ドイツ最終日

 いよいよ今日でドイツでの研修が終わります。昨年訪れたときは、着いたときから雪が積もっており、ホテルの周りも真っ白でした。それも当然で、ミュンヘンの緯度は、日本でいえば樺太あたりと同じですから、気温はマイナスになることが多いからです。しかし、ブログでも書いたとおり、今年はミュンヘンでも異常な暖冬で、雪どころか、近くの公園では、クロッカスが咲き始め、一面黄色や紫で覆われ始めていました。
munichhana.jpg
 毎年に比べて1ヶ月あまり早いそうです。あまり色のない冬の公園に色が着き始めた姿は、花壇に色とりどりの花を植えたのと違って、あまり派手ではありませんが、冬から春がもうすぐ訪れるであろう喜びが感じられ、とてもきれいです。今まで、研修で歩いていた日々は、天気はすぐれず、陽が出たかと思うと雨が降ったり、1日どんよりした天気が続きましたが、今日は最終日ということでの恵みかと思われるほど、とても気持ちよい、雲ひとつない快晴でした。そんな快晴の中、午前中は夏の宮殿と呼ばれているニンフェンブルク城に行きました。ここは、1664年、フェルディナント・マリア侯が妃アーデルハイトのために造営した別荘が歴史の始まりだそうですが、バスが近づくにつれ、白鳥が浮かぶ運河の後ろに、次第に現れてくる優雅な姿は、左右対称のバロックの城です。
natunokyuden.JPG
中央入口から入ってまず目を奪われるのが、圧倒されるほど美しい天井画が描かれているロココ様式の大広間です。公開されている各部屋も、天井画や、美女36人の肖像画や、古伊万里の陶器などが飾られていました。また、その城の後ろに広がる大きな庭園と森も、葉や花のない季節でも充分に荘厳さが伝わってきます。
 その後、町に戻って昼食です。毎度のことながら、大きな伝統的なビアホールでの食事です。私はそれほど呑みませんでしたが、何人かは、1リットルのビールとプリッツェルというパンを食べます。こちらでは、ビールは親同伴であれば14歳から飲んでもよいというように、昼間からみんなビールを飲みます。値段も、水やコーラよりもやすいくらいですので、ついみんなビールを飲みます。
syokuji.JPG
 午後は、美術館(ピナコテーク)めぐりです。通りを挟んで向かい合っているアルテ(古い)とノイエ(新しい)のふたつのピナコテークか、この二つに隣接しているモダン・ピナコテークを選びます。アルテ・ピナコテークには15?18世紀のヨーロッパ絵画が展示されています。宗教画が多く、レンブラント絵画の所蔵は世界一だそうです。ノイエ・ピナコテークには19世紀?20世紀初めの作品が中心に展示されています。教科書に登場するようなルノワール、モネ、ゴーギャンなどの印象派の絵が中心です。特に、ゴッホのひまわりは有名です。モダン・ピナコテークは、20世紀から現代までのアート作品を展示する美術館で、2002年にオープンしたばかりです。クレー、マティス、ピカソ、ウォーホルなどの絵画だけでなく、ポルシェのクーペ・フェルディナンドの型からシャープの液晶テレビまで、優れた工業デザインや、トーネット社製のイスなど家具のコレクションもあります。私は、どこも行ったことはあるのですが、今回は、アルテ・ピナコテークを見ました。
pinakoteiku.JPG
 何度見ても、名画には圧倒されますね。昼から、夜までの研修の毎日の中で、ほっと一息ついた1日でした。明日は、帰国の途につきます。かなりハードな、研修づくめのドイツでしたが、もう一度来たいと思う参加者が多いのは、うれしいことです。