建築用語

 昨日は、長野県東御市の海野宿を少し歩いてみました。その宿場町にある建物には特徴が二つあります。ひとつは、海野格子と呼ばれるもので、普通の格子は上から下まで1本通しで、間隔を置いているのですが、この「海野格子」は、2本通しの間に、少し上部が開いて2本間隔で横木がくっついて上部に2本あるのが特徴です。もうひとつは、卯建(うだつ)と呼ばれるもので、家の屋根裏と梁の間に立てる短い角柱のことです。
udatu.JPG
 これは、宇立・宇太知・卯建などとも書かれ、「うだつ」とか、「うだち」といいます。この宿場のほかにも有名なのは、やはり以前訪れたことがあるのですが、徳島県美馬市脇町に残っている昔の町並みや、岐阜県のほぼ中央に位置する美濃市は、「うだつの上がる町並み」と呼ばれる国選定美濃町重要伝統的建造物群保存地区があります。この「うだつ」の様子が、下には梁があって、上からは屋根に押さえられて、ちょうど伸びるに伸びられず、いかにも困っているように見えるところから、「いつまでたっても、出世する事ができずにいる」ということから「うだつが上がらない」と使われるようになったとも言われます。また、もともと「うだつ」は、火事の延焼を防ぐ「防火壁」の役割を果たしていたと言われ、しだいに装飾的な意味合いが強くなりました。しかし、この「うだつ」をつけるには、かなりの費用がかかったことから、「うだつ」を上げられないのは、甲斐性がないということから、「うだつが上がらない」はなかなか出世しないことを言うようになったという説です。
 このように、建築用語からことわざとか、違う意味に使われるようになった言葉がたくさんあります。有名にところでは「大黒柱」がありますね。大黒柱は、家の中央にあって、最初に立てる柱のことで、民家の土間と床上部との境にある特に太い柱をさしますが、それから家や団体の中心となり支えとなっている人を指すようになります。また、大黒柱の語源は恵比寿大黒、すなわち大黒様から来ているといわれ、大黒様は室町時代から富と豊穣の神として祭られていたことから、一家を支えるという意味になったとも言われています。それから、「あの人は几帳面な性格だ。」という几帳面も、もともとは建築用語です。奈良時代に上流家庭でよく使われた几帳(室内で貴人の座るそばに立て、間仕切りや風除けに用いられた家具)の柱は角を削り取った後に、さらに刻み目を入れた面の取り方が多く用いられ、この種の面を几帳面というようになり、几帳面の形がいかにもきちんとして端正に見えるところから、折り目正しくきちんとしていることを「几帳面」というようになったのです。
 それから、日本人の特徴といわれる「本音と建前が違う。」という建前も、「上棟式」のことをいう建前が語源です。建て前というのは家屋の建築で、柱や棟、梁などの主な骨組みを組み立てることをいいます。そういうことから「表向きの方針、原則」を意味する言葉となりました。しかし、本来の建前は、これから出来上がっていく建物の基本となる骨組みや柱、梁などを組み立てることですので、これが本音でなければならないので、表向きだけであってはおかしいと思うのですが。いつから、どうして本音と建前が違ってくるのでしょうか。本音と建前が同じであるというよりも、きちんとした建前があってこそ本音が語れるのだと思います。

建築用語” への4件のコメント

  1. 私の父は木造家屋の大工でした。私は子どもの頃から「建前」がとても楽しみなことの一つでした。なぜなら「建前」の祝儀によって普段とは異なるご馳走にありつけたからでした。私が大学生の時は様々な理由から父と二人の生活を余儀なくされ結果私も大工見習いのようなことをしていました。その時にも「建前」はありました。子どもの頃と違ってその頃はもう一棟の家の完成を想像することができる、それはそれは厳かな「上棟式」でした。今日のブログで紹介されている「本音と建前」は日本文化の真骨頂のように取り上げられます。「ホンネとタテマエ」とカタカナ表記されることもあります。しかし私も藤森先生同様「きちんとした建前があってこそ本音が語れる」との見解に全く賛成です。「建前」がなければ、家が建たないのは建築の常識です。私としては「タテマエ」の中にこそ「ホンネ」が潜んでいる、と諒解しております。

  2. 本音と一致しないことがあると言われている建前は、本来の意味から考えるとおかしなことになりますね。「本音と建前は違う」ことに違和感を感じながら、でもそのことに少し慣れてきてしまっている自分がいます。きちんとした建前があってこそ本音が語れるということを、自分のものにするためにじっくり考えたいと思います。

  3. 几帳面というのはもともとは建築用語からきていたのですね。おもしろいです。「几帳面みたいな性格だな」と当時の人は人の性格をそんなふうに例えで遊んでいたのかもしれませんね。「お、なるほど、おもしろいこと言うじゃねぇか」なんて遊び心のある例えから言葉が生まれていったのですかね。「きちんとした建前があってこそ本音が語れるのだと思います」この言葉の意味を私自身、まだ理解できていません。ですが、本音と建前を使い分けるというのがどうも苦手な時があります。相手へ配慮するための建前というものがあるのかもしれませんが、良好な関係を築いていくための建前というものがあるのかもしれませんが、本音そのものも相手のことを考えた、相手の立場を考えた思いになっていけたらいいなと思いました。私は建物の基礎も好きでした。ここがお風呂になるのか?ここが台所からな?と基礎ができたばかりのお宅に入って遊んでいたのをおもい出しました。

  4. 「本来の建前は、これから出来上がっていく建物の基本となる骨組みや柱、梁などを組み立てることですので、これが本音でなければならないので、表向きだけであってはおかしいと思うのですが。」という指摘に、なるほど〜と思いました。未だに「本音と建前」という言葉はよく耳にする言葉です。自分にとって都合の良いようにその言葉を言ってしまうこともありますが、よく考えてみると、そのような考え方になるのですね。「本音と建前が同じであるというよりも、きちんとした建前があってこそ本音が語れるのだと思います。」というように、本来、建前というのは、本音を支えるものであって、秘密性をただ高めるものであってはいけないものである気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です