外食

 いまや外食産業が時代の先端を走っている感があります。この「外食」とは、もちろん「外で食べること」ですが、なんとなく、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのイメージから、「外国の食べる文化」と思うほど、もともとがどこの国かわからないほど世界中で展開されています。しかし、もともとは、日本の「屋台」も外食かもしれませんし、「酒屋でつまみながらいっぱい」とか、「定食屋」「お好み焼きや」などというのも外食かもしれませんね。しかし、日本にファミリーレストランの歴史を作ってき、この「ファミリーレストラン」のフォーマットを開発したのは、日本の「すかいらーく」であり、創業者である横川4兄弟は、現在も、東京、そして、日本の外食界に大きな影響力を誇る外食界のカリスマなのです。1970年に「すかいらーく」、そして、ファミレスが始まりました。横川4兄弟(横川端氏 茅野亮氏、横川竟氏 横川紀夫氏)は、すかいらーく開業以前には、東京郊外で乾物商店「ことぶき食品」をオペレーションしていました。顧客思考が生んだ小分けパッケージなどのサービスが好評で、事業は成長していったのです。しかし、大型チェーンストア化の波が、1960年代に到来し、4兄弟は今後について思案します。そして、兄弟がターゲットを合わせたのが、「ファミリーレストラン」(いわゆる、ファミレス)だったのです。しかし、当時、「ファミリーレストラン」という概念はありませんでしたから、そういう言い方はしませんでした。今は一般名詞となったファミレスの根源は、すかいらーくが開発した業態にありますが、この業態のモデルは、アメリカのロードサイドのコーヒーショップにあるといわれています。ロードサイドコーヒーショップは、アメリカで発展した、車で移動する人向けにコーヒーとハンバーガーなどの軽食を出す業態です。これに、すかいらーくは、「ファミリーで楽しめる+充実したフード」という要素を追加し、「ファミリーレストラン」という今の形を完成させたのです。このときに開発したフォーマットとは、「駐車場(駐輪場)を完備」「立地は大規模幹線道路の脇」「気軽に入れる」という、アメリカのロードサイドショップが持つ特色に加え、「ファミリーで気軽に入れる」「誰でもなじみがあるハンバーグ、エビフライなどの洋食をリーズナブルで提供する」というスタイルです。ですから、ファミレスには、メニューに「ハンバーグ」があるのですね。もちろん、子どもが好きなメニューということもあるのでしょうが。このファミリーレストランというフォーマットは、すかいらーくが最初にオープンした東京・国立から、日本中に広まっていきます。また、すかいらーくの出店戦略も、不動産をはじめ多くの業界で使われていますが、外食業界ではあまり行われていない「リースバック方式」という方法をとっています。リースバック方式とは、地主にレストランを構築してもらい、それをある一定の期間、一定金額で借りる契約をし、多くの場合、地主は、土地を担保に建物を建設する資金を調達し、それを賃料で回収するという方式です。地主側のリスクも大きくなりますが、リターンも大きくなるこの方式は、すかいらーくが初めて大々的に行いました。これらフォーマットや戦略の成功は、日本人が伝統的に好きな横川四兄弟の「兄弟力合わせて」という結果で、「毛利3兄弟の矢」に続いて、東京で語り継がれている話だそうです。しかし、なんと言っても成功の秘訣は、時代を捉え、時代を読み取る力でしょう。

外食” への4件のコメント

  1. 横浜に住んでいた時、ファミレスはよく利用していました。そして、その中でも今日のブログで紹介のあった「すかいらーく」にはよく行ったと思います。ロイホやデニー○、バー○ヤン、ガ○ト、などなど会社の人たちと行っていました。現在、都市から遠く離れたところに住んでいますが、ファミレスはあります。そしてメニューにやはり「ハンバーグ」がありました。今も時々利用しています。今日は「ファミレス」の歴史を知ることができました。またひとつ、賢くなったような気がします。

  2. ファミリーレストランは未だに都会のイメージがあります。まだ周りには少ないファミリーレストランですが、こんな風に作られていったんですね。4人の兄弟がお互いに協力し合って現在の形を作っていったのはすごいと思います。意見が食い違い上手く協力できない兄弟の話をよく聞くので余計にそう思います。
    時代を捉え時代を読み取る力については、藤森先生からしっかり学ばせてもらいます。きちんと読み取り、その時にふさわしい方向を選べるように、日々訓練したいと思います。

  3. 「すかいらーく」はこちらでは馴染みのないお店の名前です。私もどんなお店なのかよく知りません。調べてみますと「ガスト」や「バーミヤン」などを展開しているのですね。ガストやバーミヤンなら分かりました。また、現在はすかいらーくという名前のお店はなくなっているのですね。昨日付けのニュースで純利益が20%増というものがありました。また、8年振りに再上場も果たしたのですね。シニア層に向けた取り組み、宅配サービス、地域に合わせた転換などの工夫もされているそうで、まさにそれは今でも時代を読みとる戦略が生きているように感じました。私はファミリーレストランにはあまり行かない方だと思います。ラーメンか、お好み焼きか、お寿司か、カフェかという所でしょうか。子どもができるとまた変わっていくのかもしれませんね。

  4. 「ファミリーレストラン」という名前だけに、やはり複数で入れる工夫が随所に見られます。子ども向けの料理に、リーズナブルな料理、そしてそれを可能にするキッチンの構造など、先駆けとしての工夫は整っているのですね。また、私が感じる魅力としては、やはりあのテーブルの広さがあると思います。ファミリー層にとっては非常に使い勝手がよいテーブルでしょうね。そして「横川4兄弟」という方の功績で、ファミリーレストランが普及したのですね。初めてのことに挑戦する時など、兄弟のような近い存在で「力を合わせる」といったことが必要になり、兄弟の底知れぬパワーも感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です