適正

一昨年、園を新設するに当たって、入札の難しさを感じました。当然工事会社は入札ですが、よく、自治体では設計事務所も入札するようにという指導があることがあります。入札は、価格的に安いところを選ぶために競争させることです。しかし、設計はまず、建物をどのようなコンセプトで設計するのか、デザインはどのようなものにするのか等は設計士の個人的感覚の問題です。いわば、一種の芸術でもあるので、価格では評価できません。決まった設計図をどのくらいの費用で書くことができるかを競うことはできるのですが、費用を安くするためにただの真四角で、中には何もおかない設計をして、一番安いからとそれに決めることはできないのです。そこで、当然自分と同じ考え方を持った設計士とか、価格競争ではなく、コンぺティションとかいわれるような競争とか、プロポーザルといって提案してもらうことをするとかして、違う形で選ぶ方法がいいのでしょう。そして、設計が決まれば、その設計どおりの建物をいくらの費用で建築することができるかを競争させるのが入札です。私の園の入札をしてもらうに当たって、本来一般入札が好ましいのでしょうが、単純に安いところに決めるとなると考えてしまいます。それは、当然安いに越したことはないのですが、あまりに安いと本当かなあと疑ってしまいます。たとえば、構造疑惑ではありませんが、安くするために目に見えないところで手抜きをするとか、何本か鉄筋を抜くとかされてもわかりません。また、実績のない業者も支援したいとは思うのですが、たとえば、コンクリートをきちんと打てないとか、溶接がきちんとできないとかあってもわかりません。ですから、どうしても事前に入札希望業者に、実績とか、会社の規模などを提出してもらって、その中で検討し、入札業者を決める指名入札になってしまうのです。かつて、港区の保育園建設のプロポーザル選定委員長をやったことがあるのですが、この時にも実績評価について考えてしまいました。実績があるというと、どうしても大企業が有利になってしまい、たとえば新人の若い設計士の発掘をすることはできなくなるのです。価格にしても、今はただ安いのを選ぶのではなく、正当な価格をこちらで試算をし、その価格に一番近い業者を選ぶやり方が多くなっています。
 このやり方は、子どもが小さかったころによく家族で参加していた「ウォークラリー」のルールに似ています。このゲームは、各グループが事前に渡されるコース図に従って進み、途中で与えられる課題を解決しながら設定された一定の時間で歩き、目的地を目指すものです。勝敗はタイム得点と課題得点の合計で決まりますが、設定時間より早く着きすぎても減点となるので急いで進む必要はありません。設定時間は、歩く速さをもとに課題解決の時間を加味して事前に設定されています。このため、オリエンテーリングのタイムレースと違ってただ速ければいいのではなく、どのくらいの時間に設定されているかも考えながら歩くのです。また、途中に「C.P.」(Check Point の略記)があり、そこにある課題は、その場所へ行くまで判らないよう設定され、自然、文化財などを対象とした題材にすることが多く、簡単なゲームを行うといった課題もあります。また、周囲の様子を観察する場所の観察ゾーンがあり、そこでの課題は、後のチェックポイントやゴール後に与えられます。自然や文化を観察しながら歩くためには、適正な時間があるのです。