「子曰く、学びて時にこれを習う。また説(よろこ)ばしからずや。朋遠方より来たるあり。また楽しからずや。人知らずして憤らず。また君子ならずや。」今日は、「学びて時にこれを習う。また説ばしからずや。朋遠方に在り。また楽しからずや。人知らずして憤らず。また君子ならずや。」という心境の長崎でした。私なりの解釈はこうなります。「人の人たる道を学び、いろいろな時と場で実践をしていく。そして、自己の理解程度や実際の実践をしてその効果を知ることで喜びを感じます。また、それを共有する友が現れ、そんな友が遠方にもいて、交流が始まるのもとてもうれしいことです。その友と会って、また共に切磋琢磨できます。そのようにともに学んでいくと、例え世の中に広く知れ渡らなくても、なかなか自分の考えを理解してもらえなくとも、何も嘆くことはないのです。名が広がるよりも自分の道を貫いていくことこそ立派な君子なのです。」長崎大会に出席して、そんな思いを強くしました。もとの文は、論語の最初にある学而篇の最初に出てきます。この「朋」という字は、もともと数個の貝をひもでつらぬいて二すじ並べたさまを描いたものです。それが、同等のものが並んだ意を含み、のち肩を並べたとものことを指すようになります。ですから、今日のともは、「友」というより「朋」という字を当てたほうがいい気がします。それは、同じ理念を持った仲間ということだからです。「朋」には次のような意味があります。ひとつは、この学而篇にあるような「対等の姿で肩を並べたともだち」という意味です。二つ目は、「朋党」とか使うように「なかま。いっしょに組んだなかま。」という意味です。ですから、今日、長崎で、オフ会が開催され、そこで会ったともは、「朋」なのです。
ofukai.jpg
 私は今、保育の理念を同じくする仲間とメーリングリストの中で、意見交換をしています。以前のブログで書いたように、「オフ会」とは、「off-line meeting」ということで、パソコン通信やインターネット上で活動するグループに所属するメンバーや、ネットワーク上の特定の掲示板・チャットなどによく出入りする人々が、実際に集まって行なう会合のことをいいます。ネットワーク上、すなわち「オンライン」に対し、現実世界を「オフライン」としてこのような呼び方がされています。ネットワーク上で名前を知り、その考えを知ることによって、まだ直接に出会ったことがないお互いでも、親しい知り合いのような気になります。ですから、実際に顔を合わせると、イメージ通りの人、イメージと違う人とさまざまな印象を受けますが、それでも、すぐに親しくなります。実際には面識がなくても、ネットで事前に色々と情報のやり取りをしているため、打ち解けやすいのです。このオフ会は、「オフミ」とか、「オフ」等と略されることもあります。今日は、30人以上も集まりました。会食しながらメンバー共通の保育に関する話題で盛り上がりました。大会自体は、さまざまな考え方の人が集まり、必ずしも自分の考えを主張することは出来ません。というのも、意見が違うとか、考え方が違うとか、そういう人と意見交換することは意味がないということではなく、もっと基本的なことに共通認識がないと、違う意見でもかみ合わないということです。やはり、議論をするとか、意見交換をするとか、提案をするとか、その意見が参考になったりするのは、その基本のところが同じでないと難しいことです。オフ会では、あらためて、朋がさまざまな地にいることを知って、大きな喜びでした。