小布施2

 私は昔から「小布施」といえば「栗」というように、長野からのお土産に小布施の「栗羊羹」とか「栗かのこ」とか「栗落雁」をよくもらいました。どうしてここに栗の木が植えられているかというと、諸説があるようです。一説には、「高井郡小布施村次第」に書かれていることによると「申伝事」として、弘法大使が諸国を巡っての途次、小布施へこられて三個の栗を蒔いたのがそもそもの始まりと伝えています。また、小布施の栗以外に栗というと丹波栗も思い出しますが、萩野常倫という人が、父祖の領地丹波国から栗を取り寄せて、松川の治水のために植えたさせたのが発祥とも伝えています。どのようないきさつかは定かではないようですが、この小布施の町おこしをするときに、この「栗」をテーマにしようと思うのは当然でしょう。
kiri.JPG
昭和61年に、この「栗」と「歴史的建造物」と「地域の特性」を活かしたまちづくりを進めていったのです。そのために重要な歴史的建造物の保存、新築建物の周辺との調和、土地は売買せず賃貸か交換することとされ、町・事業者・個人など関係者5者により協定を結び整備を行った「ユウ然楼周辺町並修景事業」は、画一的な都市再開発の手法とは異なり「小布施方式」とまで言われ全国的に高い評価を受けました。その方法は、それぞれの整備に要した経費はそれぞれの負担で行うなど、住民と町がお互いに責任を分担しあうような対等な立場で進めるやり方です。とかく、誰かに依存したり、誰かがやってくれるのを待っていたり、要求したりすることが多い中、とても参考になります。ここで決められた「小布施町うるおいのある美しいまちづくり条例」は、規制を目的としたものではなく、官・民が共に協力しあって良いまちづくりを進めることを基本理念としています。その基本理念 「外はみんなのもの、内は自分達のもの。」ということで、個人の敷地内であっても、通り沿いや通りから見える部分については公共的な空間として、周囲の景観に配慮した整備を行うこととしています。そのひとつの試みが、建造物の間の道に敷き詰められた栗の木煉瓦の散歩道「栗の小径」です。路地にいたるまで、様々にデザインされた栗の道は、歩いていても心地よく、歴史的な建造物によくマッチしています。
kirimiti.jpg
もうひとつの試みが、平成12年からスタートした「オープンガーデン」です。これは、「点」から「線」へ、「線」から「面」への取り組みでもあります。個人の庭園を一般に公開し、来訪者との交流を楽しむもので、今、参加家庭は、60軒以上にもなっているそうです。
welcome.JPG
町を歩いているときに、観光客がその参加プレートを見つけると、その庭に勝手に入っていき、もし、そこに住人がいればお茶を飲んだり話をしたりしていいそうです。私が訪れた家は誰もいませんでしたが、庭はきれいに整備されていました。この試みの後、周囲の景観との調和と美しい町並づくりのための指針「環境デザイン協力基準」を定めるとともに、「住まいづくりマニュアル」などを作成するなかで、「外はみんなのもの、内は自分たちのもの」という意識が住民の間に芽生え、住宅の配置、外観への配慮、さらには通りを行き交う人に安らぎを与える花壇や生け垣づくりなどに発展していきました。この取り組みが、昨年の土木学会のデザイン大賞を受賞しています。
obusetatemono.jpg
私が以前ブログに書いた高知の「牧野富太郎記念館」も同年大賞を受賞しています。保育園、幼稚園を含めて「オープンガーデン」のような「オープンキンダーガーデン」が取り組めたら面白いですね。