建築用語2

 建物に関することわざとか、言い回しとかには、昨日のブログ以外にも面白いものがたくさんあります。たとえば、よく建物の外壁を、板を張って施工するときに、平たく長い板を重ねながら張っていく方法があります。これを「下見板張り」といいます。鎧のように張ることから「鎧張り」ともいいます。それに対して、重ねていかないで、板を縦とか横に平らに張ることを「羽目」と言います。この張り方ですと、もし板を1枚はずしてしまったら、隙間が出来てしまい、台無しになってしまい、役に立ちません。ですから「羽目をはずす」ということ「人の度を過ごす態度」「興に乗じて度をはずすこと」の意味するようになったのです。また、羽目をはずしてしまっては、せっかくの建築意匠が台無しになってしまう事から「苦しい羽目に陥る(破目とも書く)」といった使い方のように困った場合とか境遇を意味するようになったり、「羽目に付く」というのは、窮境に陥ることを意味したりします。ただ、「羽目をはずす」という言葉は、荒馬の口にはめる縄のことを「はめ」といい、はめをはずすと馬が暴れ出すところから転じて調子に乗った行動をすることを意味するようになったという説もあります。このほかにも「羽目に掛かる」とは、勢いに乗ること。次第に調子が出てきて、興に乗ることをいいます。次にこんなことを聞いたことがあると思います。「順調に物事が進まない」、「はかどらない」ことを「埒が明かない」といいます。この「埒」(らち)というのは、今では、主に競馬場の周囲の柵の事をさしますが、もともとは、単に「低い垣」とか「しきり」の事をさした言葉でした。ですから、「埒が明く」とは垣が取り除かれる、つまり障害物が取り除かれるという意味で、物事が片づくこと、はかどることの意味に使われます。逆に「埒が明かない」ということは、「はかどらない」ということになり、「埒も無い」は、「乱雑である」「つまらない」「順序がたたない」という時に使われます。また、「埒外」「埒内」という言葉は、垣の外、内側という事から「埒外」は物事の一定の範囲外、「埒内」は物事の一定の範囲内という意味です。ダメな人とか頭の鈍い人のことを「ボンクラ」といいますが、この言葉を漢字で書くと「盆暗」とか「盆蔵」と書きます。「盆暗」と書く場合は、「盆」は賭博の盆ござのことで、盆の事に暗い。つまりサイコロの目の動きを読んだりする事が下手な人という意味に使われていたのが、頭のにぶい人を指す言葉となりました。「盆蔵」と書く説は、盆は八月のうら盆の盆で、蔵は土蔵をさします。土蔵造りは普通寒い季節にしますが、これを夏の暑いときにすると、土の表面ばかり乾燥して、平均して乾かないので、役に立たない土蔵になってしまいます。それで盆の頃造られた蔵、つまり「盆蔵」は駄目だということから、駄目な人の事を「盆蔵」と言います。また、お寺の屋根は「瓦ぶき」に対して芝居小屋は「コケラぶき」(杉やヒノキの薄板を用いる)でした。その「コケラ」には、「木くず」という意味もあって、そのコケラをきれいに払い落として、初めて新築完成とする習わしがあり、「コケラ落とし」といえば、劇場を新築した時の披露興業を意味するようになりました。また、ヒノキで張った大変立派な舞台で演技する事から、自分の腕前を披露する晴れの舞台を「ヒノキ舞台」といいます。また、「結構」の語源は、「構えを結ぶ」ということから、家屋を構築したり、文章を組み立てたりする事を言い、建築物や文章の組立・構築が優れている時、「見事な結構」と誉め、やがて、見事、立派の意味を表すようになりました。建物に関する言葉は誰にでも馴染みがあるので、日常的に使われる言葉になっていることが多いですね。