押しくらまんじゅう

 以前、ある取材で、子どもたちの冬の遊びには何があるか聞かれたことがありました。そのときに先方が出した例として、「たとえば、押しくらまんじゅうとか」といわれたと言われたときに、なんだか懐かしい気になりました。そういえば、今の子は、押しくらまんじゅうはしませんね。よく、寒い冬の間、体を温めるために「押しくらまんじゅう!押されて泣くな!」と大きく声を掛け、何人もの子どもたちが体を互いに押し合って、元気よく遊びました。すると、体がほかほかしてきます。この遊びは、何のルールもありません。大勢で,ひとかたまりになって,押し合いへし合い,体のぬくもりを感じ合うだけの遊びです。道具もない、場所も要らない、人がいさえすればよい遊びです。場所も、必ずしも戸外だけでなく、戸外で遊べない時期には、学校の廊下や体育館でもしました。この遊びは、全国各地で見られたものでした。今、そのような冬の子どもの風物詩はあるのでしょうか。水谷・弘田が、この遊びの様子を活写して、歌にしたものがあります。この歌詞を読むと、そのときの遊びがイメージされます。「押しくらまんぢゅう」という題名です。(水谷まさる作詞)「押しくら、まんぢゆう、ぎゆう、ぎゆう、ぎゆう。やれ押せ、そら押せ、  みんな押せ。押したら、寒さが 逃げてくぞ。押しくら、まんぢゆう、ぎゆう、ぎゆう、ぎゆう。押してりゃ、ぽかぽか、あたたかい。出來たてまんぢゆう、けむが出る。押しくら、まんじゆう、ぎゆう、ぎゆう、ぎゆう。苦しい、いたいで、飛び出すな。つぶれた、まんぢゆう、しやうがない。」今、この歌詞を読むと、電車のラッシュを思い出しますね。この歌詞から、なんで「まんじゅう」なのか、なんとなくわかります。まず、一塊になることを「団子状態」というようにまんじゅうにたとえられます。また、湯気が立ち上ります。そして、下手に押すとあんこが飛び出すように、塊から押し出されてしまいます。みんな顔を真赤にして押し出されまいと頑張ります。ギュウギュウ押されて、はみ出された子は、また端の方から押し合うのです。ほかにも、「押つけもっこ こもこ 出たやつ あぶらげ」というような歌もあるようです。おつつけもっここもこ・・・」と声を合わせて叫びながら『おつけもっこ』をはじめます。古くは、「押しくら申そ」と歌っていたものが崩れて「押しくらまんじゅう」や「押つけもっこ」になったともいわれています。
 最近、他人に触られるのを嫌がる子が多くなりました。ちょっと触られただけでも、痛いと泣く子がいます。まして、押されでもしたら大騒ぎになることもあります。最近の脳科学の研究では、乳幼児期に、お互いに体を触れ合うことは、リラックス効果があるとか、脳の人間としての大切な前頭前野を育てるといわれています。これは、昔から言う「スキンシップ」です。ですから、子どもが小さいうちは、やたらとじゃれあって遊ぶとか、一緒に転がりまわるなど自然としているのでしょうね。それが、次第に触りあう遊びが少なくなってきて、一人遊びが多くなってきました。たとえば、鬼ごっこにしても、「手つなぎ鬼」などもあまり見かけません。このルールは、鬼は,つかまえた子と手をつないで追いかけなければなりません。鬼が3人までのときは1組,4人になったら2人ずつの2組に分かれて,追いかけることができます。ですから、鬼が増えるにしたがって、挟み撃ちをするとか、作戦が必要になります。また、チームワークが必要になります。知らないうちに人とふれあい、工夫をし、協力を知るなどまさに、脳の前頭葉が発達しそうですね。