2月13日のドイツ

 今日から、ミュンヘン市内の幼児施設見学研修が始まりました。今日の午前中は、キンダーガルテンといって3歳児から6歳児(日本では、3歳児?5歳児クラス)の園児が25名4グループ(3?6歳児の異年齢)100名の園の見学でした。ドイツでは、0?3歳児までの施設をキンダークリッペ、3?6歳児までをキンダーガルテン、0?6歳までの園をコーポレーション(コープ)、学童保育をホルトといいます。日本での訳のキンダーガルテンを幼稚園、キンダークリッペを保育園と言うこともありますが、ドイツと日本では制度が違うためにちょっと意味が違います。日本における違いは、保護者の状況(保育にかけているかいないか)によって分かれることが主ですが、ドイツでは、年齢によるわけ方をします。ですから、今日の見学先であるキンダーガルテンの開園時間は、月曜日から木曜日までは7時から17時半まで、金曜日は7時から17時までです。そして、14時には、半分の子が帰ります。その後まで残る子で、小さい年齢の子はお昼寝をするそうです。これは、日本でも最近増えてき始めている「認定 こども園」に似ています。そして、必ず園にいてもらうのが、(コアタイムでしょうが)9時から13時までです。デイリープログラムとしては、8時から8時15分までは職員朝会、8時30分から10時まではおやつ(食べたい子だけですが、子ども同士の会話を促すために、たべない子でも席には座ります)を食べます。10時からは自由時間です。そして、11時15分になるとグループごとに園庭に出て遊びます。そして、11時30分?12時15分までは交代でランチタイムを取ります。そして、寝たい子だけ12時15分?13時までお昼寝です。これが、大体キンダーガルテンです。
 今日見学したところの特徴のひとつは、各クラスでテーマがあることです。「役割の部屋」「製作の部屋」「感覚の部屋」「積み木の部屋」です。それぞれの部屋は、そのテーマに沿った装飾や、教具や遊具がそろえられていました。子どもたちは、月曜日には、それぞれのグループで活動します。そして、火曜日から金曜日には、どの部屋の活動に参加してもよいことになっています。この園は、19世紀に小学校として使われていた校舎をそのまま使っていますので、各クラスに部屋が区切られ、分かれています。それを、テーマごとに特徴を出しているのです。もうひとつの特徴は、水曜日と木曜日に交代で訪れる「学びの部屋」があることです。これは、原則的に年長さんがプレスクールとして過ごす場所です。
そこのコーナーは私にとっては、とても興味のあるもので、今度の園で取り組もうと思っていたものでした。
moji1.JPG
moji.jpg
文字コーナー
kazu.jpg
kazu5.jpg
  数のコーナー
kagaku.jpg
kagaku5.jpg
  科学コーナー
 今日の午後の見学の報告は明日にします。