喫茶店

 喫茶店というと懐かしい思い出がたくさんあります。今は他界している父は、とても喫茶店の雰囲気が好きでした。私が社会人になって、実家の近くに一人で住んでいたときに、「コーヒーでも飲みに行かないか?」と夜によく電話がかかってきたものでした。また、洒落た喫茶店を見つけると、一緒に行くのを誘われました。私の家は、小さいながらも会社を経営していたのですが、そんな父ですから、私が小・中学生のころ、都内にあった店舗の半分を喫茶店にしてしまったのです。もちろん、店に出ることはなかったのですが、店内を自分の趣味で作っていました。そのころの純喫茶と呼ばれるものに、様々な特徴がありました。多く見られたものが「名曲喫茶」と呼ばれる喫茶店で、店内にはクラシックが流れていました。なんだか、インテリになった気分になります。家庭では、まだやっと大きなステレオが普及し始めたばかりで、こんな喫茶店で曲を聞いたものでした。クラシックだけでなく、様々な音楽をテーマにした喫茶店がありました。私の父の店は、「ラテン喫茶」でした。ラ・クンパルシータなどのタンゴが当時はやっていたことと、社交ダンスもはやっていたために、このラテン喫茶もいろいろなところにありました。そのほかに音楽をテーマにした喫茶店で、今も多く残っているものに「ジャズ喫茶」があります。ここでは、ジャズのレコードを聴くだけでなく、ライブ演奏を行っているところも多くありました。そこでは、ジャズ演奏だけでなく、様々なライブ演奏をしていました。私が、高校生のころに行った「新宿アシベ」では、タイガースなどがライブ演奏をしたりしていましたが、私が聞いたのは、ゴールデンカップスというグループのライブでした。今の若い人は知らないと思いますが、「長い髪の少女」とか「イザベル」などがはやっていました。また、「銀座ラセーヌ」では、いかりや長介とドリフターズも出演したことがありました。このラセーヌは、当時よく聞いていたラジオ深夜放送のスポンサーになっていて、受験勉強をしながら聞いていたあのパーソナリティーの声と同時に女性の悩ましい声で「ラセ?ヌ」というせりふが耳に残っています。この「アシベ」も「ラセーヌ」も、「ジャズ喫茶」と呼ばれていました。このように喫茶店では、レコードで曲を聴いたり、ライブで音楽を楽しむほか、自分たちで歌うものもありました。それが「歌声喫茶」と呼ばれるものです。これは、八王子にもあるので、「今でも歌っているのかね。」と先日妻と会話をしたばかりです。ここで歌われた歌は、当時は「走れトロイカ」とか「カチューシャの唄」などのロシア民謡が多かったようです。私は、歌を人前で歌うという習慣がなかったために、入ったことはありませんでした。あと、その後ディスコに変わっていきましたが、当時は、「ゴーゴー喫茶」という名前で、ゴーゴーという踊りが流行った時、ワン・ドリンクを頼んでゴーゴーを踊るという喫茶店がありました。あと、店内の意匠でしょうが、「和風喫茶」などというものがありました。それから、「同伴喫茶」という男女同伴ではいる少し薄暗い喫茶店とか、「深夜喫茶」といって、終電車が出た後、始発の動くまでのつなぎに過ごす喫茶店がありました。最近は24時間営業の店が増えたので、深夜という言い方はなくなったかもしれません。また、最近見なくなったものに「談話室」があります。ここでは、長居が許されたので、私は原稿の打ち合わせによく使いました。こんな話は、団塊の世代の中では盛り上がるのですが、今の人にはどうでしょうか。

喫茶店” への6件のコメント

  1. 「喫茶店」にすごーくお世話になったわけではありませんが、ある時期、少しはまっていたことを思い出しました。そもそも中学時代は「喫茶店」に入ることが許されず、好奇心旺盛な私は若さも相俟ってそうした場に入ってみたくてたまらず既に成人になっていた叔母に連れて行ってもらったことがありました。ドキドキしながら入った割にはオレンジジュースを飲んで終わり、という素っ気ないものでした。高校時代から大学時代のある一時期は当時流行していた「インベーダーゲーム」をするために「喫茶店」を利用しました。喫煙を覚えたのもその頃です。やがて趣味のクラッシック鑑賞から早稲田通りや本郷3丁目駅付近の「名曲喫茶」に出入りするようになりました。そして大学院時代は漫画がたくさん置いてある「喫茶店」に入って手塚治虫の作品を片っ端から呼んでいました。『ブッダ』が引き金でした。その後「喫茶店」を利用することはほとんどなくなりました。そうそう「深夜喫茶」や「談話室」にもお世話になりました。「団塊の世代」ではない私でも「喫茶店」話で盛り上がることができそうです。

