THE WAR

 先日のメールで、「八月のメモワール」と言う映画について少し書きましたが、最後を意味深で終わりました。なんだか、不消化を感じた人も多いと思います。この映画を見たことのある人はわかるのでしょうが、あまりこの映画は評判が今一だったこともあり、そんなに話題になりませんでした。ですから、ネットでもそのあらすじは紹介されていません。しかし、私の中でベスト3に入っているというのは、様々な批評と違う観点で感動したことにあります。この映画の原題は、「THE WAR」と言うものです。「戦う」、「争う」ということはどういうことであるかということがテーマになっています。
「ベトナム戦争から帰還した父親は、精神的にも深い傷を負っています。それは、彼は、何かをすればどこかで何かが変わるという父の言葉を信じて、良いことをしたいとベトナム戦争に従事したのですが、親友を殺す羽目になってしまって、自分を責めます。しかし、マイ・ホームを持ちたいという夢を抱き、危険な仕事に励むのです。それは、「子どもたちには希望を与えたい。奇跡を信じ、不可能はないと思う子に」という思いからです。そのころ、子どもたちが夢中になっていたのは、森にある大きな樫の木に“ツリーハウス”を作ることです。そのちっぽけな木の家は、彼らにとって日常の貧困や不安定な世界から逃れる唯一の場所だったのです。それを作る為に、仲の良い友達と材料を探し始めます。彼らが目をつけたのは近所の悪がきの縄張りであるガラクタ置き場です。ここに踏み入ったことで、この悪がきと喧嘩をします。父親はそんな子どもたちに「我慢を忘れると一生後悔することになる」と、忍耐と相手を理解する気持ちの大切さを説きます。そんな中で、次第にツリーハウスは出来上がっていきます。しかし、子どもたちと近所の悪がきたちとの間の縄張り争いは次第にエスカレートしていきます。そして、このツリーハウスを守るために戦いを始めます。ショベルカーを持ってきたりして、その戦いは激化していきます。そして、最後には、子どもたちは悪がきに勝つことができます。勝ち誇って喜ぶ子どもたちですが、改めて振り返ってみると、大切なツリーハウスは無残にも壊され、そこに残っているのは、ただの廃材だけです。いくら、大切なものを守るためであっても、戦うことで、人と争うことでは、結局は大切なものは守れないのです。そんな子どもたちに、父親は静かに語ります。「俺はお前に絶対に戦うなとは言えない。俺がどう思っているか知りたいかい?俺は人々の真の平和と幸せを与えるのは愛だけだと思う。愛が存在しないなら、この世に戦う価値のあるものは何もない。争うことの虚しさを知ってほしい…」
 この後に、悲惨なことがこの一家を襲い、父親は亡くなってしまいます。しかし、私は、そのあたりは、どんなストーリーだったのかよく覚えていません。この戦いの虚しさ、「THE WAR」とは、どういうものであるかが深く胸に残っているからです。戦いの後に残るものは、決して勝利ではなく、虚しさと、その後の様々なひずみです。今、アメリカでベトナム戦争の後のひずみが出ているように、日本でも、戦後何十年もたった今でも、様々なひずみが、いろいろなところで出ている気がします。戦いとは、何世代にも影響を及ぼすほど、恐ろしいものです。決して、子どもたちに戦いごっこなどさせるべきではありません。