鏡の日

今日11月30日は「いい(11)ミラー(30)」の語呂合せで「鏡の日」です。鏡を大切にすることで、健康で美しい生活を目指す日だそうです。ナルシスと鏡の関係についてはブログで書いたので、今日は少し違う観点で考えてみたいと思います。それは、レッジオ エミリオ教育はじめ、保育に鏡が重要な意味を持つことが多いのですが、どうしてかを考えてみました。それについての文献等を私は読んだことがないので、あまり的を得ていないかもしれませんが。よく、動物の知能を測るために鏡が用いられることが多いのは、鏡に映った自分を自分と認識できる能力である「鏡映認知」を持っているかということのようです。それは、鏡に映る姿が自己であることを知るのは、自己認識の第一歩であるとされているからです。人をはじめ、様々な動物は、生きるためには自分を襲う他の動物を認識する必要があります。それは、ほとんどは自分とは違う種であることが多いでしょうが、同じ種でもメスを取り合ったりするときなどは自分を襲う敵になります。しかし、どちらにしても、自分の姿を認知したり、認識する必要はない気がします。では、自分の姿を見て、なんの役に立つのでしょうか。チンパンジーなどにおいては、鏡に映る姿を自分自身として認識し、毛繕いのときに役立てるというように、ひとつのモデリングとして自分を見ることはある気がしますが、鏡によって客観的に映し出される、自分自身の姿は、どのように映ったのでしょうか。昔の人は、鏡に映像が「映る」という現象は、とても神秘的なものとしてとらえられたでしょうね。ですから、鏡は、自分の姿を見るというよりも、三種の神器にあるように、祭祀の道具としての性格を帯びていたのです。そして、鏡の面が、単に光線を反射する平面ではなく、世界の「こちら側」と「あちら側」を分けるレンズのようなものと捉えられ、鏡の向こうにもう一つの世界がある、という観念は通文化的に存在し、その見方は、世界各地で見られます。古代の哲学などにおいては、鏡像はおぼろげなイメージに過ぎないとされました。また、鏡は鑑とも書き、人間としての模範・規範を意味します。「あの人は、日本人としての鑑である。」というような使い方をします。また、手本とじっくり照らし合わせることを鑑みる(かんがみる)というのも、ここから来ています。古墳時代、邪馬台国の女王卑弥呼が魏の王より銅鏡(この時代を研究する考古学者にとっては、「鏡」という語はすなわち銅鏡(神獣鏡、三角縁神獣鏡)を意味する)を贈られた故事はあまりに有名ですが、これは彼女がシャーマン的な支配者であったことと関係があり、その小道具として鏡が重要な役目を持っていたと考えられています。このように、鏡は宗教と関係が深かったようです。神道や天皇制では、三種の神器のひとつが八咫鏡ですし、キリスト教を禁止した江戸時代に隠れ切支丹鏡という魔鏡が作られています。また、霊力を特別に持った鏡は、事物の真の姿を映し出すともされた。地獄の支配者閻魔大王の隣には浄玻璃の鏡という鏡があり、それは、大王の前に引き出された人間の罪業を暴き出したといわれます。また、鏡が割れると不吉としたり、鏡台にカバーをかけた習慣は、鏡の霊力に対する観念が広く生活習慣の中にも根を下ろしていたことを表していると言われています。鏡の語源はカゲミ(影見)、あるいはカカメ(カカとは蛇の古語。つまり蛇の目)であると言われているように、鏡に自分の姿を映し、それを眺めるという機能と、鏡の持つ神秘性を感じたようです。その神秘性ゆえに、子どもにとって、環境として意味のあるものとして利用されているのでしょうね。

鏡の日” への6件のコメント

  1. 今日のブログを読んで、レッジョ関連の本で「鏡」について書かれているものがないか探してみましたが、ズバリ「鏡」という項目はありませんでした。但し「BANBINI,ARTE,ARTISTI」の中では、保育環境と素材の生かし方について記述されていることに気がつきました。大発見です。2007年12月4日(火)のアルベルト・ムナーリ氏との対談、楽しみにしています。

  2. 鏡に自分の姿を映している子どもの様子を見ていて、今どんなことを考えているんだろう?と思うことがあります。私も鏡の理屈がある程度わかるまでは、そこに映る世界が不思議でたまりませんでした。同じように、目で見る景色とはどこか違うということを何となくでも感じている子もいるんだろうと思います。鏡があることの意味はまだまだ掴みきれていないので、その意味を子どもの姿を見ながら考えていきたいと思っています。

  3.  子どもにとって鏡というのは良い教材かもしれませんね、自分の姿を映して服装チェックをしたり、口のまわりの食べかすを取ったり基本的生活習慣の自立をさせるための大切な道具ですね。また教材としても面白い素材になりますね。
     私個人としては鏡を使うのは出かける前やお風呂に入った時くらいしか使いません。鏡は今の自分の姿と全く同じに映します。ですから今日の自分を見つめなおす、という意味では鏡は必要かもしれませんね。

  4. なるほど11月30日で「いいミラー」、「鏡の日」。基本的には毎日鏡のお世話になっていますね。今日は昨日から発症してきている風邪のため、加齢のやつれと病気によるやつれ著しいわが顔を鏡のなかに見ました。鏡を見ては「あー、年とったな。」と思う今日この頃です。私が勤める保育園にも鏡の遊具があったり、手鏡があったり、あるいは手洗いの様子を見ることができる三角鏡が手洗い場にあったり、鏡は大活躍です。「観察ゾーン」にある内側3面鏡の三角柱鏡は底の模様をいろいろに映し出してさながら「万華鏡」ですね。ある見学者がハンドメイドの「万華鏡」を作って子どもたちに見せていたと話していましたが、作るのが大変だったらしくこの「三角柱鏡」を見て「これは簡単に作れてしかも底面の模様をいろいろ変えられ子どもたちも厭きない。」と話してく下さったことを思い出しました。子どもたちの世界に鏡を取り入れて光や像に興味関心が持てるよう働きかけていきたいですね。

  5. 鏡と人の歴史は深いものがあるのですね。卑弥呼が鏡を道具として使っていたこそ、閻魔大王の隣に鏡が置かれているとされていることからも単に鏡に映った自分を見るだけではない、鏡の役割を感じます。鏡に映った自分や世界をずっと見ていると妙な気持ちになったりするのかもしれませんね。鏡が割れると不吉であるとか、鏡にカバーをすることで鏡の霊力を…というのは私も子どもの頃になんとなく感じていて、自分もそんなふうに意識する部分もありました。なんだか不思議な力があるようなそんな気がしますね。ドイツでもそうでしたが、鏡をとても有効的に保育に取り入れていました。鏡の上に物を置くことで、違った図形が完成したりするのをみて、もっと保育に取り入れていくとおもしろいだろうなと感じました。

  6. 以前、保育室にある鏡をじっと見つめる1歳児を目撃しました。手で口を触る行為をしているように見えましたが、なんとなく“ただ見つめる”といった感じでした。その子どもは、いったい何を思い、何を考えていたのでしょうか。また、一回だけ、子どもが鏡をのぞき、その中にいた私(実際にはその子の背後にいた私)と目が合った瞬間がありました。その子は、振り向こうとはせず、ずっと鏡の中の私と目が合って、少々笑ってもいました。鏡を見る機会が多い私は、他者からの視線が気になっている傾向があるのかもしれません。客観的に自分を見つめる事にもつながる鏡ですが、その傾向が減ってきたら、自分に自身が持ち始めてきたという証かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です