オナモミ

 昨日、塩山をのんびり歩いていると、道端一面に「オナモミ」の実がなっていました。
onamomi.JPG
 学校で必ず習いますが、植物は子孫を残すために,たくさんの種子を飛び散らすための方法があります。風に乗って遠くに飛んでいくもの,自分ではじけて飛び散るもの,とりに食べられフンといっしょに落としてもらうもの.実に,さまざまな種子があります.その中で、子どものころよく遊びにも使われる種子は,人の服や動物の体にくっついて運んでもらう種子です。草むらを歩いて出てくると、ズボンや服にたくさんの種子がついています。それらの種子は、「ひっつき虫」ともいいますが,その主なものには。「イノコヅチ」という種子があり、「茎のふくらみを,イノシシの膝頭」に見立てて名付けたそうで、「猪の子槌」と書きます。他には、キク科の「アメリカセンダングサ」という北アメリカ原産の帰化植物があります。これも服についたらやっかいで.なかなか取れません。そして、ネバネバした液を出してくっつく「チヂミザサ」があり、実の形が泥棒がぬき足さし足で歩いたときの足跡に似ているので,この名前がついた「ヌスビトハギ」があります。そしてこの「オナモミ」は、自然につくというよりも.投げ合ってよく遊ぶ種子です。しかし、そうやって遊ぶときにはルールがありました。なるべく顔や頭には投げないことです。特に、髪の毛にからむととるのが大変です。昨日,見たのは、メキシコからの帰化植物オオオナモミで、最近はその種類が多くなりました。この名前は、葉っぱをもんでつけると虫さされに効くというので「生揉み(なもみ)」から付いたといわれています。また、雄生揉(おなもみ)と書いて、毒蛇に噛まれたときなどに、生の葉をもんで傷口につけると痛みが和らぐことから由来しているとも言われています。学名は「Xanthium canadense」といいますが、Xanthiumというのは、ギリシャ語の「xanthos(黄)」が語源で、オナモミの実が毛髪を染めるのに使われたことからきているようです。このよくくっつく仕掛けを参考に、カバンやくつなどに使われている.マジックテープが生まれます。それは、1948年のスイスで、愛犬を連れて山奥の狩猟に出かけていたジョルジュ・デ・メストラル氏は、自分の服や犬の毛に沢山の野生ゴボウ(オナモミの仲間)の実がくっついているのに気づきました。不思議に思った彼は、その実を持ち帰り、さっそく顕微鏡で覗いてみました。すると、その実は無数の鉤でできていて、その鉤が衣服や犬の毛にしっかりと絡みついていたのです。これにヒントを得た彼はこの構造を応用して着脱が自由自在の魔法のファスナーを発明しようとしたのです。そして何年かの試行錯誤の末、特殊ナイロン糸を使用して、無数の鉤と輪で構成された面ファスナーをつくりだしたのです。これが面ファスナーの誕生です。日本では1960年、この面ファスナーの2本の布がピタリとくっつくところが着脱が自在な『魔法のテープ』ということで「マジックテープ」という商品名で、クラレが登録商標をし、最初に生産・販売を開始しました。その名が全国に広がったのは、1964年に東海道新幹線の客席のヘッドレストカバーのファスナー(留め具)に採用され、一躍注目を浴びたのがきっかけでした。何気なく遊んだり、犬を散歩に連れていいたりしているときにでも、不思議だなあ、どうしてだろう、どうなっているのだろうと疑問を持ち、それをすぐに解明しようとするとき、新しい発見があります。当然のように過去からのことをただそのまま受け入れていると、何も生まれてきませんね。

オナモミ” への7件のコメント

  1.  写真の植物は、よく遊びました。もちろん友人の体に投げていました。しかし、ちゃんとした名前は知りませんでした。「オナモミ」というのですね。まさか、マジックテープが出来たのは、この植物のおかげとは思いもよりませんでした。
     新しいものを作るにあたって必要なことは何にでも興味を持つことなんですね、以前ブログでも同じような事を書いてあった気がします。ジョルジュ・デ・メストラル氏も山奥に狩猟に行った時に偶然にもその植物を発見し、マジックテープを発明してしまったんですから、やはり何にでも興味を持つことは大事なんだと、改めて思いました。それが身近な草木でも…。

