定年

 私は、いわゆる団塊の世代です。会社勤めをしていたら、もうすぐ定年です。定年という言葉でなにをイメージするのでしょうか。「定年」という言葉は、その漢字からそのまま考えると、「年が定まる」のでしょうか。関沢まゆみ氏『隠居と定年』(臨川選書)によると、定年の語源は明治期の旧陸海軍の「現役定限年齢」の略語として定着したものだそうです。定限年齢なのですね。しかし、この「定年」を「停年」と表記する場合があります。前述の書籍の中では、「明治?大正初年においては停年とは武官の進級に関する制度上の用語であったものが、昭和十年頃には退職の年齢を意味するようになった」と紹介されています。そして、「停年」という漢字を当てるよりは「定年」という字が多く使われるようになったのは、昭和三十年に「民間企業における定年制度等の実態調査」を人事院が行ったことからのようです。定年制度は、もともと軍で制度化され、やがて官僚へと定着し、昭和初期に民間企業にも普及したものです。今、知事の退職金問題が浮上しているのも、この辺りの歴史と関係があります。現在、定年といえば六十歳である場合が多く、来年からは六十三歳に、数年先には六十五歳になるようです。昭和五十年代半ばまでは五十五歳が多く、さらに遡って明治時代の海軍工廠では五十歳でした。この変化はもちろん、最近の少子高齢化と高齢者の健康とライフスタイルなどによってです。
 「定年」の私の勝手な解釈ですが、この「定」ということには深い意味がある気がします。仏教では瞑想のことを、jhqnaと呼びます。この音の「ジャーナ」から採って訳したものが「禅」とか「禅那」で、瞑想という意味を採ると「定」と訳します。それとか「静慮」です。それは、心を一点に「定めること」、心を「静めること」であり、「定まった状態・静まった状態」を意味します。この音と意味の両方をとった言い方として「禅定」というのもあります。ということは、会社勤めでない私にとっての「定年」というのは、心を一点に定め、その心を静める年齢ということになります。ということから考えると、論語の「五十而知天命。六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。」ということは、とても興味深いものになります。「五十歳で天命を知り、六十歳で人の言うことを逆らわないで聴けるようになり、七十歳で心の欲するままに任せても限度を超えなくなった。」ということなのです。定年を六十歳とした時に、心を定めるためには、五十歳代で天命を知らなくてはなりません。そうすると、六十歳になって、「耳順」になれるのです。この「順」は「逆らわないで適合する」ということで、どんな価値観が違う人でも受け入れる広い心を持つということでしょう。それは、決して、他人に迎合することではなく、自分の天命を知ったからこそ、素直に人に意見にも耳を傾けることができるのです。そして、七十歳になって、「従」は「放任する、放つ」、「踰」は「すぎる・こえる」、「矩」は「枠」ということで、意識しなくても自然と自分ながらの限度を知ることができるようになるということになります。団塊の世代に聞いたアンケートで、「定年後のイメージ」は、「質素倹約」が221人と、「悠々自適」(79人)の3倍近くありました。自由気ままになれるほど質素になるのですね。お金を使い放題に使っている人は、お金がある人ではなく、自らの限度をまだ持っていない若さの証拠かもしれませんね。