利根川

 よく、自然とか、地理 、歴史。建物。組織などを表すとき、その規模、特徴などによって順位を決め、その順位で呼ぶことがあります。よく使われるのは、「ナンバーワン系」といわれる場合です。「世界一○○」「日本一○○」「宇宙一○○」という表し方をします。それとか、「初系」で言う場合は、「日本初の○○」「日本最古の○○」「日本最後の○○」「日本唯一の○○」とずいぶんいろいろな言い方がありますね。このような言い方をすれば、どんな地域でも何かは有りそうな気がしますし、それを観光の売りにするところが多くあります。今日、夕方渡った「利根川」は、「日本一流域面積が広い川」といわれています。この利根川は、群馬県・長野県・栃木県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都にまたがり、全長約16,840kmあります。また、ほかに「三大系」という言い方で表すことがあります。「世界三大○○」「日本三大○○」と呼ばれるもので、「三冠」とも言われることがあります。この中に利根川が入る場合は、「日本三大河川」として、信濃川・利根川・石狩川が挙げられています。また、「三大暴れ川」として、利根川・筑後川・吉野川が選ばれています。ちなみに、川に関係するものとして、「日本一長い川」は、信濃川(367km)「日本一短い川」は、沖縄県の塩川(300m)、「日本三大急流」が、最上川・富士川・球磨川で、「日本三大清流」が、柿田川・長良川・四万十川です。「世界三大河川」は、アマゾン川・ナイル川・{ミシシッピ川・長江}で、世界一流域面積が広い川は、アマゾン川 (705万km?)、世界一長い川は、ナイル川 (6650km ないし 6695km)です。
 話はずいぶんとそれましたが、今日渡った利根川は、千葉県と茨城県を分けています。全長は約322kmで、信濃川に次いで日本第二位で、流域面積は約16,840km?に及び日本で最大です。また、日本三大暴れ川の一つに数えられるために、それらの川を人にたとえて利根川を長男と見立てて「坂東太郎」の異名を持ち、「筑紫次郎」は、筑後川(筑紫三郎といわれる場合もある)、「四国三郎」は、吉野川(四国次郎といわれる場合もある)を指します。この利根川がどう流れているかというと、源流は良く分からないのですが、海に流れ込むところは、あの房総半島のとがったところの銚子あたりだということは、日本地図を思い浮かべるといっしょに思い出されますね。しかし、これは、人工的に無理やり流れを変えたことはあまり知られていません。江戸時代初期までは、江戸湾(現在の東京湾)に注ぐ川であったのです。そして、今では利根川の支流となっている渡良瀬川や鬼怒川は独立した河川でした。
tonegawa.jpg
  1000年頃の関東平野の水脈想定図
ところが、江戸幕府は食糧を賄うために関東平野の新田の開墾、東北地方や北関東から江戸の街への舟運の開発と安定化、水害の軽減、飲料水の確保などを目的として、利根川を渡良瀬川筋に、さらに常陸川筋に、そして鬼怒川水系と繋ぐように、少しずつ東に付け替える大工事を実施しました。最終的には利根川の本流は銚子の方へ流れるようになったのです。(治水上の利根川本流が銚子への流路に確定するのは明治時代です)多くの人の努力によって、江戸の人口密集地帯を避けるように流れを変えていった利根川は、分流後の20kmほどの部分は、人工的に開削されたものであり、現在、利根川の流域面積は日本一となっていますが、その大半は、瀬替えによって生じたものです。これを「利根川東遷(とうせん)事業」といいます。その結果、江戸では水田や交通路の開発を中心とした経済基盤の整備が進み、関東の発展の土台を築いたのです。こんなことも、利根川を渡らないと思い出しません。