授業評定

 昨日、産経新聞で面白い記事を見つけました。面白いといっては不謹慎かと思われますが、なんだか、こういう議論は滑稽のような気がします。だからといって、結論が出ないので難しい問題ではあるのですが。こんな記事です。
「最近、校長が教員の授業の技量を評定するようになった。そこに大きな問題が生じている。授業が下手な校長はいっぱいいるからである。囲碁5段の人を3級の人が評定したらどうなるか。甲子園に出場した野球選手を、草野球の選手が評定をしたらどうなるか。デタラメな方針が幅をきかし、技量ある者がやる気を失い、学校から活力がなくなっていく。 校長が勤務状況を評定するというなら話は分かる。勤務態度の誠実さ、熱心さ、教室での実践の良しあしなら、多くの校長は正しく評定できる。だが、「授業の評定」は別なのである。私の経験では8割の校長は授業が下手だ。指導主事も同じだ。話にならないくらい授業が下手だという校長が3割はいる。しかし、授業が下手でも管理職としては立派だという校長も多くいる。話にならないくらい授業が下手な校長が指導することは、すべて「形式的」な「俗物的」な指導法である。授業を批評できるには、研究授業、公開授業を500回は経験しなくては無理だ。下手な校長は50回もやっていないだろう。それでも、職員に「授業をやってみせる」校長なら評定する資格はあると思う。「授業力の評定」は別途のシステムを作る必要がある。(TOSS(教育技術法則化運動)代表 向山洋一)」確かに、いうとおりの気がします。「自分のことを棚に上げて、よく人のことを言うなあ」と思うことがあります。また、実践もないのに、頭でっかちの評論化タイプもいます。しかし、高度の技術を持った人が、高度の評価ができるというのは少し違う気がします。よく言われる、よい選手が、よい監督に必ずしもなれるとも限らないということです。リーダーシップ論ではありませんが、校長という資質と、教員の質は違う気がします。私は、日本の学校教育のひとつの問題は、校長が基本的に全員教員上がりにあると思っています。ただ、この記事で納得の行くのは、授業の下手な校長が評価はできないという点です。だからといって、上手な校長ができるということではなく、下手な校長は、なまじっかのプライドと、変なこだわりがあるから始末に悪いのです。また、古い、間違った価値観を強く持っている可能性が強いからです。私の園が、かつて第三者評価を受けたことがありました。その中で、「家庭的な雰囲気」というところの評価が少し低かったことがありました。そのときの評価者は、かつて、公立保育園で長い間園長をしていた人でしたので、たぶん、その人なりの「家庭的」のイメージがあったのでしょう。しかし、私からすると、何が家庭的かというと少し違うような気がします。それは、だいぶ個人によって違うと思います。このような個人によってからリ違うイメージを持つようなものの言い方なり、評価項目なり、目標などにするべきではないような気がします。また、何がノーマルな家庭かというと、それもここで持つイメージが違う気がします。それには、何十年も園長をやってきたからよいわけではなく、その人がよい保育者だったからよいわけでもなく、よきリーダーと同様の資質を持っていることが重要です。広い視野と、ものを深く見る力と、新しい時代を読み取る力が必要になってくるのです。

授業評定” への6件のコメント

  1. 幼児教育の世界では、今後の日本の教育に相当貢献するに違いない方法を用いて子どもたちの「育ち」を支援している園が増えてきたような気がします。ところが「学校教育」と言われている分野においては一部従来とは異なる取り組みを展開し注目を浴びている学校がある一方、大多数は従来どおりの教育を展開しています。普通、会社でも組織でもその「長」たる人によってさまざまな業務形態が異なることがほとんどです。ところが学校というところは少し違うようです。「校長」は教育の方法や内容に口を出さないどころか、制度的にできないのだそうです。児童を巻き込む事件が発生したとして校長が「○○さんは活発で云々」ということがありますが、普段は基本的に学校生徒の名前は覚えておらず、事件が発生した後は恰も被害者児童の全てをよく知っている発言をしますが、全くの「パフォーマンス」なのだそうです。「名前は覚えて」いなくてもいいので、授業方法について「リーダー」としての見識を存分に発揮して頂きたいものです。「長」たる者の指導力なくして子どもたちの学習等に対する「意欲」は望むべくもないような現実があまりに多すぎます。なんとかしたいものだ、と思わずにはいられません。

