癒しの香

 ドイツに行って、改めて「癒し」ということについて考え、保育室の中で、子どもたちに癒しを与えるものを考えてきました。もともと「癒やす」というのは、病気や傷をなおす。飢えや心の悩みなどを解消するということです。そして、体の疲れを取り、心を鎮めて自分を見直し、気持ちを楽にすることで、「ホッとする」気持ちになれるということです。気分転換や癒やしの方法は、数多くあるので、それを考えてみましたが、今日は、香りの癒やしを考えて見ます。というのは、先日お年寄りが集う健康センターに行ったときに、玄関を入った瞬間、消毒のにおいがしました。そのにおいをかいだ瞬間、なんだか、その場ではくつろげなくなってしまったのです。あの消毒のにおい、薬品のにおいはなぜか心を不安にさせます。最近、少なくなりましたが、かつて、保育室は薬品のにおいがしていました。もちろん、それは清潔にするために床とか、遊具を消毒していたのですが、そこで、子どもが癒されるとは思いません。それに比べて、今の時期かすかに漂ってくる「梅の香」、冬を越え、いっせいに芽吹いた草の香、なんといっても癒される香りといえば、草、木、花といった自然の植物から発する香りが一番です。これからの季節では、その香気は邪気を払うとされ、古くから魔よけに用いられたほか、入浴にも使われてきたものに「蓬」があります。蓬の葉の香りはストレス解消や安眠にもよいといわれています。蓬は、日本各地の山野や道端などに自生するキク科の多年草の植物です。蓬は漢方名で「艾葉(がいよう)」と呼ばれ、「疾(やまい)を艾する(止める)」という意味を持つほど、とても身近な薬草です。その薬効は、通称『万能薬草』といわれるほど高く、栄養価も高いことから健康食としても注目されています。ですから昔から草餅や草だんごの材料として親しまれているほか、蓬の葉の裏の灰白色の綿毛を乾燥させたものは「モグサ」と呼ばれ、お灸として幅広く利用されています。この蓬は「キク科」の植物ですが、「キク科」の植物は、癒しにおいて私は、ナンバーワンという気がします。菊の芳香には、カンフェンなどの精油成分があり、皮膚を刺激して血行を促進し、身体の痛みをやわらげる効果があります。中国名で「母菊」と呼ばれるキク科の植物は、「ハーブの女王」といわれている「カモミール(和名:カミツレ)」です。カモミールは、クレオパトラが薫香として愛したほか、ピーターラビットの童話にもおなかの調子をととのえるハーブティーとして登場するなど、幅広い効能・効果があります。医薬品のない時代、昔の人々は身の回りにある薬草(ハーブ)の癒しの力を利用して病気を予防したり治療してきました。ハーブとは、「生活に役立つ香りのある植物」というのが一般的な定義です。それが、白い薬と言われる現代の医薬品が次々と開発され、緑の薬(ハーブ)は姿を消していました。しかし、今の私たちを取り囲んでいる複雑な環境から生み出されているストレスは、近代医学の白い薬では効力がありません。そんな時、昔から行われてきた自然療法が見直されてきました。さらに 人々は白い薬が人間に与える害に気が付き始めました。そして緑の薬であるハーブの存在に再び気が付き始めたのです。ハーブは、多種多様な有効成分を含み、それぞれの成分の調和がとれています。ハーブは穏やかに私たちの身体を包んでくれます。そして、ハーブ療法は植物の持っている癒しの力を使って、私たちが持っている自然治癒力に働きかけるものです。音同様に、自然のものにはかないませんね。

