ベルギー

 今、国立西洋美術館で、「ベルギー王立美術館展」が開催されています。実は、あまり知られていませんが、ベルギーは、油彩発祥の地なのです。ヨーロッパ絵画といえば油彩画をさすことが多いのですが、これは15世紀のフランドル地方で開発された技法でした。精緻な細部描写と質感を描き分けることのできる油彩画の誕生は、ルネッサンスからバロックにかけて、イタリア絵画と並んでヨーロッパを席巻した「フランドル絵画」の基本的性格を規定することになる大きな出来事でした。その緻密な描写や豊麗な色彩は、当時のヨーロッパ中の貴族を熱中させたのです。ベルギーと絵画というと、「フランダースの犬」を思い出します。この話は、イギリスのウィーダの書いた童話ですが、物語の舞台はベルギー北部のフランダース(フランドル)地方です。しかし、原作者がイギリス人ということで、ベルギーではあまり興味はなかったそうですが、ここを訪れる日本人がやたらとその場所がどこかと問い合わせたために、今は、ネロとパトラッシュの銅像が建てられたり、アントワープ・ノートルダム大聖堂前の広場に記念碑が設置されているそうです。この話は、今でもテレビアニメの中で泣ける話としていつもベストワンにあげられるほど、とても悲しい結末で終わりますが、この結末が日本人は好きなようです。フランダース地方の小さな村に住む少年ネロは、ルーベンスのような画家になることを夢見ていました。しかし、火事の放火犯との濡れ衣を着せられ、コンクールで落選し、希望を失ったネロは、大聖堂の中に飾られたルーベンスの絵の前で愛犬パトラッシュと共に天に召されるという結末です。私の子どもは、小さかったころ、この話が嫌いでした。「なんで、お話で、わざわざ泣かなければいけないの!」と、怒っていました。自ら進んで、泣くような、悲しい体験をすることは考えられないと思っていたのでしょうね。実際に、アメリカで出版されている「フランダースの犬」では、内容に救いがなさ過ぎるとして改変が加えられています。この改変されたストーリーでは、ネロとパトラッシュは聖堂で死亡せず、ネロの父親も名乗り出てハッピーエンドを迎えることになっています。
 同じフランダース地方といえば、ここの出身であるメーテルリンクの「青い鳥」があります。この話もさまざまな解釈をされるストーリーです。よく知られているストーリーは、子ども向けなので、青い鳥を探した結果、最後には、青い鳥が身近なところで見つかったというハッピーエンドで終わっています。そこで、「幸せは身近なところにある。だから、その身近にある日々の幸せを大切にしよう」というメッセージとして解釈するのが一般的です。しかし、原作では続きがあります。もともとの原作は童話として書かれたものではなく、戯曲、つまり舞台用に書かれたものなのです。ですから、原作では違うメッセージを出しています。家にいた青い鳥も結局逃げてどこかへ行ってしまうところで話が終わります。そしてチルチルが、こんなせりふを観客に投げかけて終わります。「どなたか、もし鳥を見つけたら、ぼくたちに返していただけませんか?…いずれしあわせになるには、ぼくたちには青い鳥が必要なんですよ…」どことなく謎めいた終わりになっています。この結末は、皆さんは、どう解釈するでしょうか。