くおさまった時など、とやるのは、「すべて丸くおさまりまして、みなさんご苦労さんでした」という意味になり、また、「これから万事うまくやりましょう」という願いをこめてやる場合もあります。これを一回だけで終わらせるのが「一本締め」、三回繰り返すのが「三本締め」ということになります。しかし、鳶職人の行事で古式ゆかしく行われる三本締めとは、開始する際に1回、その行事がひと通り終了したときにもう1回、さらに打ち上げの最後に1回の計3回、一本締めを行うことなのだそうです。しかし、そのやり方は、手締めという風習は、典型的な民衆の口承伝統風習ですので、それぞれの地域、業界、団体で独特のやり方が伝えられてきています。大きな流れは江戸(東京)型と大坂(大阪)型に分かれますが、「シャン、シャン」の2回ずつが基本で、前に言葉がつく独特の大坂手打ちは、江戸より早く始まったといわれていますが、そのやり方は、今では祭りや式などで行われるほかはあまり見かけられなくなってしまっています。現在、ほぼ全国的に知られているリズムの速い「3・3・3・1」調子は江戸流です。「シャン」だけで締める「関東一本締め」は、「一丁締め」と呼ぶのが正しいようです。このほか、指だけで行う「一つ目上がり」もあります。最初人差し指同士、次に人差し指と中指と順に増やして「一本締め」を5回やるものです。また、やる前のかけ声の「いよぉ?」という言葉は、「祝おう」が転じたものといわれています。手締め自体は、江戸時代頃から定着したそうですが、元々は、商談成立や和解・決着などの「手を打つ」という言葉が語源で、お互いに手を打ち「そこまでを一段落とする約束(セレモニー)」を「手締め」と呼ぶようになったそうです。では、なぜ手を打つことがけじめ、落着、になったのでしょうか。そのルーツは神話です。手を打つという記述が登場する最古の文献は、古事記の「国譲り神話」で、天照大神から出雲の国を譲るように言われた大国主命(おおくにぬしのみこと)が長男の事大主神(ことしろのみこと)に返答を求めた所、柏手を打って承知したという神話から、柏手を打つことが、物事が落着することの意味になり、「柏手を打つ」が「手を打つ」「手締め」となったのです。「手を打つ」は現代用語でも決着の意味です。今年1年の終わりの月になりました。今年も物事が丸くおさまっているといいですね。