癒しの香” への6件のコメント

  1. 北欧やドイツなどには「森の幼稚園」というものがあります。毎日、雨でも雪でも子ども達を森へ連れて行って遊ぶ幼児教育施設ですが、先日デンマークの森の幼稚園の写真集を手に入れました。本当に自然の中で自由に遊ぶ子ども達の姿が映し出されていましたが、自然の中での木々や葉の揺れる音や雪の静けさ、木々や緑の匂いなどで、子ども達に対しての癒しの効果もすごいんだろうなと昨日・今日のブログを見て感じました。今の時代、そんな子ども達が自然の中で自由に遊べる空間を確保するのも大人の大切な仕事のひとつかもと考えてしまいました。

  2. 私も石油で作られたような白い薬はもう十何年も口にしていません。ハーブをいつも10種くらいは持ち歩いていて、愛用しています。園でも寒い時期はユーカリは欠かせないし、疲れた時は、入浴に塩にラベンダーを落として使っています。
    ハーブ療法は自然治癒力に働きかけるのですね。確かに自然治癒力がアップしているように思います。回りに杉の木がたくさんあるのですが、花粉症にまだなっていませんから・・・。

  3. 臥竜塾ブログはここのところ「癒し」シリーズですね。読んでいるだけで癒されるから不思議です。従来、日本では学校も保育所幼稚園も「ゆとり」や「癒し」ということをまともに考えてこなかったと思います。明治以降、富国強兵・高学歴高収入・受験戦争、勝ち組・・・「ゆとり」「癒し」とはまるで縁がありません。寺や神社に行くと「ゆとり」や「癒し」を経験することができました。しかし、日常とは別の世界、ですね。家の中や、学校、保育所幼稚園でも「ゆとり」「癒し」ということを本気でしっかりと考えなければならないと思います。お香が好きで焚いて癒されることがあります。また、ラベンダーの香りが好きですね。睡眠導入効果があるとも言われます。眼・耳・鼻・舌・身・意に対する色・声・香・味・触・法ー癒し・ゆとり空間を「あそびのミュージアム」に実現できたらどんなにいいでしょう。いろいろと構想が膨らみます。

  4. 白い薬と緑の薬。やっぱり緑の薬の方がいいです。自然の香り、音、光、色、速さなど、自然の力を頼りにするのが一番いいように思います。また、寝たり食べたり泣いたり笑ったりといったごく自然な行為もストレスをやわらげてくれます。こういった自然や人間が本来持っている力に逆らわなければ、自然と癒しにつながっていくのかもしれないと勝手に思っています。便利さや豊かさを求めて自然の働きに逆らうようなことをすると、どこかでおかしくなってしまいそうですね。

  5. 蓬にはそのような効果があるのですね。入浴にも用いられたのですね。また、病をとめるという意味があると知ると蓬を見る目が変わってきそうです。そういえば、子どもの頃、どこからの情報だったかは覚えていないのですが、すり傷に蓬がいいということを知り、実際に試してみたことがありました。気持ちの問題もあったかもしれませんが、「おー治った!治った!」と言っている自分が記憶にあり、蓬を見るとよくそのことを思い出します。また、てんとう虫やその幼虫がよく蓬の葉にいたので、てんとう虫が好きだった私としてはそんな面でも馴染みがあります。自然の香りの癒し効果はもっと注目していきたいです。匂い、空間、音などなどもそうですが、子どもたちにこそ、癒しの空間、ふっと気持ちが落ち着くような環境が大切になってきますね。子どもの気持ちを想像することで、そんな気持ちに気がつけるような存在でありたいと思います。

  6. 緑の薬と白い薬との大きな違いは、「私たちが持っている自然治癒力に働きかける」といったところであるように感じました。現代では、病気になればその痛みを消すために、効果的な薬を飲むことで即効性が伴い、すぐに身体の調子は整えられる一方で、病気になる頻度を多くしている印象も感じています。その点、緑の薬ハーブは、自ら持っている自然治癒力が十分に発揮できるような環境を整え、いわゆる「免疫力」といったものがつきやすくしているのではないかなと思いました。自然なものが、結果的に人に効果的なのは、もともと人が“自然なもの”であることを思い出させてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です