はやて

1958年(昭和33年)から1959年放映されたテレビ番組で、最高視聴率67.8%(平均40%台)を記録した超人気番組といえば、「月光仮面」です。この番組は、国産初のスーパーヒーローもので、そのころは、ほかにあまり面白いテレビ番組がないということもあって、ものすごい人気でした。しかし、あまりにもすごい人気のために、月光仮面の真似をして、高い所から飛降りて怪我をする子どもが続出し、惜しまれつつも短期で終わりになってしまいました。この人気は、まるで、「疾風」のように駆け抜けていきました。というと、その年代の人は、だれでも思い出すのが、この番組の主題歌です。「どこの誰かは 知らないけれど、誰もがみんな 知っている 月光仮面の おじさんは 正義の味方よ 善い人よ 疾風のように 現われて 疾風のように 去って行く 月光仮面は 誰でしょう 月光仮面は 誰でしょう」という1番の特にさびの部分、「はやてのように あらわれて、はやてのように さっていく?」というところは、思わず口ずさむでしょう。この「疾風」(はやて)という言葉は、普段はあまり使わなくなりました。しかし、思わないところで復活したのが、今日、八戸からの帰りに乗った、新幹線「はやて」です。「はやてのように」というのは、今の子だったら、新幹線の「はやて」のように速い、と思うでしょうね。本当は、はやての「はや」は「早い」の意味で、「て」は風を表しています。ですから、早い風ということで、「急に激しく吹く風」で、寒冷前線に伴って吹くことが多い風です。また、陣風(じんぷう)ともいいます。漢字では「疾風」と書き、「しっぷう」と読みこともあります。そのほか「早手」とも書かれ、「はやち」とも呼ばれます。このように「風」を「ち」と読むことがありますが、たとえば、「東風ふかば」の「東風」を「こち」と読むのと同じです。また、このように早いということから、「かかるとすぐ死ぬ」ということで、疫痢(えきり)のことをさすこともあります。しかし、何で、新幹線の名前に「はやて」が採用されたかというと、いろいろといきさつがあるようです。というのも、この「はやて(疾風)」は、農作物に被害をもたらす風や疫病の異名でもあるために、はじめは、採用されませんでした。公募したときは、「はやて」という名称はトップ10にも入っておらず、「みちのく」・「はつかり」などが上位だったのです。しかし、将来の新青森延伸も視野に入れ、斬新でスピード感を表す名称として、敢えて採用されたのです。この「はやて」が、盛岡で連結されるのが、秋田から来る「こまち」です。この列車名は、公募の結果1位でした。ちなみに、2位は「おばこ」、3位は「たざわ」でした。この「こまち」は、お米の品種の「あきたこまち」を思い出しますが、もともとは、あの美人で有名だった「小野小町」のことです。彼女は、秋田県湯沢市小野出身とされているのです。やはり、昔から、秋田美人ということがあったのですね。しかし、「はやて」と違って、逆におとなしい女性のイメージなので、秋田県内では「新幹線という超高速列車の名前としてふさわしくないのではないか」という意見もあったそうです。同じ路線で、仙台までと、盛岡まで走る新幹線に「やまびこ」があります。この名称は、「はやて」「こまち」と比べて、古い歴史があります。1959年 福島駅から盛岡駅間を運行する準急列車の愛称として使用されていたものが、格上げになったのです。列車の名称にもいろいろな歴史がありますね。

はやて” への5件のコメント

  1. 東北新幹線が八戸まで延伸され新幹線「はやて」が誕生しました。東北新幹線をよく利用する私にとっては、この名前から2つのことを思い起こします。1つは今日のブログで紹介された「月光仮面」の「主題歌」の一節です。スピードを売り物にする新幹線でした。なにせ、東京盛岡間を2時間半足らずで結ぶのです。もう1つはトランプゲームの名前です。通常は「スピード」といいますが、私の子どもの頃は「はやて」と言っていました。なるだけ速くトランプカードを出して先に手持ちがなくなったほうが勝ちというゲームでした。新幹線でも「やまびこ」という名前はなんともおっとりとした感じがします。それでも東北本線のL特急名から新幹線名へと昇格した時は速さを感じたものです。しかし「はやて」が登場すると、盛岡東京間3時間15分でつなぐ2番手新幹線となり仙台以北は各駅停車です。「やまびこ」という音が車窓から見える奥羽山脈と合ってなんとものどかな東北地方のイメージが広がります。

  2. 新幹線の名前にもいろんな思いがつまっていますね。こういう由来を聞くとなんとなく親しみがわいてくるから不思議です。新幹線で青森に行ってみたくなりました。
    見たこと聞いたことに興味をもち調べてみると世界が広がる感じがします。そうしたいと思いながら、今日も1日がなんとなく過ぎてしまいました。そしてブログを読みながら反省です。

  3. あいやま先生のおっしゃるとおり、見たこと聞いたことに興味をもち、調べる姿勢は大切ですね?。
    この年になって、ようやくそのことを実感しています。
    月光仮面は、小さいころ、よくテレビで見ていました。
    大好きだった記憶があります。
    あのころ、リアルタイムで見ていたと思っていたんですが、実は再放送だったんですね・・・。
    ゴレンジャーやリボンの騎士なんかも、再放送でしか見ていなかったというのに気づいたのは、大人になってからでした。
    余談ですが、うちの主人は、私のことを子ども以上おとな未満で、「ことな」と呼びます・・・。
    ホントに余談ですね・・・。

  4. 月光仮面の主題歌を初めてじっくり聞きました。ちょっと不気味ですね。ただ、確かに「はやてのように あらわれて〜」の部分は口ずさみたくなるくらい、頭に残ります。月光仮面もちょっと不気味ですが、出てくる怪獣?のような存在もかなり不気味ですね。白黒の映像が余計に不気味さを演出しているように見えます。来年には北陸新幹線が開通ですね。私は列車には詳しくないので、ちょっと調べてみました。かがやき、はくたか、つるぎ、あさまという列車が走るそうで、いずれも公募で決まったそうなのですが、どれも現在使用中か特急で使われていた名前だそうですね。親しみやすさが決め手となったとありましたが、いいですね。愛着のある名前なのですかね。私はまだ数回しか新幹線に乗ったことがありません。初めて乗った時はとにかくその速さに驚きました。そんなことはないのでしょうが、「これで何か大きなものにぶつかったら大変だな〜」と思いました。揺れもなく快適な車中だったので、まだまだ乗ってみたいなと思います。

  5. 最近でいう新幹線といえば、「はやぶさ」を思い浮かべます。その名の選定には『新型高速新幹線車両にふさわしく、かつお客さまにわかりやすいことが選考基準とされ、150,372通の応募があった。この中から、応募総数第7位であった「はやぶさ」が選ばれ、2010年5月11日に発表された。』とあり、親しみやすさとスピード感を重視した結果であると書かれてありました。「はやて」という名にも、様々な由来があったのですね。「はやて」は“早さと風”、「はやぶさ」は“早さと親しみ”ということで、共通するのは「早さ」です。そこに「親しみ」という変化が入ったことで、新幹線にも親しみを込める人々が、増えてきているといった時代の流れを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です