ひいな

日本人形協会編の「ひな祭の歴史」によると、ひな祭の歴史は古く、元々は奈良時代に人形(ひとがた)を作って、人形で身体をなでてケガレを拭い、その人形を川や海へ流して身を清めるという神道の行事でした。そこで、「災いを託す」ということで、「おひなさま」というように「さま」をつけて呼ぶ人形が生まれたのです。平安時代になると、平安貴族の女子の間では「ひいな遊び」というものが行われていました。ひいなとは人形のことで、これは男女一対の小さな紙人形をつくり、調度品も揃えて遊ぶという、今のままごと遊びのようなものです。この「ひいな」には「小さくてかわいいもの」という意味があって、いつかしら「ひいな」から「ひな」へ、そして平安貴族の人形遊びとしてのおひなさまが生まれたというわけです。この事は紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草紙』にも見られます。鎌倉・室町時代に入ってからは、武家の女児にも受け入れられ、ままごとは急速に広まっていきました。一方、室町後期になると、雛人形は川へ流すという神事は、流さないで家に祭られて女子の祈願・愛玩・鑑賞するものになっていきました。そして、武士の世界では、人形が上司への贈答の品となって立派なものが作られるようになり、人形はしだいに本来の意味が希薄になり、家の中で飾られるようになっていったのです。そして、女子の理想の結婚像を示すものとなり、江戸時代になるとこの風習は庶民層にも広がり、かつては質素な作りであった雛人形がだんだん立派なものに変わっていきました。こうしてみると、当初の雛人形は、人形という「ひとがた」で遊び、様々な道具を取り揃えて、それを使って遊ぶ「ままごと遊び」につながっていることは容易に判断できます。
hinakodougu.JPG
しかし、あの豪華な人形、精密な道具を見ると、次第に子どものものから、大人の観賞用に移ってきただろうこともわかりますね。昨日のブログの「箱庭療法」という精神療法として人形、おもちゃなどのアイテムを自由に配置させることで小世界を体験し、癒しを与えていたということをみると、もしかしたら、この人形遊びとか、ままごと遊びは、女子が、家事の所作を学んでいるといわれていますが、他にも、子どもにとって、癒し的効果のある遊びだったのかもしれませんね。だから、いつの時代でも、ままごとは子どもに人気のある遊びのひとつですし、最近は、男子も喜んで遊んでいます。きっと、癒されるのでしょうね。
もうすぐ、3月3日のひな祭りです。これは、五節句のひとつですが、これらは、必ず季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。たとえば、1、人日の節句 お正月の七草(七草粥)、2、桃の節句 3月の上巳の桃・よもぎ(桃花酒→江戸時代以降は白酒)、3、端午の節句 5月の端午の菖蒲(ちまき→江戸時代以降は柏餅)、4、七夕の節句 7月の七夕の竹・瓜(さくげ→江戸時代以降はそうめん)、5、重陽の節句 9月の重陽の菊(菊酒)です。3月の節句が桃の節供と呼ばれるのは、その季節のものというのも理由のひとつでしょうが、桃には邪気を払うという魔除けの信仰があったからだそうです。この節句には、今は、各地で様々な特徴があるようです。昨日歩いた柳川では、「さげもん」といって、江戸中後期から場内の奥女中が着物の残り布で子どものおもちゃとして作ったものを、雛人形の周りにぶら下げていました。
sagemon.JPG

ひいな” への4件のコメント

  1. 雛人形も癒しにつながると考えられるというのは、箱庭療法の意味を考えると納得です。箱庭療法についていろいろ調べてみました。自分の内面世界を表現しそれを深く体験する。遊びにもいろんな意味があるということをあらためて感じました。遊びは心を表現したり育てたりと大切な役割をたくさん持っています。教材や遊びの研究をもっとしなければいけないと思いました。

  2. 園ではこの時期、雛人形五段飾りが飾り付けられます。30年来の雛人形だそうです。立派なものです。何でも昔の主任保母さんが都会のデパートに行ってわざわざ購入してきたものだそうです。確かに歴史を感じます。子どもたちはミニチュア雛人形を作っています。粘土や色紙を使って作っています。私の家には端午の節句を祝う鯉のぼりや五月人形はありましたが、雛壇飾りはなく保育園で働くようになってこの時期経験できるようになりました。いいものですね。但し、残念なことは五人囃子や三人官女の人形で遊べないことです。子どもたちは本当はそれら人形で遊びたいに違いありません。なぜなら私がそう思うからです。でも、遊んだら先生方に叱れます。雛人形、鑑賞されるだけです。観られるだけでは人形たち可哀相な気もします。本当は遊んで欲しいのかもしれません。季節を感じられる日本の風習、世界に誇れる文化として妙に嬉しくなります。

  3. 人形は、その人形をつかってのままごと遊びにつながっていたのですね。今でもフィギュアというものが人気です。私もフィギュアをたくさん集めることはないのですが、精巧な作りのものには目がとまりますし、欲しいなと思ってしまいます。実際に今、家の中には友だちからもらったワンピースのフィギュアがいくつかあったり、自分で買ってきた動物や虫のフィギュアもあります。この動物を部屋に置く時には物語を勝手に作りながら置き方を考えたり、変えたりしています。人形遊びで癒されている感じです。ですが、今では人形は子どもたちの中ではままごと遊びというより、戦いごっこという遊びの要素もまた含まれているのかもしれませんね。五節句が草木に関連しているというのは知りませんでした!日本は本当に自然と共に過ごしてきた、自然を見てきたということを感じます。

  4. 人形で身体をなでて、自分のけがれを人形に移し、代わりに身を清めるなど、目に見えないものを人形に託すなんてことが日本には多いようにも感じます。それらは、癒しの効果もあるということで、古くから、人形が子どもの癒しグッズであったことが読み取れます。また、五節句と季節の草や木とのつながりも面白いというか、よく考えられてるというか、これが自然の摂理であるというか、様々なことを考えます。自然とともに生きてきた様子が感じられますし、地域ごとに少し趣向が異なっているところも面白いです。伝統行事を見直していくと、昔の人の「楽しさ」が伝わってくるようでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です