地域に溶け込む

 国立新美術館の設計は、六本木という町の中の建物という感じがします。そのように、建物は、その地域の町、自然、気候にマッチしたものでなければなりません。また、そこで暮らす人々の生活にマッチしたものでなければなりません。また、新しい時代、生き方を提案するものでなければなりません。各地には、それぞれ県立美術館をはじめとして、さまざまな美術館があります。県立美術館は、どの地域も、その存在を誇示するかのように立派なものが多くあります。それに比べて、ある作家の作品を集めたり、個人の所蔵作品を展示したりする美術館は、とても個性的なものが多くあります。また、海や山の囲まれた美術館には、自然を取り入れたものも多くあります。私が昨年訪れた美術館にもそんな建物がありました。その中で、印象に残っている美術館を紹介します。
 瀬戸大橋の懐にある「東山魁夷せとうち美術館」(香川県)この喫茶ルームからは、前面のガラスごしに瀬戸内海が広がり、そこには、大きく瀬戸大橋がかかっています。瀬戸内海の青と、東山の青を基調とした絵画がとてもマッチしています。
kagawahigasiyama.JPG
 館内から見える風景「絵本の森美術館」(軽井沢)軽井沢は、個人美術館のメッカ。それぞれにいろいろな工夫が見えます。その建物は、外観だけでなく、室内も、窓から見える景色も、美術館にいるという気持ちよりも、軽井沢らしく、別荘にいる気分にさせます。
karuizawa.JPG
 津和野の町並みに合った漆喰の白壁に瓦を葺いた酒蔵のような外観の「安野光雅美術館」津和野は、町全体がひとつのコンセプトで統一されています。その町並みに違和感なく建っている美術館です。
anno1.JPG
 原生林の残る大自然の中にある「ウッドワン美術館」(広島県)ここを訪れたときは、秋真っ盛りで山は燃えるような赤に染まり、それを強調するかのように夕日の赤で山が照り映えています。
simane.JPG
 こんな地域の溶け込んだ美術館を思い出したのは、昨日、散歩していて、地域に溶け込んだ建物を見つけたからです。この建物は、私からすると意表をついたのです。それは、武道館近くにある「築土神社」です。
tukido.JPG
 入口の鳥居とビルのマッチング感と、ビルの上にそびえる剣の意味深さ、そして参道とビル下のコンクリートの一体感、その先に鎮座する社殿と隣接するビル壁、上を覗けば意外と開けている空間。ビルとマッチした社務所を含むビル全体の外観は壮麗で、非常に神威的な空間が巧みに織り込まれたこの神社は、1995年に千代田区の都市景観賞を受賞しています。このビルは、地上8階地下1階で、ビル名は、「アイレックスビル」といいます。アイレックスとは「モチの木」を意味し、かつての鎮座地であった田安のモチの木坂に因むといいます。参道入口の鳥居の左脇には、当社の神木としてモチの木を植栽されています。築土神社は、まさに神社信仰に都心部環境を同居化させた神社で、これほどの地域に溶け込み、近代的なバランス感は、不思議な癒しを与えます。
 それにしても、小中学校は、全国どこにいっても多くは同じ形なのでしょうね。もしかしたら、学校建築は、最も遅れている建築かもしれません。また、将来を担う子どもたちが過ごす場所であるのに、その入れ物は軽視されている気がします。