教師の名札

 先日、小学校の授業参観をして、どうも腑に落ちなかったのは、授業の進め方だけではありませんでした。いろいろあるのですが、「へんだなあ」と思ったひとつに、「名札」があります。いつの頃かわかりませんが、今、教職員はみんな首から名札を下げて授業をしています。見ていて、とても奇妙です。子どものほうにかがむと、名札が「ブラ?ン」と子どものほうに振れますし、女性教員は、そうしないためにたすきがけをしていますが、後ろから見ると、ポシェットを提げて授業をしているように見えます。何で、名札を首から下げて授業をしなければいけないのでしょう。こんな例が報告されていました。「一番の成功要因は、今回の名札の着用が事務職員に限られていることが挙げられると思います。今なら学内で名札を下げていれば、その人は大学の事務職員であるとすぐに分かります。これまでは学内で出会っても学生なのか、教員なのか知っている人にしか分からなかったのが、今は違います。」これは、名札のひとつの役割かもしれません。しかし、学校内で生徒が教員と出会ってときに、名札を見ないと先生だということがわからないのでしょうか。しかも、事業中であれば、出会う人は、クラスの子どもだけなのに、わからないのでしょうかね。ある市の通達にこんなことが書かれていました。「来校者に名札を着用させるなど、受付を通過した者であるか否かが判別できるようにすること。(できれば、バッジなどよりも、首から提げる名札のようなものの方が、後ろから見てもひもで着用の有無を識別できることから、好ましい。)」確かに、これまでの、学校施設は「学校が活動している昼間の時間帯に、不審者が侵入してくることを防ぐ」という観点では作られてきませんでした。しかし、今の学校は、地域開放や地域の人材活用など必然的に利用形態が複雑となり、様々な目的を持った多くの人々が訪れるようになりました。ですから、来校者に名札を付けてもらうことはわかります。また、これを読んで、何で首からぶら下げるタイプが多いかもわかります。しかし、最近は、役所の人や会社の人でもぶら下げている人が多くなりましたので、下げているかどうかの確認だけで、不審者対策にはならない気がします。しかも、教職員が付ける理由はわかりません。それなのに、教職員が付けることを義務付けている市は多くみられます。何で、教職員が付けるかを記述した報告がありました。それは、「現実的な不審者対策を考える」と題して、大阪教育大附属池田小学校への視察から考察をした、ある助教授の報告書です。「(2)施設面での対応」の中の「?死角が少ない」という部分です。「附属池田小学校では仮校舎といえども、廊下が整然としている。余計な荷物も置いていない。防災にも必要な手立てである。もちろん死角が少なく、例え、教師といえども、学校指定の名札をつけないといけない。ここでは子どもの荷物は廊下に吊り下げてあり、整理整頓の指導にも適していることも付け加えたい。」この文を読んで、面白くありませんか?申し訳ありませんが、この文脈は、とても奇妙です。他の文献を読んでも、結局のところ、不審者の侵入を防ぐ対策として保護者に、校内に入るときに名札や腕章をつけることをお願いしているので、「保護者にお願いするのだから教師もつけるべきだ」という考え方のようです。やっぱり変です。中には、「担任以外の教師の顔と名前がなかなか一致しない」といった保護者の声があることもあるようですが、それでしたら、普段、つける必要はないような気がします。