学力

 昨日のブログで書いたPISAの学力調査の結果は、かなり各国で影響を与えています。日本と並んで常に上位を占めている国は、韓国です。韓国は、日本が下がってきているのに反して、相変わらず上位を占めています。少し前に、韓国の保育、教育事情を聞く機会がありました。テレビなどでみな知っているように韓国では、受験が過熱し、親が月収以上の教育費をかけてまで子どもの教育に入れ込んでいます。また、国を挙げて幼児からの英語教育を始め、早期教育が盛んです。その様子の報告を聞いて、日本のある女性の園長がこんな感想を漏らしました。「こんなに小さいうちからやらせるよりも、もっと、充分と遊び、いろいろな体験をすることが必要ではないか。子どもの目がきらきら輝くようなことをするべきです。」これに対して、報告をした人が、「今の日本の子どもたちは、やる気がなく、目が死んでいる場合が多いけれど、韓国の子達は、みんな目がきらきらしています。」また、これに反発し、「でも、この韓国の子達の将来が心配ですね。」と言う言葉に、「では、日本の子どもたちが受けてきた保育、教育の結果、今の若者は心配がないのですか?」韓国は、国を挙げて頑張ろうというエネルギーに満ちている気がします。そんな韓国だからこそ、PISAの学力調査で上位を維持しようと、今までの教育を見直そうとしているのかもしれません。今月の19日の朝日新聞に「韓国、「人間教育」に力 詰め込み反省、多様化の兆し」と言う記事が掲載されていました。「豊かな環境で自発性を養うフリースクールが存在感を増し、情操面を育む塾にも人気が集まってきた。」というのです。このフリースクールは韓国で「代案学校」と言われ、進学を目指す従来の学校の代わりに、主に自発性や感性を養う「全人教育」を目指しています。ここの授業は、理科系の科目は減らし、「自立」授業と呼ぶ農業や住宅建設、「感性」授業といわれる音楽や陶芸などに充てます。また、授業以外の運営ルールは生徒自身が決めるのも特徴です。教育人的資源省関係者は、「親たちは入試優先で暗記式の教育方針に満足しなくなり、入試準備と全人教育の両方を求め始めている」として、政府はこうした要望に応えようと今春、「開放型自律学校」という代案学校の趣旨を採り入れた高校をソウルや釜山など4カ所で試験的に立ち上げるそうです。 一方、「リーダーシップ講座」が人気で、課題解決能力を養成しています。リーダーといっても、本物のエリート育成が目的ではなく、グループの中での意見交換や役割分担を通じて課題を解決する過程を学ぶのです。「昔はガキ大将と子分の関係から人との距離感や役割分担を体で覚えたが、それを担う地域が崩れた。学ぶ機会がほとんどなくなった人間的な力の育成を親たちは求めている」と人気の背景を説明しています。白淳根ソウル大教授(教育学)は、「代案学校などの人気や論述重視の入試など一連の動きは、最近韓国でよく言われる「創意的な問題解決能力の重視」というキーワードにつながる。韓国社会が成熟化するなか、新たな考え方を受け入れる余地が生じた結果だ。」と言っています。コミュニケーション能力、問題解決能力はなど、これからの子どもたちに求められる力です。その力をどのようにつけていったらよいか、教育、保育の質を考え始めています。決して、それは教える時間を長くすることでもなく、体罰を与えて教えること事でもなく、その内容の見直しです。まず、幼児教育を見直さないといけないかもしれませんね。