主張

 何年か前に、念願だった「ボローニャ児童図書展」に行ったことがありました。(何度かブログに書きました)このボローニャは、イタリアの都市です。私は、ある出版社の編集委員として参加させてもらったので、4日間の開催日は出入り自由でしたが、4日間もいても仕方ないので、その期間中、1日はフィレンツェに、もう1日はベニスに行きました。私は英語も満足に話せないのですが、ましてイタリア語などまったくわかりません。それなのに、イタリアの人はほとんど英語を話しませんので、この小旅行は、冒険でした。しかし、かろうじて、そのころよく歌っていた「ひとりとひとりが うでくめば…」という歌の最後の掛け声に「ウノ ドス!」というのがあったので、なんとか「ピッツァ、オニオン、ウノ!」と言って、食事は頼むことができました。しかし、ベニスに向かう列車の中で、事件が起こりました。外国の列車は、よく映画にも出てきますが、座席は数人ずつの個室になっています。私が座っていた個室には、社会科見学に行くらしい小学生が乗り合わせていました。そのうちの何人かが私に話しかけてきました。もちろん、ほとんどなにを言っているかわかりませんでしたが、そのうちの一人の子が片言の英語を話せたので、何とか会話をしました。すると、私が日本人だということを知って、とても興味を持っていろいろと聞いてきました。そして、他の個室にいる子たちもそれを聞いて私の個室に集まってきました。もう部屋ははちきれそうです。すると、そのうちの一人が網棚の荷物を取ろうとして、誤ってその脇にある非常レバーを引いてしまったのです。突然、列車内に大きなサイレンが鳴り響きわたりました。列車は急停車します。列車が止まったかと思ったら、車掌さんや生徒の先生たちが急いで駆け込んできました。私は困りました。その部屋には大人は私しかいないようでしたから、私が説明をしなければいけないだろうとと考えたからです。しかし、私には、事の事情は説明できません。ですから、申し訳ないのですが、自分は関係ないという顔をしていました。どうなるかとハラハラしていたのですが、なんと、その部屋にいた小学生たちが、一斉に大声で事情を説明し始めました。自分たちは、何も悪気でレバーを引いたのではなく、間違って引いたのだということを、ぺらぺらと、とめどもなく説明しているのです。先生や車掌さんになにを言われようが、負けずにきちんと主張しているようです。イタリア語だったので、余計そう思ったのかもしれませんが、どの子も、われ先にと説明をしています。そのうちに、先生は、「事情はわかった。しかし、この部屋にこんな大勢が集まることは良くないことだ。みんなは、それぞれの部屋に戻りなさい。」というようなことを言って、その場は収まりました。この光景を見ていて、日本の子どもたちは、このように説明できるだろうか。先生は、突然と怒鳴らないで、子どもたちの説明を聞くであろうか。車掌をはじめ、大人の人たちは、子どもが説明をし終わるまで、待っていてくれるだろうか。今、日本の子どもたちにコミュニケーション力が欠けてきているといわれますが、それを育てる大人の見守りが足りない気がします。どうも、最近の子どもたちに「話す力」が足りないというのは、大人たちの「聞く力」が足りないからかもしれませんね。

主張” への4件のコメント

  1. もし自分が話の中の小学生の立場になったらきちんと説明できるだろうかと考えました。多分この子たちのようには説明できません。この小学生たちの「話す力」はすごいと思います。
    大人たちの「聞く力」が足りないかもというのは納得です。しっかりと聞いてもらった経験が話す意欲・話す力につながっていくと考えると、子どもたちの話を聞くことは大切です。同時に大人がきちんと「話す力」も持っていなければいけないと思います。しっかり聞くことができ、しっかり話すことができる。そんな大人にならなければいけないと思いました。

  2. 決して広いとは言えない列車のコンパートメントの中での子どもたちの自己主張。しかもイタリア語!わざとじゃないんだという表情を浮かべた子どもたちの顔、そしてその口からそのことを滔々と説明する姿、はたでことの成り行きを注目する日本人の藤森先生、そうした情景を想像できます。世界中の人々が集まって何かの会議等の現場に参加するという経験をたびたびしました。会が盛り上がってくると発言者のしゃべりの早いこと早いこと。自らをおしゃべり、と自認ていますが、もう私のおしゃべりの域を超えています。どこで息をつくのだろうかと思われるほど、しゃべりとおします。自説をまくし立てる、という表現がぴったりです。子どもの頃から、何であれ、自己行為の説明責任を果たす習慣が身についているイタリア人の様子を今日のブログから垣間見ることができました。フニクリフニクラやオーソレミオなどが頭の中で流れてきます。

  3. 事情を説明する子ども達も見事ですが、まずは何がおこったのか話を聞こうとする大人の姿もあったのですね。起こったこを説明する能力はこちらではもしかすると言い訳ととられてしまうことも少なくないのかもしれません。「そんなことはいいからとにかく黙って反省しろ」という雰囲気を感じることがあります。それは私がどちらかといえば話せる方の人間であるからかもしれません。そんな雰囲気を自然に感じ取っているのかもしれません。小学生の頃の掃除の時間の話です。マットのほこりを掃除するため、私はマットを塀にかけ、ほうきで掃いたり、叩いたりしてほこりを落としていました。それを何度か繰り返していたのですが、マットをほうきで叩いた時にほうきの先が折れて、壊れてしまったのです。もしかしたらちょっと力が強かったのかもしれませんが、ふざけていた訳ではありませんでした。すぐに掃除用具担当の先生もとに事情の説明と謝罪のために向いました。折れたほうきを持って先生の所に言ったのですが、話かけても全く反応してくれません。私が目に入った瞬間に折れたほうきを持っていることには気がついたはずなので、状況を理解した上で無視され続けました。今思えば、若い男性の先生だったので、いろいろなことが重なりイライラしていたのかもしれません。また、私は怒られていてもニコニコしてしまう所があるので(高校の時の担任の先生に、言われて初めて気がつきました)、というより様々な場面でニコニコしてしまう癖?があるので、そのことに対して腹が立ったのかもしれません。それは分からないのですが、当時、その先生に無視され続けた時の気持ちを未だにを思い出すことがあります。話しを聞いてもらえないというのにはこういうパターンもあるのかもしれません。その場面が強烈で、その後どういう展開になったのかは覚えていません。割と怒られてもへらへらしていて、当時学校の中では目立っていた私のことが気に入らないという気持ちもあったのかもしれません。みんながみんな自分のことをよく思っている訳ではないと意識したかは分かりませんが、そんなことを当時の私が感じていたらなそれはそれでいい経験だったかなと思いますが、私は同じことは絶対にしたくないなと思います。

  4. 日本では、“おしゃべり”は決して良いことではないといった傾向があるように思います。話を聞いていないと見なされ、自分の主張のみを言っている印象があるのでしょうか。しかし、外国では、それを“しっかりと説明できる人”とか“自分の意見を持っている人”などと捉えたりするのでしょうか。人の特徴のどこに重点を置いて、どこを認めるのかといった見方が、他国とでは異なっていることが読み取れます。以前、“子どもに話を聞いてもらうには、それまでに十分と子どもの話に耳を傾ける必要があること”を学びました。大人の「聞く力」の足りなさが、子どもの話す能力を奪ってしまっていることは、大人としての責任を感じます。子どもの言葉に耳を傾けることは、子どもの存在を尊重する姿勢でもある気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です