  2.  私が喫茶店というものを利用すようになったのは、大学生のときでした。当時の先輩がコーヒーが大好きで何かと暇があれば喫茶店い行きました。先日のブログで書いてあった「純喫茶」というものは下宿先の近くには無かったので、ドトールやスターバックス、ベローチェなどによく行きました。コーヒー自体は高校生のときから親と一緒に朝食の後に飲んでいました。朝食後のコーヒーというのは本当に落ち着きますね。
     「和風喫茶」「同伴喫茶」「深夜喫茶」というものは初めて聞きました。とくに深夜喫茶といものは当時の時代では本当に便利なものではないのかな?と思います。確かに今は24時間営業の店もたくさんありますし、漫画喫茶でも朝まで時間も潰せますし、仮眠も取れるようになりました。その結果「深夜喫茶」というものが姿を消していったのでしょうか…。
     私は喫茶店といえばチェーン店の喫茶店しか行った事がないので、純粋な喫茶店「純喫茶」といものに行ってみたいです。

  3. ゴーゴー喫茶とかの名前は知っていますが、実際には見たことがありません。時代によってかなり形を変えてきたんですね。できることなら今回名前のあがっている喫茶店全てを体験してみたいです。
    私はどちらかというと、打合せとか話をするためにではなく、1人でゆっくりするためにという利用が多かったです。1人で行って本や漫画を読んだりするのですが、周りにいるいろんな人眺めたりしながら、というのがお気に入りでした。いろんな人のいろんな喫茶店の使い方があるので、特に意識してというわけではないですが、何となくそんなことを観察しながら時間をつぶしていました。漫画喫茶など個室に近いものが増えてきているようですが、他人と同じスペースを共用するあの独特の空間のほうが心地よく感じます。

  4. 最近意味もなく昔(多分中学から高校時代と思うが)寝床で密かに聞いた深夜ラジオ放送のことが懐かしく思い出されます。「ラセーヌ‥‥」番組の冒頭、女性の低くどこか色っぽさを感じる囁きのイントロ、当時北海道のラジオは民放2局NHK1局、深夜飛び交う他局の電波を拾おうと、携帯ラジオのスピーカーに耳を押し当てて雑音混じりに飛び込んで来たラセーヌ。この時代の共有者を探しあて何かホットしました。=団塊英児=

  5. ここで紹介されているような私の中での「THE喫茶店」といった所には行ったことがありません。学生時代に住んでいた所に好きなコーヒーが飲めるお店があります。店内の雰囲気も好きなのですが、そこもどちらかといえばTHE喫茶店ではなく、チェーン店のような所です。それでもお店によって個性が全く違うので、とてもいい雰囲気なのですが、ブログで紹介されているようなそれぞれもお店によってコンセプトが違う、お店の雰囲気、コーヒーの味や食べ物が違う喫茶店の中から自分が好きなお店を見つけることができると楽しいだろうなと思います。また、そんな様々なお店にも足を運んでみたいです。歌声喫茶というと小学生の頃に見ていた子ども向け?のNHKのドラマで初めて知りました。そのドラマが不思議で、少し怖い感じだったので、歌声喫茶も私の中でもそのようなイメージが出来上がってしまっています。きっとそんなことはないですね。まだまだ自分の知らない世界を自分の肌でたくさん経験したいなと思います。

  6. 夜に、「コーヒーでも飲みに行かないか?」と友人から電話が来るなど、今ではなかなか見ない光景であるように感じますが、夜の喫茶店というのも楽しそうです。また、本文に多くの「◯◯喫茶」というものが出てきたことから、その時代に喫茶店というものがなくてはならないものであったことがうかがえました。人々が気軽に交流できる場として確立されていたのですね。そして、「談話室」と聞いて、先日、日暮里にある「カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー」というところに立ち寄ったことを思い出しました。内装はレトロ感満載で、椅子やソファーのえんじ色が印象的でした。食器も、銀のアルミのような素材で、美味しくナポリタンを頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です