新聞記事

 毎日の新聞には、さまざまな情報が満ち溢れています。時には、その情報が偏った見方をしていたり、一部しか伝えていないこともあるので気をつけなければなりませんが、それが正しいのかどうかですら確かめようがありません。事実を伝えてはいても、当然それを取材する記者の目を通して伝わりますので、その解釈はさまざまになることがあります。昨日、宮崎県の東国原英夫知事は定例記者会見で、「定例会見って必要ですかね。特筆すべき発表がない時は、会見を開かなくてもいいのではないか」と述べ、記者会見の定例実施に疑問を呈しました。他の都道府県知事は全員、定例記者会見を開いていますので、その発言に対し、記者側が「発表がなくても、知事の今の考えを確認する場は必要だ」と指摘したところ、知事は「統一地方選や米軍再編についても、ずっとしゃべっている。今さら何を聞きたいのかな」と反論。「内容を2ページぐらい割いて(新聞に)載せてくれますか」などとまくし立てました。まあ、情報公開ということもあり、当然、公務内容は、何を伝えるべきかどうかは自分が決めるだけでなく、公的行動と認識するべきだとは思いますが、発言内容を、言った本意と違うように伝えられるのに対しての危険も感じているのでしょう。そんな報道の中で、事実を伝えるというだけでなく、さまざまな人の意見や考えが掲載されることもあります。それが、違う分野の人や、違う論点でもずいぶんと参考になることが多くあります。3,4月の新聞から、印象に残った記事を見直してみてください。その部分を抜き出してみると、意外に参考になります。「結婚は他人と共生する高い能力を必要とします。でもピュアな自分らしさや自己実現を追いかけ、自分のペースで生きたい人は他者を生活圏に受け入れにくい。そう、子どもと同じですね。」(神戸女学院大教授 内田 樹氏)彼は、都会的な消費生活の中で他者と共生する能力を失っていったと指摘しています。それが原因で、結婚できない人が増えているのではないかといっています。そして、結婚とは「横にいつもいて、相手の話をうなずいて聞く。そして相手が自分を発見していくプロセスをリアルタイムで見守る証人になる。そういう共同作業なんです。」と語っています。この他者を受け入れるという、他と共生するという能力は、結婚という形態をとるときだけでなく、園の保護者を見ると、欠けている人が増えている気がします。自分の価値観だけから物事を見ようとする人が多い気がします。違う記事で、東京大学助教授の本田由紀さんはこう言っています。「教師や親たちは、自分たちの古い経験に基づく、「こうしておけば大丈夫なはずだ」という考えに、あなたを合わせようとするでしょう。」あなたのためだからと思わされて、疑問を持つことも許されず、言うとおりにしてきた結果、「いざ学校を離れる段階になったとき、突然「お前は何がやりたいのだ」という問いが、ぎりぎりと投げかけられるでしょう。それまでの「言うことに従え」というメッセージが、一転して「自分で決めろ」に変わるのです。そしてあなたが戸惑ってしまったら、「お前には人間力が欠けている」という非難が浴びせられます。失敗は、あなたの「意欲」や「コミュニケーション能力」が足りなかったせいにされるのです。」小さいうちから、自分の考えを言うことを制止され、伝える前に叶い、すべて与えられて育てられた結果、そういう力が育っていないのは、決して若者のせいではなく、育てられ方の結果です。快と不快のブログを思い起こさせる記事ですね。