早期教育

 中国、韓国などでの過熱した早期養育、幼児教育を見るにつけて、ではどうあるべきかを考えてしまいます。たとえば、よく言われるように、「字を覚えるのは小学校に入学してからで大丈夫なので、それまでは、勉強などせずに、元気に遊んでいればよい」ということがあります。しかし、この言い方は少し違っている気がします。まず、「勉強」と「遊び」を並列して考えている点です。同じような考え方に、「勉強の時間」と「遊びの時間」と分けて考えることです。それは、勉強を教科として捉える場合はそういうこともありえるでしょう。また、勉強を「勉めることを強いる」とすればそういう分け方はあるかもしれません。しかし、勉強を「学び」としたときは、その考え方はおかしくなります。しかも、生きていく知恵を学びことが中心である幼児期では、遊びの時間=勉強の時間であり、生活の時間=勉強に時間になるのです。ですから、最初の文の「勉強などせずに、遊んでいればいい」ではなく、「遊んでいることから幼児は勉強をしている」ことになるのです。また、字を覚えるのは小学校に行ってからというのも、少しおかしいと思います。小学校では、まず、ひらがなを50音、濁点半濁点を入れると6?70字ほどあります。カタカナを入れるとその2倍、その上漢字を80字あまり。全部で、200文字以上覚えるのです。大体学校へは、年間200日通学します。その中で国語の授業となると何日あるでしょうか。そうでなくとも、子どもたちは、ほぼ毎日1文字ずつ覚えていくことになります。もし、私たちが、毎日1文字ずつアラビア語を覚えなさいとか、ハングル文字を覚えなさいといわれても無理のような気がします。それを、あの小さな1年生が成し遂げているのです。どうしてでしょう。それは、身の回りに文字がたくさんあり、文字に触れるのは、何も授業中だけ、国語の時間だけではないからです。テレビを見ても、町を歩いていても、電車に乗るときも、小さいうちから文字と触れ合っているからです。もし、一部屋の中だけで育てられているとしたら、いくら机に向かわされて、毎日覚えることを強いられても覚えられるものではありません。しかも、覚えなければならないものは、ほかにもたくさんあるのです。これだけを見ても、幼児にとっての勉強は、ある時間内だけのものではありませんし、教わることだけでもないのです。しかし、いくら遊びが大切であり、遊ぶことから学ぶといっても、たとえば、毎日テレビゲームで遊んでいるだけで学びがあるのでしょうか。ただ、走り回っているだけで学びがあるのでしょうか。それも違います。さまざまな経験が、さまざまな学びを支えているのです。生きていくということは、総合的な営みです。ですから、小学校で「総合的学習」の時間を創設したのでしょう。しかし、教科として総合的学習を位置づけてしまうと、「飛騨地方」がどこにあるかを考えないで、「さるぼぼ」がどんなものであるかだけを覚えることになってしまうのです。飛騨地方に伝わる伝説の人形の「さるぼぼ」から、その地方の歴史を知り、その背景の日本の歴史を調べ、その地方の地理的条件から、日本の地理に興味を持ち、地域ごとに伝わる文化から、自分の住んでいる地域の文化を大切にし、昔の人の暮らしを知ることによって、これからの生きていく知恵を学んでいくというようにどんどん興味関心が広がり、学ぶ意欲がわいてきてこそ、「総合的な学び」といえるのでしょう。今日から長崎で行われている研修の今年のテーマは、そんなことです。