道徳心

 おととい、ある小学校で話をしましたが、またあさって違う小学校で話をします。それは、「道徳地区公開講座」で、学校公開のあとで意見交換会の講師として参加するのです。「いじめ」が問題になっているこの時期に、道徳の話をするのはなんだか憂鬱です。学校公開では、全学年、道徳の授業をします。資料を使って授業を進めるのですが、先生方は大変だなあという実感がします。友情とか、勇気とか、郷土愛などを授業で教えなければならないのですから。そして、それを子どもたちの力になったかを評価しなければならないのですから。たとえば、2年生に授業には、このような資料を使います。「おれた ものさし」という文です。
「何かが パシーンとわれる音がした。ぼくが見ると、ゆかの上に おれたものさしがおちていた。(たいへんだ。先生のものさしだ。)おれたものさしをもった のぼるが、じろっとあたりを見まわした。のぼるは、そばにいる ひろしのところへ行った。「おまえがおったんだろ、これ。」のぼるは ひろしにものさしをもたせた。「そうだ、そうだ。ひろしがおったんだ。」「ひろしが ものさしをおった。」のぼるのなかまたちが、つぎつぎとはやしたてた。ひろしは、おれたものさしをもたされて、今にもなき出しそうにしている。ぼくは むねがどきっとした。(あの時と同じだ……。)あの時も、ちょうど今みたいに、のぼるは われた下じきをぼくにおしつけた。みえちゃんの下じきをわったのは のぼるだったのに。あの時 ぼくは のぼるに何も言うことができなかった。(ひろし、きみは何もやっていないぞ。)と、ぼくは心の中で 何ども何どもつぶやきながら、ものさしをじっと見つめた。ぼくは ひろしのところにかけよって おれたものさしをうけとり、何も言わずにのぼるにさし出した。のぼるは しらんかおをして ものさしをうけとろうとしなかった。こんどは思い切って、「ものさしを おったのはきみだろ。ぼくは見ていたんだぞ。」と言って、ものさしを のぼるのかおの前につき出した。のぼるは、てれくさそうに おれたものさしをうけとった。」この文章を使って授業を進めたあとで、評価をします。「正しいと思ったことを進んで行おうとする気持ちを持つことができたか。」というものですが、それを、誰が、どのように評価するのでしょうね。もしかしたら、「みなさ?ん、今度、正しいと思ったことを進んでやりましょうね。」「は?い。」と全員が手を上げて、終わりになるのでしょうか。こんな授業をしなければならない教師に同情をします。
 生後6週のころになると、乳児は、泣いているとき親とか保育者から優しく話しかけられると、泣きやむようになります。泣きたい気持ちを、怒られたり、言い含められたりして我慢するのではなく、優しくされることによって我慢をします。生後10ヶ月ころになると、「いけません」と言うと、ちょっと手を引っ込めて親の顔をじっと見ます。このころになると、すでに大人の顔をじっと見て、親がどんな気持ちで制止しているのかを見て、やりたいことを我慢するかを判断します。このように、乳児の社会的行動の発達は、まず親とか保育者といった養育者との関係によって出現します。そして、自分が充分に容認されているといった確信が、次第に我慢をすることにつながり、自分の行動を保障される確信が、次第に自己の勝手な行動を抑えて集団に適応するようになるのです。我慢をすることを教えようとするならば、まず、教師が子どもを容認し、子どもたちが、自己を尊重されているという確信を持つことが大切ですよね。