秋葉原

 「通勤」のブログで書きましたが、私は、中学校への通学ルートは、浅草橋駅から秋葉原駅乗換え神田駅まで行っていました。ですから、秋葉原という場所はとてもなじみのある場所です。しかし、この駅ほど、昔のイメージと変わってしまったところはないくらいです。私が小中学生だったころの秋葉原は、電気関係のさまざまなパーツを売っている小さな店が所狭しと並んでいました。それは、終戦直後、近くに位置する電機工業専門学校(現東京電機大学)の学生が、ラジオの組み立て販売のアルバイトを大ヒットさせ、部品を供給する電器関係の露天商がそこに集中したからです。そして、戦後GHQが道路の拡幅整備のために露店撤廃令を施行したために、この闇市は廃止されようとしましたが、東京都と国鉄が救済措置として秋葉原駅のガード下に代替地を提供し、そこへ店を集めたのです。それが、私が訪れた電気街だったのです。もうひとつ、秋葉原に多くの電器商が集まってきたのには理由があります。戦前から店を構えていた廣瀬商会が総合問屋として、地方にネットワークを持っており、地方から仕入れに来る小売業、総合卸、二次卸し店で店がにぎわったために、秋葉原は安いという評判が広まったからです。また、「国鉄」だけではなく「都電」を利用するにも、秋葉原は非常に便がよかったのです。そして、電気店にとって、大きなな転機が二つ来ます。ひとつは、昭和26年の民放ラジオ局放送開始です。もうひとつは、昭和28年の「家電元年」ともいわれる「テレビ放送の開始」です。ちょうど朝鮮動乱の特需での好景気と相まって、現在、電気店として有名な店舗が続々できてきたのです。「電気のことなら石丸電気、石丸電気は秋葉原」の石丸電気は戦前から店を構えていましたし、「電器いろいろ秋葉原、オノデン」のオノデンは、昭和23年に店舗を構えています。昭和30年代前半では、「三種の神器」といわれた家電がありました。それは、「白黒テレビ」「電気冷蔵庫」「電気洗濯機」です。同時に「ラジオ」や「扇風機」や「アイロン」なども大きな飛躍を遂げています。それが、家電市場が徐々にコジマなどの郊外型量販店に奪われるに従って、秋葉原の電器店は主力商品をパソコンに移していきます。これにともなって秋葉原を訪れる客層も、親子連れから若い男性のパソコン・マニアへと、中心を移っていきます。さらに、この新たな客層が触媒となって、「電気街」という街の特質そのものを揺るがしかねない、さらに大きな変化がおきます。それは、同人誌やガレージキット専門店の集中に代表される、秋葉原の急激な「オタクのメッカ」へと変貌したのです。そして、秋葉原でいう「同人誌」は、基本的には人気漫画・アニメ・ゲームの特定作品のファンが集まり、その作品の登場人物や世界観を流用して描かれたアマチュア漫画の作品集のようなものであり、「ガレージキット」というのは、人気漫画・アニメ・ゲームに登場する美少女やロボットなどのキャラクターを主なモチーフにした、マニア向けの少量生産の模型のことなのです。以前の秋葉原も「マニア」の町でした。しかし、そのマニアは、子どもにもいましたが、今のマニアにはいません。なんだか悲しい気がします。それが、最近少し変わってきました。それは、2005年8月24日に、この秋葉原駅と茨城県つくば市を結ぶ58.3Kmの「つくばエクスプレス」が開通したことです。この電車に昨年乗ってみましたが、とても快適で、秋葉原駅もずいぶんときれいになりました。これから、秋葉原は、どんな変貌を遂げるのでしょう。

秋葉原” への5件のコメント

  1. 高校時代まで地方に住んでいましたが、今日のブログの「秋葉原」は既に知っていました。それは夜のラジオ放送番組オー○ナイ○ニッポ○やセ○ヤン○などのCMジングルで耳にしていたからです。そして実際上京して同地を訪ねてみるとお店の多さと品数の豊富さに驚き、どれを買っていいものやら迷いに迷った揚句何も買わずに帰宅したことを思い出しました。20年以上も前のことですが、東京町谷に住む知り合いが「秋葉原」のことを「アキバ」と呼ぶのを聞いて(今時の言葉を使えば)「ジモティ」だなと感心したものです。そして昨日電車の車窓から「秋葉原」を一瞥しました。洗練されつつある街並が目に飛び込み、いつか家族で出かけたい、と思ったものでした。

  2. 秋葉原には一度行ってみたいと思っています。ニュースなどで秋葉原の情報を聞くたびに町の姿を大きく変えているようで、一体どのような町なのか想像もできなくなっています。そこに集まる人たちの思いや目的で町の形ができていき、そこに新しい人が入ってきてまた形を変えていくといった変化が都会にはたくさんあるようです。田舎にはそのような変化がほとんどありません。少しうらやましく感じます。

  3. 都内に入ると上野と秋葉原には寄ることが多いですね。
    確かに、アキバの反対側のヨドバシカメラの方が電気製品は安いですね。
    今は、ブログにあったように「オタク」のメッカ(外国の方が多いですね?。)になっていますが、裏路地には(田舎者にとっては)面白い商品を発見することが多く、ある意味では近くの御徒町や浅草のお店に探し物をしに行くのと同じ感覚です。
    本年度も都会探検をしたいと思います。

  4. 秋葉原はまだ訪れたことがないので、ぜひ行ってみたいなと思います。それにしても秋葉原にはそのような変化があったのですね。町の雰囲気が変わっていくというのはおもしろいですね。先日知ったのですが、ニューヨークは地下鉄の駅名も番号なのですね。それを思うと東京はおもしろいなと思いました。駅名、町の名前に歴史があっていいですね。家電などを見るのは好きなのですが、秋葉原というとどうしてもイメージが先行してしまうのか分かりませんが、「行ってみよう」というきっかけがありませんでした。でも、やっぱりどんな町なのか見てみたくなりました。

  5. 短い間に、急激な変貌を遂げた「秋葉原」。そこには、「電器関係の露天商」から始まり、現在の「オタクのメッカ」ともなるまでに様々な歴史があったということは理解できましたが、短い間にこんなにも変わる事ができるといった点に驚いてしまいます。社会というのは、基本、変化を好まないものであるという印象がありましたが、新しいもの、人が求めるもの、それに短時間で応える行動力などが、「秋葉原」には集結していたような感じを持ちました。そして、「つくばエクスプレス」の開通。変化を好む場所には、多くの新しい受容や、底知れぬ冒険心にも似たものがあるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です