  2. よく草原とか藪とかで、くっついてくる植物があります。ジャージや毛の衣服に取りはがすのが大変なほどついてきたりすることもあります。「オナモミ」の仲間かもしれませんが、私がお世話になった?ひっつき植物の名前を失念してしまいました。なるほど「子孫を残すため」に私たちにひっついてきたのだ、と思うと、ただとりはがすだけ、というのではなんとなく申し訳ないような、できれば、受粉・受精できるような環境に、とあれこれ思ったりします。「マジックテープ」誕生話には感動すら覚えます。天才とは、やはり、違いますね。同じく観たり経験したりしても、凡人は「マジックテープ」というところまではいきません。「天才」が「発達のかたより」だとすると、この世の文化文明はすべからくこの「発達のかたより」によっているのではないか、と今日のブログを読みながら思い当りました。

  3. 新製品の発見ストーリーはテレビなどでよく見ますが、その着眼点や粘り強さにいつも感心させられます。不思議に思う気持ちや何とかしてやろうという強い思いが大切だということを教わります。そして行動力でしょうか。何でもやってみることも大切だと思います。刷り込みからも自由にならなければいけません。そうやって考えると、今まで見てきたもの、触れてきたもの、体験してきたものの中で、大切なものをたくさん見過ごしてきたかもしれないと思ってしまいます。

  4. 「オナモミ」は子どもの頃は遊び道具でした。懐かしいですね。散歩の途中でも見つけたいと思います。> 葉っぱをもんでつけると虫さされに効く
    > 毒蛇に噛まれたときなどに、生の葉をもんで傷口につけると痛みが和らぐ
    >オナモミの実が毛髪を染める
    種子に目が言ってしまいがちですが、全体では人の役に立つ植物なのですね。こういう知恵が山遊びでは必要ですね。
    > 面ファスナーの誕生です。
    素晴らしい発明は、結局素晴らしい観察力からですね。失敗作品から生まれためがね拭きクロスやママレモンも同じ理由です。「見守る」保育を行う為には私にとって常に心がけたい部分です。
    > 「マジックテープ」という商品名で、クラレが登録商標をし、最初に生産・販売を開始しました。
    クラリーノ等の新素材開発で有名なクラレ(倉敷レーヨン)の柔軟な発想力と創造性を示すものですね。私も自然に気づき触れて、凝り固まった頭を少しでも柔らかくしたいものです。

  5. オナモミは幼少の頃は身近な場所で友達とくっつけあって遊んだものでした。今はこんな遊びもわざわざ連れだして行かなければ出来なくなり自然が段々遠のいていくようです。同じ経験をしていてもそこで気付きそれを発展させ実行に移す事が保育や色々な面においても大切だなと感じました 。天才の発明とまではいかなくても。

  6. 「くっつき虫」は子どもの頃に友だちと投げ合ってよく遊びました。自分の服にひたすらくっつけて遊んだりもしました。こうやって多くの人が共通に遊んだ植物があるというのはなんだか不思議ですね。その植物のおもしろさ、不思議さに子どもたちはみんな自然と感動するのかもしれませんね。そして、それが遊びにつながっていくのかもしれません。そんななかでも、その不思議をもっと知りたいと思い、突き動かされた人があのマジックテープの生みの親になるのですね。当たり前だと思っていることをおもしろい、不思議だと思えること、楽しそう!と思ったことをとにかく楽しむこと、楽しんでいくことで、そのなかにある不思議にも気がついていけるのかもしれませんね。

  7. 幼い頃、遊んでいたこの写真のものは「オナモミ」というのですね。当然のように「ひっつき虫」と呼んでいました。そして、小学校低学年まで、オナモミを本当の虫であると勘違いしており、くっついたままゆっくり動き出すと思っていた記憶があります。懐かしい思い出です。また、「過去からのことをただそのまま受け入れていると、何も生まれてきません」という言葉が印象に残りました。ジョルジュ・デ・メストラル氏の探究心や好奇心によって、オナモミの鉤状の形を見つけることができたように、不思議だなあと思うだけでなく、「どうしてだろう、どうなっているのだろう」と疑問を抱き、追求することが大切なのだなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です