情緒の安定と自立

 今日は、以前のブログで紹介した「父親保育の日」でした。それぞれの日案に沿って保育が行われました。毎年思うことが、父親のパワーがすごいと思う以上に、子どもたちがすごいと思います。0歳児は、いつも接したことのない父親に抱かれて、安心して眠ります。
titioya.jpg
そのときに思うのは、担当制という「子どもと接する人が代わると子どもは情緒が安定しない」という考え方です。この日に父親たちに抱かれる子どもたちを見ていると、ある日に誰に抱かれたかが情緒を安定させるのではなく、普段、十分と大人から受容され、かかわりを持つことで、大人への信頼感が生まれます。しかし、当然、母親と違うことはわかっています。しかし、その好きな母親が安心して自分を託す人には、子どもも安心して身を託すようになります。母親が、不安を持ったり、不信感を持ったりすると、子どもにそれが伝わります。また、保育者と関わる中で、子どもが自分の存在を受け入れてもらっていないと感じると、泣いたり、情緒が安定しません。愛着関係とは、子どもを抱くことではなく、子どもが抱っこから降りて、信頼できる人から見守られている中で、一人で遊びに夢中になることが出来る情緒のことなのです。
 先日、オランダ教育研究者の「リヒテルズ直子」さんから、「うちの子の幸せ論」という本をいただきました。サブタイトルとしては、「個性と可能性の見つけ方、伸ばし方」というもので、6名からのインタビューによるメッセージで構成されています。6名の方は、「教育評論家 尾木直樹」さん、「NPO法人東京シューレ理事長 奥地圭子」さん、「白梅学園大学教授 汐見稔幸」さん、「学校法人シュタイナー学園校長 秦理絵子」さん、「青山学院大学教授・小児精神科医 古荘純一」さんと、リヒテルズさんです。その中で、リヒテルズさんは、オランダの子育てを紹介しています。「彼らに共通していえることは、子どもが考えるよりも先に、親が先回りして手を出すようなことはあまりしない、ということです。」こうとも言っています。「オランダの親たちは、子どもが自分でしたいことを選んだり、それを自分で考えて言葉にするのを待っている、という感じがします。とても小さいころから、子どもに選択肢を与えているし、子どもが自分の言葉で答えなければいけないような会話の機会を努めて作っているように思います。」これは、すでに子どもが2歳児ころから始めます。このような関わり方は、オランダだけでなく、私が毎年行っているドイツでもそうですし、すべてのヨーロッパや英語圏での課題でもあるのです。いわゆる「子どもの幸せは“自立”から」というものです。リヒテルズさんは、日本にいたときを振り返ります。「自分勝手に“これは子どもにとってためになることなのだから”と一方的に思い込んで子どもに押し付けることが多かったのではないか、とよく思います。」だからといって、子どもを放っておくのと違います。「小学校高学年くらいの、すっかり大きくなった男の子でも、何か悲しかったりつらかったりして母親のところに寄ってくると、母親は他人が見ているものお構い無しに、ひざに乗せてしっかり抱擁してやります。」いつでも受容され、自分の存在を認めてもらえているという確信が、自立を促していくのです。「人間の幸せとは何でしょうか。自分が自分で本当に好きだと感じられることを見つけて、それでもって世の中で自立して生きていけることではないでしょうか。」こう言っているリヒテルズさんが、明後日私の園に来ます。