マラソン

 今年、2月18日に、冷たい雨と強風が吹く中、東京マラソンが開催されました。このイベントについては賛否両論ありますが、おおむね好評で、その成功が、石原さんが都知事に再選された一因ではないかとも言われています。その東京マラソンには、「車椅子の部」があるのですが、一般的なメディアでは、あまり話題になりませんでした。そのレースで優勝したのは、副島正純さんでした。彼は、家事手伝い中の事故により脊髄を損傷して車いす生活となりますが、翌年から車いすマラソンを始めています。その彼は、さまざまな大会で優秀な成績を上げていますが、今月16日に、快挙を成し遂げました。それは、米マサチューセッツ州ボストンで行われた、111回目を迎えた伝統のボストン・マラソンにおいて、車いすの部で優勝したのです。今年は、激しい風雨に見舞われた伝統のマラソンでしたが、副島さんは「こういうレースのほうが僕にはチャンスがある」と、優勝した東京マラソンと同じ悪天候を味方に付けたのです。体重差が下りのスピードに影響するため、欧米人との体重差を補うために坂道でも休まずこぎ続け、スピード練習を積み、時速にして4キロ増のペースで30分間走り続けるようになったそうです。また、この優勝が日本の人々を驚かせたのは、車いすの部では男女とも日本勢が制覇したからです。女子の土田さんは、アテネ・パラリンピックの陸上五千メートル金メダリストでしたが、出産のため昨年は競技から遠ざかっており、今回が復帰戦でした。彼女は、子育てに忙しい中、周囲のサポートを受けて石垣島で1か月半のキャンプを張り、トレーニングを積んだそうです。
 ボストン・マラソンではありませんが、昨日の読売新聞の日曜版の「人」の欄に「ゆっくりでいいじゃないか」ということで、エコマラソンの西一(にしはじめ)さんが紹介されていました。エコマラソンというのは、「競い合うのではなく、集い触れ合うことを楽しみ、自然を征服するのではなく、自然との調和を大切にし、独占するのではなく、分かち合いつつ、物質にとらわれず、質素を旨とする生き方」です。その目指すものは、「だれもが平等な機会と尊厳を持ち、十分な食物を得られ、心の安らぎと自然への感謝の念を持って暮らし、互いにビザもいらず国境もない、かけがえのない地球に全ての生命体が共生可能な平和調和社会の実現」です。彼が環境に配慮したマラソンを、エコロジーとの造語で「エコマラソン」と名づけ、エコマラソン・インターナショナルを創立したのは、奥さんの死がきっかけだったようです。30代で始めたビデオの輸入販売で大成功を収めます。そして日米を往復し、休日なしで連日18時間働き、貯金は億になっていきました。そんなころ、3人の幼い子どもを残して、奥さんは亡くなります。その寂しさから、空虚な日々を送る中、ホノルルマラソンで走り、充実感を味わい、立ち直ります。そして、「ただ生きるのではなく、自然と調和した生き方を心がけ、速さにこだわるのではなく、その生き方を始めること」が重要なのだと訴え続けることになるのです。人生は、マラソンです。子どもたちは、まだ、その長い道のりを前にスタートを切ったばかりです。それなのに、少しでも速く走ること、もうすでにそのマラソンに優勝することが期待されます。途中の道端で、花を見る余裕も、遠くの山を眺める余裕もなく、ひたすら前を向いて走らされる子どもたちが多い気がします。