休日

 明日から、ゴールデンウィークが始まります。各地では、いろいろなイベントが計画されています。また、美術館、博物館、動物園、遊園地など子どもたちが喜びそうな企画がたくさんあります。子どもたちはどこに連れて行ってもらえるでしょうか。数日もあるゴールデンウィークの中で、何日連れて行ってもらえるでしょうか。どのくらいお金がかかるでしょうか。また、さぞかし人気のある場所は混んでいて、親は疲れるでしょうね。このような休日は、意図したこととずいぶん違ってきています。その中の代表が学校の「週休二日」と、「ハッピーマンデー」と呼ばれる日です。学校の土曜日休日は、かなり最近いろいろなところで論議されていますが、それ以上に問題にして欲しいのが「ハッピーマンデー」です。この休日は、週休2日制が定着した今日、月曜日を休日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休にし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定されています。平成10年に成人の日及び体育の日が、平成13年に海の日及び敬老の日がそれぞれ月曜日に移動しました。そのときの理由を見ると、例えば、「敬老の日」は、連休化することで、地域のお年より交流する機会が増えたり、故郷の両親を訪ねやすくなることが期待できるように、祝日の意義が、社会により広く浸透するのではないかと説明しています。日本中で、3連休になったので、故郷の両親を訪ねる人が何人いるのでしょうか。また、「余暇活動の機会が増えるとともに、新しい生活スタイルの実現がより容易となり、心身のリフレッシュ、自己実現、生活の楽しさ、豊かさを増すことにつながります。」とありますが、どうも、疲れきってしまうほうが多いような気がします。しかし、それ以上に大きな問題があります。どうも「ハッピー」でない月曜日が増えてきています。まず、休みの日は、子どもたちはそれぞれの家庭の責任ですごします。ということは、どこに行くかにしても、なにをするかにしても、それぞれの家庭によるので、非常な格差を生んでいるということです。これは、週休二日になったときの問題と同じです。しかし、月曜日にはそれにも増して問題があります。月曜日は、学校では、行事の関係で日曜日に出校日や休日出勤だった場合は、振替休業となります。最近、運動会、文化祭、父母参観などで土曜日が使われることが多くなりました。この土曜日の「振替」として区内の公立小中学校では月曜日に代休が割り当てられることが多いのです。しかし、ハッピーマンデーと違って、専業主婦の場合はまだいいのですが、その日は、両親の職場は休みではありません。そこで、子どもたちはどこかに連れて行ってもらえるわけでもなく、町の中をうろうろするのです。この状態を「マンデーチルドレン」といいます。区内の大型スーパーマーケットでは、午前中から子どもたちが遊んでいる姿を良く見かけるようです。最近、この月曜日に対して新しい問題がわかりました。この振り替え休日を使って、普段は、みんなが休日の日では混んでしまうような施設に子どもを連れて行ってあげようと思うと、ほとんどの施設が、月曜日休みなのです。博物館も、美術館も、動物園も、みんな月曜日休みです。これでは、「ハッピーマンデー」どころか、「ブラックマンデー」(ニューヨーク株式相場が大暴落した1987年10月19日は月曜日であったので、こう呼ばれている)とか、「ブルーマンデー」(月曜の朝に現れる憂鬱から身心に不調が現れるトラブルをブルーマンデー症候群と呼ぶ)になってしまいそうです。

休日” への6件のコメント

  1. 長崎での研修、お疲れ様でした。とても充実した時間が過ごせたと共に、新たな課題も見つけられ、また、勇気づけられもしました。
    ありがとうございました。
    お休みをどうやって過ごすかは人によって様々でしょうが、私はとにかく何をするにも家族で楽しむようにしています。同時に休みの日の使い方を自分で考え有意義に過ごせるように、間接的に我が子に伝えられるように心がけています。
    小学校に上がったら土曜日が休みになりますが私達両親も祖父母も仕事です。果たして我が子は、どんな休日の過ごし方をするのでしょうか?このまま行くと、家の中で、ずっと絵を描いたり本を読んだりしそうです。よく言えば、しっかり自分を持っている子(意固地で頑固で理屈っぽいとも言いますが…)ですから。誰に似たんでしょうねぇ…?
    とにかく自分の時間を有意義に使ってほしいと思います。親の理想通りにはいきませんけどね…。ゴールデンウイークには、イチゴ狩りと水族館と主人の実家に行く予定です。地域で小さなお祭りもあるので、それにも行くつもりです。あと2日は、ダラダラゴロゴロデー、にしたいところですが、掃除デーになりそうです。
    ちなみに今日は久々、携帯からコメント投稿してみました

