期末試験

 今、電車に乗ると、学生たちはみんな車内で勉強をしています。ノートや参考書に赤いセルロイドを当てています。これは、答えの部分が赤い字で書かれてあって、赤いセルロイドを当てるとそこだけが消えて、問題を解いていくものです。わたしが学生のころはそんなやり方はありませんでしたので、紙で隠しながら答えていったものです。ずいぶんとハイテクになったというか、それを考えた人は、それによって特許とか取ったのでしょうか。そうであれば、ずいぶん稼ぐことでしょうね。なぜ、今そんな姿を多く見るかというと、1学期の期末テスト中だからでしょう。中間テストとか、期末テストとかいうものは、中学に入学して初めての体験です。小学校のころのテストは、いつ行われるかわかりません。私は、中学に入学して、初めのころは、中間テストというものは授業がない日というイメージしかありませんでした。ですから、その日は下敷きと筆箱しか持っていかなくてよい日というイメージでした。それも、中学生になると個人用ロッカーがあったので、そこに下敷き、筆箱を入れておけば、手ぶらで登校できると喜んだものでした。ですから、試験と試験の間の休み時間は、いつものとおり外で思い切り遊べると思って、遊んだものでした。休み時間には、次の試験の勉強をするもので、そのために試験期間中はいつもより多くの参考書とか、ノートや辞書を持っていくものだと知ったのは、ずいぶん経って、成績が落ち始めてから知りました。しかも、先生から、休み時間まで時間を惜しんで勉強するものだと注意をされて気がついたのです。私は、そんな間際に少しくらい勉強しても大して意味がないと思っていましたから、先生から注意されても、見つからないように屋上で遊んでいました。ずいぶんとのんきな話です。あるとき、夢中で遊んでいて、気がついたら試験時間が半分以上も過ぎていたことがありました。急いで教室に戻って、試験を受けようとしたら、思い切り遊んでいたので汗が流れて仕方ありません。すると、試験の監督に来ていた先生が、「そんなに汗が出ていては試験なんか受けられないだろう。流しに行って、顔でも洗ってきなさい!」といわれて、顔を洗いにいきました。ですから、その試験は終わりの10分くらいしかありませんでした。なんともそのころの先生は、おおらかなものです。私もそれほど気になりませんでした。それは、わからないものはどんなに考えたってわからないし、わかるものは、時間が少なくても答えを書けるからです。ちなみに、その科目は「音楽」でした。そのころの音楽は、楽譜に階名を書くとか、移調、転調をするというものでしたので、ピアノを習っていた私にはどうということはなく、また、知らないものはどんなに考えてもわかるわけはなかったのです。しかし、そのころの音楽のテストは、将来意味がないと思われて、その後なくなりましたが、逆に楽譜が読めることは、今とても役に立っています。それよりも、今日の車内で覗き込んでみた難しそうな問題のほうが役に立ちそうもない気がします。そんなことを考えると、中間、期末試験の問題は、将来必要な力を試しているのでしょうか。あんなに悩ませながら必死に覚えさせていることが、どれほど将来役に立つのでしょうか。必死に参考書を見ている学生が、通路をふさぎ、周りの人に迷惑をかけていることを知るほうが、よほど意味があると思うのですが。親の中には、どうも、そんな気遣いのほうが、将来役に立たないと思っている人が多いのでしょうね。