ひいな

日本人形協会編の「ひな祭の歴史」によると、ひな祭の歴史は古く、元々は奈良時代に人形(ひとがた)を作って、人形で身体をなでてケガレを拭い、その人形を川や海へ流して身を清めるという神道の行事でした。そこで、「災いを託す」ということで、「おひなさま」というように「さま」をつけて呼ぶ人形が生まれたのです。平安時代になると、平安貴族の女子の間では「ひいな遊び」というものが行われていました。ひいなとは人形のことで、これは男女一対の小さな紙人形をつくり、調度品も揃えて遊ぶという、今のままごと遊びのようなものです。この「ひいな」には「小さくてかわいいもの」という意味があって、いつかしら「ひいな」から「ひな」へ、そして平安貴族の人形遊びとしてのおひなさまが生まれたというわけです。この事は紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草紙』にも見られます。鎌倉・室町時代に入ってからは、武家の女児にも受け入れられ、ままごとは急速に広まっていきました。一方、室町後期になると、雛人形は川へ流すという神事は、流さないで家に祭られて女子の祈願・愛玩・鑑賞するものになっていきました。そして、武士の世界では、人形が上司への贈答の品となって立派なものが作られるようになり、人形はしだいに本来の意味が希薄になり、家の中で飾られるようになっていったのです。そして、女子の理想の結婚像を示すものとなり、江戸時代になるとこの風習は庶民層にも広がり、かつては質素な作りであった雛人形がだんだん立派なものに変わっていきました。こうしてみると、当初の雛人形は、人形という「ひとがた」で遊び、様々な道具を取り揃えて、それを使って遊ぶ「ままごと遊び」につながっていることは容易に判断できます。
hinakodougu.JPG
しかし、あの豪華な人形、精密な道具を見ると、次第に子どものものから、大人の観賞用に移ってきただろうこともわかりますね。昨日のブログの「箱庭療法」という精神療法として人形、おもちゃなどのアイテムを自由に配置させることで小世界を体験し、癒しを与えていたということをみると、もしかしたら、この人形遊びとか、ままごと遊びは、女子が、家事の所作を学んでいるといわれていますが、他にも、子どもにとって、癒し的効果のある遊びだったのかもしれませんね。だから、いつの時代でも、ままごとは子どもに人気のある遊びのひとつですし、最近は、男子も喜んで遊んでいます。きっと、癒されるのでしょうね。
もうすぐ、3月3日のひな祭りです。これは、五節句のひとつですが、これらは、必ず季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。たとえば、1、人日の節句 お正月の七草(七草粥)、2、桃の節句 3月の上巳の桃・よもぎ(桃花酒→江戸時代以降は白酒)、3、端午の節句 5月の端午の菖蒲(ちまき→江戸時代以降は柏餅)、4、七夕の節句 7月の七夕の竹・瓜(さくげ→江戸時代以降はそうめん)、5、重陽の節句 9月の重陽の菊(菊酒)です。3月の節句が桃の節供と呼ばれるのは、その季節のものというのも理由のひとつでしょうが、桃には邪気を払うという魔除けの信仰があったからだそうです。この節句には、今は、各地で様々な特徴があるようです。昨日歩いた柳川では、「さげもん」といって、江戸中後期から場内の奥女中が着物の残り布で子どものおもちゃとして作ったものを、雛人形の周りにぶら下げていました。
sagemon.JPG