  2. 保育園で過ごしている間は煩雑な時になって、結果的に訳が解らぬまま「多忙」という言葉を使ってます。
    第三者から見れば、何もしていない様に写るでしょう。
    長崎県での研修は有意義なものでした。見守る保育研究会に参加して、藤森先生をはじめ沢山の皆様からスーパービジョンを受けることは、視界が広がって精神的には楽になりました。
    そう言ったことから思えば、私にとっては今回の研修会が”休日”だったのかもしれません。
    黄金週間は出勤して決算処理と自宅の大掃除を毎年行っています。ブルーマンデーって感覚が理解できないまま普段の月曜日を迎えているようです。

  3. 「余暇活動の機会が増えるとともに、新しい生活スタイルの実現がより容易となり・・・」とありますが、藤森先生の言われるように逆のケースが多いように思います。自分自身どのように休みをとればいいのか掴めていません。休みと仕事のバランスがうまくいってない感じです。「祝日に必要以上に気持ちを振り回されないように、自分のペースで楽しみたい」などと考えすぎて早速疲れてきました。いい休みを過ごせるようになりたいものです。

  4. 学校行事を土日の休日に行ったためにその代替を月曜日にもってくることによる弊害を今日のブログから知ることができました。それにしても月曜日マンデーにも様々な形容がつくのですね。日曜日に祝祭日があたって、そのために翌月曜日を「ハッピーマンデー」というのですね。知りませんでした。さらに「マンデーチルドレン」も初耳。臥竜塾ブログは知識の宝庫です。それはともかく。幼稚園は月曜日を振替休日にできますが、保育園はそうはいきません。これも考えてみるとおかしな話です。マンデーチルドレン現象を知るにつけ、学校や幼稚園が月曜日を振替休日にすることは再考の余地あり、です。月曜日を休みにしなくてもよい行事を土日にすればよいでしょう。月曜日が休みになることによって、実は親も子も困ったことになっています。誰のための「月曜振替休日」なのでしょう。さて、いろいろなマンデーを紹介して頂きましたが、ひとつプレゼントします。それは「レイニーマンデー」です。4月はなんだか月曜日がほとんど雨か曇りだったような気がします。月曜日が雨降りだったりすると、always get me downですね。連休明け7日月曜日はすっきりと五月晴れ、といってほしいものです。

  5. マンデーチルドレンは初めて聞きました。休みの日の過ごし方は家庭によって非情な格差を生んでいるというのは分かります。私自身はどこかへ連れていってもらうということはあまりありませんでしたが、それなりに楽しい休みは過ごしていました。それは周りに友だちがいたことが大きいと思います。いつも友だちと遊ぶことができていました。その当時は釣りにはまっていたので、釣り場まで友だちの親御さんが連れていってくれることもありました。地方と都会では休みの日の子どもたちの違いはありますね。どちらが悪くて、どちらが良いではなく、子どもたちがどんなふうに休日を過ごしているのかはもう少し意識したいなと思います。ブラックマンデーではありませんが、桑田佳祐さんの歌で「BLUE MONDAY」という曲があり、よく聞いていました。月曜からの仕事を前向きにスタートできるような気持ちを多くの人が持てるような社会になればいいなと思います。

  6. 個人的にも、「ハッピーマンデー」よりも、週の真ん中くらいにある休日の方が好きです。確かに、3連休となると遠方への旅行などはしやすいかと思うのですが、大きな疲れや生活リズムの乱れによって、次の日からが過ごしにくい連日となってしまいがちであると感じています。その点、週の間にある休日というのは、仕事に活かせる休日となる傾向が強いと感じています。また、疲れも残りにくく、2日働けば休日となるといった心理から、自然とやる気みたいものがみなぎってきたりもします。「ハッピーマンデー」が「ブラックマンデー」でなっているという現状から、よい休日の在り方を見直す機会になっているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です