暴力

 最近の子どもは、よく戦いごっこという遊びをします。広告の紙で剣を作り、それで人をつついたりします。また、ヒーローの真似をして人に対してキックをしたり、パンチをしたりします。そこから「喧嘩」に発展してしまうこともあります。もちろん、この多くは、テレビやゲームが影響しています。保育者や親は、それはよくないことだと知りながら仕方ないと思っていることのほうが多い気がします。私はそのことに関して、日本は少し甘い気がします。ある園で、外国からの見学者を受け入れているとき、子どもがブロックでピストルを作って遊んでいるときにとても強く注意をしたそうです。そして、「日本の保育者は、なぜそれを止めないのですか?」と詰問されたそうです。外国では、戦いごっこどころか、遊びの中で武器をつくることをさせません。同時に、テレビでも、暴力シーンは子どもの目に触れないようにします。なぜならば、テレビと暴力の関係については、子どもが暴力シーンを見ると影響を受けて暴力的になるという「社会的学習説」が主流になっているからです。テレビゲームも同様です。坂元さんらが2001年に小学生を対象に行った調査では、かっこいい主人公が戦うゲームでよく遊んでいた子どもは、攻撃性が高まる傾向が表れたそうです。「ゲームは自分が主人公となって戦う場合が多く、影響はテレビより強くなることも考えられる。」と言っています。しかし、ただ、暴力がいけないのではなく、ある条件があるようです。それは「暴力が肯定的に描かれている」「暴力を振るう人が魅力的に描かれている」などです。主人公がかっこよく暴力で敵をやっつけた映画を見た人たちが映画館から出てくる姿を見ると、ほとんどの人が肩をいからせて出てくるのに似ています。一時、「バトルロワイヤル」という映画が、成人指定かどうか話題になったことがありました。この映画を見て、暴力はよくないと感じる人は多いでしょう。しかし、何割かは心の暴力性が引きだされてしまう人がいるそうです。日本の成人映画といえば、なんとなくポルノとか性描写とか、裸というイメージがありますが、外国では、暴力が成人映画というイメージがします。そうは言っても、日本では、テレビを子どもと見ていると、暴力シーンが出てくることがあります。そんなときは急いで消したりするとそれも変ですね。そういう時は、そばで見ている大人が、暴力へ嫌悪感を示すと、影響が減るなどの研究結果もあります。これはテレビだけではありません。よく、質問で、「子どもが戦いごっこをしたり、武器を作って遊ぼうとしたときにはどうしたらいいですか?」と聞かれることがあります。そのときにむきになって止めたりすると、子どもは余計に面白がってやることがあります。私は、こう答えます。「そんなときには、先生はとても悲しい顔をしてください。」子どもは、大好きな先生を悲しませることは心が痛みます。または、「いやな顔をしてください。」と言うこともあります。ことの善悪はまだ子どもはよくわかっていません。その判断を、大人の顔色を見てしていくのです。内心、悪いことだと薄々感じている事柄は、少しやってから大人の様子を見ます。その顔つきなどでそのことがよくないことかいいことかを判断します。今の子たちを嘆く前に、自分の行動を見直さなければなりません。大人の行動を子どもたちはじっと見ているのです。真似る(まねる)ことが学ぶ(まなぶ)ことですから。