  2. ブログを読みながら、和田中の校長のような人がどんどん出てくれたらいいのにと思いました。多くの校長が教員上がりであることで学校の制度や仕組みなどはよくわかるでしょうが、広い視野という点ではどうなんだろう?と思ってしまいます。生意気かもしれませんがそう思います。これからどんな力が必要となっていくかを見極めて時代の変化に対応していく、そんな校長が増えてくることを望みます。

  3. 文章にあるどんなに有名で選手としては一流だとしても、教えるのがうまいとは限らないというのは、スポーツ界でも聞いたことのある話です。
    その自分に費やす時間が、選手としては費やした人たちより、長かったからということでしょうか。
    校長先生の話しは納得できますね。教えるのが下手な先生にいくら方法を聞いても意味を理解したり、真似をしようとしてもできませんよね。
    そういった意味で、校長先生が先生たちの授業に対する評価できないと思いました。
    そして、個人的なイメージは、個人の先入観から入ってしまいますね。そういった形ではいると、新任の先生だったら特にやっていることを否定的に助言をし、教えてその人の将来性を潰してしまうのではないかと思いました。そして、まさに価値観などは影響力がありそうですね。

  4. 「評価」というのは難しいですね。同じ価値観を持ったような人に評価されるならその人の意見を受け入れることもできそうですが、そうではない場合は苦しいですね。自分が属する集団のリーダーから評価されない、受け入れてもらえないと分かっていても自分のいいと思うことを貫くというのはとても労力のいることで、ストレスも溜まってしまうことだと思います。だからこそ、そんな労力を避け、自然とリーダーの価値観に寄ってしまった方が楽だと半ば諦めにも似た行動に変わってしまうことも少なくないのではないでしょうか。やっぱりそれでは楽しくないですね。「評価」されてしまうとなると余計にそんな関係が強くなるようにも思います。自分の価値観を押し付ける評価ではなく、相手の価値観を「そういうやり方もあるのか」と素直に思い、自分の中に取り入れることができる人の評価ならやりがいも生まれるかもしれませんね。また「実践もないのに、頭でっかちの評論化タイプもいます」ともありました。これは気をつけなければいけません…。

  5. 評価について、「何十年も園長をやってきたからよいわけではなく、その人がよい保育者だったからよいわけでもなく、よきリーダーと同様の資質を持っていることが重要」とあるように、経験があるからとか、現場で認められたからとかで評価を決めるのではなく、資質の問題であること大きかったのですね。評価をするという資質がある人は、どんな特徴があるかなと考えた時、「多様性」を認識している人なのかなとも感じました。社会の流れを読み取り、様々な視点から物事を把握し、人々の個性を認識し、それをどう活かすかを考えられる資質が大切な気がしました。それが「広い視野と、ものを深く見る力と、新しい時代を読み取る力」でもあるということだと思いました。

  6. 評価するということの難しさを感じる内容です。
    〝高度の技術を持った人が、高度の評価ができるというのは少し違う気がします〟とありますが、スポーツの世界にはそのようなことが多々あるということを聞きます。
    保育にも同じようなことが言えるということなんですね。
    サッカー漫画で、選手としては評価されなかった人が、クラブチームの監督として花を咲かせる内容のものがあり、その人は対戦相手の研究を徹夜同然で行い、対戦相手の弱みや穴、どのようにすれば自分のチームのストロングポイントをより発揮できるのか、ということを必死に探すことを繰り返していました。
    その監督は選手からも慕われ、フロントからも信頼があり、サポーターからも愛されるような監督となっていくのですが、そのひたむきな姿勢というのをみんなが見て、尊敬しているということなんでしょう。
    一生懸命な姿勢は、見ていて力になりたくなる、もしくは、力をもらえるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です